イマキミ!

カップラーメン食べながらゲームしてます。車とテーマパークが好き!

コーチングに触れて、初めて教えるとはどういうことか学んだ。

「もっとみんな本当はいい仕事が出来るんじゃないか」

指導者としてそう思う方はどれくらいいらっしゃるのでしょうか。

 

指導者というと偉く聞こえますが、会社の上司など、教える立場にある人という意味でここでは使わせてもらいます。

指導者のあり方について思うことを書かせてもらいます。

 

まずは私の昔の話からさせてもらいます。

私は今27歳です。いわゆる、いい年してフリーターをやっているという状態です。

これまでに多少なりともいろんなことがありました。

 

高校卒業してからは、まずは大学に行きました。ですが1回生のうちに退学しています。

何と言いましょうか。4年というのが果てしなく長く感じたんです。

辞めたことに関しては全く後悔はありませんでした。もちろん今でもありませんし、何なら別に大学行かなくてよかったなと思っています。ただ親に迷惑をかけたので、それを本当に申し訳なく思っています。今、少しずつ親にお返しをしているところです。

その後は次の年から専門学校に行き、2年後そこを卒業しました。

スポーツの学校でトレーナーなどの勉強をする学校でしたが、部活動の野球部が有名なところで、そこで野球をしたい為に入学しました。

なので卒業してから今まで、トレーナーなどの仕事に就いたことはありません。

 

卒業後はアルバイトの経験があった、地方のレジャー施設に準社員(パートみたいなもんです)として入社しました。

実はここでも少し色々とあったので、それはまた書きたいと思います。(笑)

 

*記事にしました!良かったらこちらも読んでください。

 

www.kudn-sc50.blog

 

 

ちょうど2年働いた後社員に登用してもらい、新入社員の教育係など色々なことを経験させてもらいました。

人に教えるというのはどういうことかと、特別スキルがあるわけでは無かったので、色んな本を読みましたね。

野球が好きなんで、プロやアマチュアの野球の監督やコーチといった指導者の方が書いた本をよく読んでました。

仕事に対する考え方や、指導者としての考えを本を通じて学びました。

自己啓発本とかビジネスのノウハウの本を読みたいけど難しくて進まないという方は、私であれば野球といった、興味のあるジャンルの本なんかを読むのがおすすめです。

例えばサッカーが好きな方は、サッカーの監督が書いた本とかいっぱいありますし、仕事とはとか、一流とはとか、指導者とはなどそんなことがいっぱい書いてあります。

 

本を読んで知識を入れて、職場でそれを実践していく。

まさにインプットとアウトプットですね。とはいえ当時の私はそんなこと意識していませんでしたが。(笑)

当時の後輩達は、今でも飲み会とかで会うと、冗談でも「先生」「先生」って言ってくれます。本当にかわいい生徒達です。

なんのスキルもない、へたっぴ先生の教える技術を上げてくれたのは、上手く教えてあげられなかった当時の生徒達のおかげです。

 

最終的には、コーチングの本をたくさん買って読んでいました。

コーチングってちゃんと分かって知っている人は少ないように感じます。ティーチングとコーチングくらいは聞いたことがあるって人が多いですよね。

興味がありましたら、ぜひ調べてください。ネットでも本でもいいです。

そして自分の毎日に役立てて欲しいです。

こういう考え方を持って動いている人はまだまだ少ないです。

 

コーチングの本を初めて読んで、「あぁ、人に教えるっていうのはこういう事なんだ」

指導者としての自分の姿がそこで見えた気がします。

 

私が言いたいのは、教えることは技術だということです。

技術だと分かっている、上司や教える立場にある人はまだまだ少ないと思います。

 

自分はこうやったから、教える時もこうでいいやと。

経験は大事だと思います。でも経験ってのは、参考にはしたらいいけども、それだけを頼りにしていくのは危険だと私は思っています。

あくまで自分の仕事に対して使っていくもので、人に押し付けるものではないでしょう。

職人の世界とかはそれでいいと思いますよ。でもほとんどの場合そうではないでしょう。

教える側が、勉強しないとダメなんです。

 

 

その会社の後は、転職したり、またそこも辞めたり、そして今フリーターになったりしています。

今はちょっと後輩に教えるぐらいのことしかありませんので、教えるという事に対して少し物足りないのが正直ですね。

まぁこれも時間が経ってから振り返ってみるといい経験になるんでしょうか。

 

きっとまた、若い人達の指導者になりたいと思います。

 

 

私はこれからも勉強し続けます。

コーチングに出会って、かれこれ4年くらいですかね。

出会ったころと同じ、可能性を今でも感じてますから。