エンタメの宇宙を旅しよう

カップラーメン食べながらゲームしてます。車とテーマパークが好き!

ジェットコースターの座席位置による乗車感の違いを説明します!

ジェットコースターって楽しいですよね。

スリルがあるし、スピード感や疾走感が味わえます。

乗る前のドキドキも楽しいですね。

 

何度乗っても楽しいです。

何度でも乗りたくなる不思議があります。

もはや中毒性ですね。(笑)

 

f:id:ko-udon-sc50:20170225234350j:plain

 

そんなジェットコースターですが、

あなたは乗るときどこの座席を選びますか?

 

1番前?1番後ろ?いやいや真ん中?

 

今回はジェットコースターの座席位置による違いと、

おすすめの座席位置を教えたいと思います。

 

スポンサーリンク
 

先頭に乗るメリット

 

まずは先頭!1番前からです!

 

まず先頭の一番のメリットは、景色を独り占め出来るということです。

視界に誰の後頭部も見えません。

開放感がいちばん味わえるのが先頭です。

 

シンプルに、「先頭に乗る」っていうスリルですね。

やっぱり先頭だけはオンリーワンですから。

 

 

最後尾に乗るメリット

 

次は最後尾!1番後ろです。

 

最後尾はドロップ時(落ちる時)に引きずり込まれるような感触を味わえます。

 

実は最後尾が落ちる距離がいちばん長いって知ってました?

下の絵を見てください。

 

 

f:id:ko-udon-sc50:20170225224817p:plain

絵がへたっぴなのは読解力でカバーしてください。(笑)

 

この絵はちょうどジェットコースターが落ちる時の絵だと思ってください。

 

コースターはチェーンでリフト(レールの上がるとこ)を登って、

いちばん後ろの引っかかりからチェーンが外れたら、重力で下へと落ちていきます。

 

なので先頭車両がチェーンから外れても、後ろの車両はまだチェーンに乗ってるので、そのタイミングではコースターは落ちません。

そしてチェーンから車両が完全に外れるのがだいたいどのコースターもリフトの頂上のあたりです。

 

するとどうでしょう。

 

ジェットコースターが下に落ちる時、最後尾は頂上あたりから落ちますが、先頭はすでにレールの下りに入ってるんですね。

なので最後尾の方が落ちる距離が長いんです。

距離にするとコースター1台分くらいですが、これが引きずり込まれるような感覚が味わえる理由です。

 

スピード感や加速感が強いのも最後尾の特徴ですね。

 

 

私のおすすめは・・・

 

私のおすすめはいちばん後ろです!

私は座席を選べるときは、最後尾を選びますね。

 

やっぱり最後尾がいちばん速く感じますし、ドロップ時の引きずり込まれる感覚が楽しいです。

最後尾の次に選ぶとしたら、最後尾のひとつ前です。(笑)

残りはどこも同じだから、その次は先頭かな。(笑)

 

 

シンプルに先頭に乗るというスリルを楽しみたい人や、走行中の景色を独り占めしたい人には先頭がおすすめです。

 

落ちる時のグッともっていかれる感触を味わいたい人は最後尾がおすすめです。

 

ジェットコースターによっては座席を選べないこともあります。

運も実力のうちです。

その時は乗ることになった座席で、思いっきり楽しみましょう!(笑)