イマキミ!

カップラーメン食べながらゲームしてます。車とテーマパークが好き!

人生とは終わりなき旅。旅をするのが目的だ。

人生って旅に例えるのが好きなんですよ。

 

でも、これは終わらない旅なんです。

 

「終わりなき旅」

です。

 

終わるときっていうのは、

それは自分がこの世からいなくなるときか、

自分が自分じゃなくなるときなんだと思います。

 

 

 

 

目的地に着いたからって終わりじゃない

 

確かにその時その時で、目的地があることもあります。

でも目的地に着いたから、

ゴールしたからそれで終わりじゃないんです。

 

目的地に着いても、またその向こうに新たな目的地が見えてきます。

旅は続いていくんです。

 

しばらくそこの景色を眺めていてもいいでしょう。

ゆっくりする時間も必要です。

 

でもずっとそこにいるわけにはいきません。

 

新たな旅が、私を呼んでいるのです。

 

 

 

目的地に着かなかったからって終わりじゃない

 

 

もちろん目的地にたどり着かないこともあります。

自分もありました。

今から振り返ると、そんなことのほうが多いかな?

 きっとこれからも何回でもあるのでしょうね。

 

でも目的地に着かなかったから、

その旅が全く意味の無かったことではありません。

 

その過程で、色々経験したり、考えたりしたことがあるはずです。

 

確かに目的地にはたどり着かなかった。

しかしその途中で見えた景色や、出会った人、得た知識や、深まった考えなどは、

それはとても貴重なあなただけの財産です。

 

次の旅では、今の経験を生かしていけばいいんです。

 

目的地を変えてもいい、前回と違うルートで旅をしてもいい、

新たな装備を身に着けてもいい、仲間を増やして旅してもいいんです。

 

 

 

 

そこから見える景色を楽しむ

 

目的地にたどり着けた人は、

「おめでとうございます。そこからの景色を思いっきり楽しんでください。」

 

 

たどり着けなかった人も、

「縁があって着いたところです。まずは今いるところから見えるものをしっかりと見てください。

次の旅に必ず生きますから。」

 

 

過去の意味付けは、今の自分が好きなように出来ます。

他の人から見たら失敗でも、私は失敗なんて今までしてきたことが無いと思っています。

 

全ては今の自分の為にあるのです。

 

 

 

 

そして次の旅へ

 

目的地に着いたからと言って、次の旅が無くなることはありません。

 

私たちは旅をしなければならないのです。

 

ずっと同じ景色を見ていては、

本当の”自分”を見つけることは出来ません。

 

目的地は確かにある。

でも、旅をすることが目的だから。

 

人生という名の、終わりなき旅。

 

 

 

最後に・・・

 

なんで私がこんな風に考えるのか。

 

シンプルに、自分が旅が好きということもあるんでしょうね。

 

そして1番思うことは、死ぬときに、もっと旅しとけば良かったなって思いたくないことです。

 

これからも、終わりなき旅をしよう。

 

旅をすることが目的だから、

目的地にたどり着けなくても、そこから見える景色を楽しもう。

 

あなたも、

HAVE A GOOD JOURNEY!!

良い旅を!!