イマキミ!

今君が立っている場所は、昔私が立っていた場所だ

私の中のテーマパーク論

 

「なぜ人はテーマパークに行くのだろう」

 

f:id:ko-udon-sc50:20170218004010j:plain

これは永遠の謎です。

 

ワクワク、ハラハラするアトラクションで遊ぶため?

感動するショーを楽しむため?

可愛いキャラクターに会いに行くため?

 

結局のところ答えは人それぞれです。

 

ただ一つ、私が間違いないと思うのは、

人は日常では味わえない何かを求めているということ。

 

その何かは、今のところはっきりとは分かっていません。

だって分かってたら、潰れるレジャー施設無いはずでしょ?(笑)

 

 

 

その答えに近づく方法ならある。

 

消費者心理やトレンドを分析してマーケティングしていくのもあります。

中には天才的なひらめきで売れるものを産み出すプロデューサーもいるでしょう。

 

どのやり方が正解かは、それは蓋を開けてみないと分かりません。

ちょっと会議してノリで決めたイベントでも、ゲストが満足してヒットすればそれが正解なんです。

 

どれだけ緻密に計算して企画しても外れることはあります。

ヒットの確率を上げることは出来るでしょうがね。

 

何事もトライ&エラーでノウハウを積み上げていくこと。

それと同時に社内に新たな風を入れることが必要です。

 

新たな風という事が重要で、

その会社だけで長く働いているような人は、

どうしても同じ枠の中でしか発想できない人が多いように感じます。

 

今の世に無い物を作り出すのが最低条件といっても過言ではないことです。

過去の発想をただひたすらなぞっていても、いずれゲストは離れていくでしょう。

 

 

 

 

テーマパーク業界の現状

 

今現在、テーマパーク業界は大手だけ勝っている状態です。

大手というと、

ディズニーと、USJです。

あとはハウステンボスが、それに続いている状態です。

 

規模が小さく、資金力も弱い中小のテーマパークはいずれも苦戦しています。

バブルに三セクで作られたようなとこですね。

 

海外をテーマにした施設が多く作られましたが、

海外も普通に行けるようになりましたし、

どこの施設も中身は似ているものが多いです。

 

少子高齢化、人口減少のこれからの時代、

テーマパーク業界も変化していく必要もあります。

 

新しいテクノロジーをどこよりも早く取り込んで、

何より必要なのは、他施設との差別化です。

 

 

 

 

 

これからのテーマパーク業界

 

大手のテーマパークはこのまま規模拡大を続けながら成長を続けていくでしょう。

それだけの資金力もあるし、優秀な人材も集まってきます。

 

アルバイトの確保は必須課題でしょうね。

 

1つパークを運営するのに、数千から1万人以上のアルバイトが必要なんです。

早くロボットなどを導入し、人の手を徐々に減らしていく。

ただ従業員からのサービスも、テーマパークにおける必要な要素だと思うのでバランスは大事です。

それすらも、話題にしていくことも出来ます。

 

ロボットが接客する、ロボットがゲストを盛り上げるテーマパークなんて面白いじゃないですか。

 

 

 

 

 

中小施設が生き残るには

 

今上に書いたようなこと、

この世の中にまだ無い事を一番に取り入れていくことです。

 

後発になってはいけません。

後になればなるほど、そのコンテンツは消費されてるんですから。

 

とにかく新しいアイデアを産み出していく。

その結果をノウハウとして残していくことです。

あーこれは失敗したなー、で終わらせてはいけません。

何十年運営しているところでも、その分のノウハウが無い施設は本当に多いです。

 

大手とは違い、限られた施設、限られた資金、限られた人材で勝負しないといけません。

 

いち早く差別化を進めていく。

 

ディズニーより先に。USJより先に。これが重要なことです。

 

 

これからはAIやロボット、VRやARです。ドローンも面白いです。

 

これも早い者勝ちです。

早く本気で取り込んだところが勝ちます。

 

どこにでもあるようなアトラクションとか今更作ってる場合じゃないでしょう。

 

ただ実際、それが出来る施設はほとんど無いと思います。

あるとしたら、ハウステンボスくらいです。

まぁもはや日本の3大パークですからね。

 

 

 

 

 

それでもテーマパークは無くならない

 

テーマパークはエンターテイメントです。

エンターテイメントは人が生きていく上で無くてはならないものです。

 

昔の人は、美しい景色や揺れ動く人の心情を詩に詠みました。

はるか昔、収穫を祝って祭りをしました。

 

これも全てエンターテイメントです。

 

エンターテイメントが必要なのは、歴史が証明しています。

 

テーマパークが必要なのも、これからの歴史が証明してくれるでしょう。

 

 

 

 

 

 

最後に・・・

 

私はテーマパークが好きです。

働いてもいるし、休みの日は色んな施設に遊びに行きます。

 

 

テーマパークとは、

確かに無くなっても誰かが死んじゃうとか、そういうものではありません。

不景気の中では、家計からレジャーの費用は削られていくでしょう。

 

 

でももし無くなったら、

人生つまんないじゃないですか。

 

みんながみんな、大きいところに行けるわけではありません。

子供たちが、近所のテーマパークや遊園地に遊びに行けないのはかわいそうです。

 

 

 

時代に合わせて形を変えながら、

これからもテーマパークは、

私達に感動や喜びを提供してくれるでしょう。