イマキミ!

カップラーメン食べながらゲームしてます。車とテーマパークが好き!

仕事辞めたければまず辞めたらいいじゃん!辞めてから次に行こう!

 

f:id:ko-udon-sc50:20170227004120j:plain

 

 

「仕事辞めたいなぁ」

 

こう思いながらも同じところで働いている方、意外と多いんじゃないでしょうか。

慣れた仕事なら、我慢しながら続けられますからね。

 

思ってる方でも実際に行動にする人はまだ少数派で、

「やめたからって他にやりたいことも無いし」

「新しい仕事探すの面倒だし」

大半の方がこんな風に思って、自分の気持ちに蓋をしているんじゃないでしょうか。

 

 

でもこれって、

自分の気持ちへの言い訳ですよね。

 

よく言うじゃないですか。

今の自分が人生の中でいちばん若いって。

 

今出来なくても、出来るようになろうとしていることはいいんです。

本当は今の自分が一歩踏み出さないといけないのに、それすらしていないことは、未来の自分がそれをしている確率はかなり低いと私は思います。

 

 

 

私は辞めてから転職した

 

私は今27歳ですが、1回転職しています。

24歳の時でした。

まぁそこも退職して、現在フリーターになっていますが。

 

前職を退職してから転職活動をして、2か月くらいで仕事が決まりました。

 

辞めた時点では本当に何も決まっていなくて、何となくのやりたい仕事の方向を考えてたくらいです。

辞めてから、合同説明会に行ったり、見学に行ったりして、採用が決まりましたね。

転職活動の合間で前の会社でアルバイトをさせてもらえたのが私は幸いでした。

見た目だけはまじめに働いてて良かったとこの時は思いましたね。(笑)

 

 

 

 

なぜ次を決めずに辞めたのか

 

ここが今回の本題です。

 

「仕事は辞める。でも次は決まってない」と言うと、

必ずと言っていいほど、

「じゃあ決まるまでいたらいいじゃん!」って言われます。

 

「それが出来ないから辞めるんだよ!!」

 

これが悩んで悩んで出した私の答えです。

 

そりゃ次が決まってから辞めれたらそれが理想だと思います。

 

楽観的な性格のせいもあるでしょう。

でも私はそんな強い人間ではありません。

飽きっぽくて集中力も続きません。

すぐさぼるし、そんな意識高く生きているわけではありません。

 

 

でもそんな私なりに悩んで、自分の人生や働き方を自分なりに考えて、

やっと出た答えが、まずは辞めることだったんです。

 

 

働きながら次を決めようと何度も思いました。

結局それが出来ませんでした。

 

ふと気が付けば、思ってるだけで出来ない期間だけがどんどん長くなりました。

 

このままだと一生悩んでるだけだと思いました。

それでまずは、辞めることから始めました。

 

辞めてようやく尻に火がついて、

本当に次の仕事を探すことが出来ました。

 

 



 

大丈夫、誰も気にしてないから

 

もし同じように悩んでる方がいるなら、

私は思い切って飛び出してほしいです。

 

お金が心配なら、辞めるまでに少しは貯金しときましょう。

それでも無くなったら、バイトでもすればいいんです。

別に一生フリーターで食ってくわけでもないんでしょ。

 

会社員になった方は、今更バイトなんて恥ずかしいって思うかもしれません。

大丈夫です。バイト先の人も世間も、さほどあなたのことに興味があるわけでもありません。

堂々とバイトしたらいいんです。

 

私はそれこそ高校生や大学生の子と一緒に働くこともありますが、

「俺はみんなに、こんな大人になったらあかんでって伝えるためにフリーターをしている!」って言ってますからね。(笑)

 

 

今はTwitterやインスタグラムの時代ですよね。

全部自分のことを載せるSNSじゃないですか。

これってつまり、他人より自分って時代なんですよね。

 

みんな自分が一番かわいいんです。

そんな時代なのに、他人の目を気にするのは、もはや時代遅れです。

 

 

 

 

このままなのがいちばんつらい

 

私は変えたいと思っていながら、何も変わらず、ずっとこのままなのがいちばんつらいです。

 

別にそのままでもいいならいいんです。

でも私はいつも変えたいと思っています。

 

周りにはこのままでいいって思っている人案外多いです。

 

幸か不幸か、私はいつも自分の視点で考えて疑問を持っています。

これは自分らしく生きるために必要なプロセスだと思っています。

 

www.kudn-sc50.blog

 

 

このブログを読んでくれたあなたは、とても悩んだ人だと思います。

悩んだからこそ、ここまで来てこの記事を読んでくれたんだことでしょう。

 

もう充分悩んだと思います。

答えはあなたの中に出ているでしょう。

 

下手な私の文章ですが、

そんなあなたの背中を押すことができれば嬉しいです。

 

 

充分悩みました。

思い切って飛び出しましょう。

 

まずは辞めたい仕事をやめて、

自分の足で、一歩を踏み出しましょう。