エンタメの宇宙を旅しよう

カップラーメン食べながらゲームしてます。車とテーマパークが好き!

渦潮観光には観光船がおすすめ!渦潮観潮船わんだーなると号!

渦潮見たことありますか?

 

渦潮と言えば鳴門の渦潮が有名です。

世界三大潮流と言われているそうですね。

ちなみに残りのふたつは、イタリアの「メッシーナ海峡」とカナダの「セイモア海峡」です。

うん。ピンときません。(笑)

 

渦潮の最大時の直径は30メートルにもなります。

こんな世界でも最大級の渦潮が日本にもあるんですね!

これは一度は見に行かないとダメでしょう!

 

 

スポンサーリンク
 

どうやって見る?

 

まず鳴門海峡は、淡路島と徳島県の間にあります。

大鳴門橋という橋が架かっていて、高速道路が通っています。

ちなみにこの橋は、渦潮に影響を与えないように特殊な工法で作られています。

また道路の下には、鉄道を通すことが出来るように想定して作られています。

 

渦潮の観光の方法としては、船がいちばんです!!

いちばん間近で渦潮の迫力を味わうことが出来ます。

 

他にも鉄道を通す予定だった橋の下部に、遊歩道の「渦の道」もあります。

こちらは真上から渦潮を見ることが出来ます。

 

こちらでは船で渦潮を見ることを書いていきます。

 

 

 

これが船からみた渦潮だ!!

 

f:id:ko-udon-sc50:20170315224946j:plain

 

いやー、天気が良くて良かったです!(笑)

 

渦が出来ては消えていく。

また渦が出来ては、波と共に消えていく・・・

 

近くで見ると、大きさにもびっくりします。

最大で30メートルですからね。

かなりの迫力です。

 

上には大鳴門橋が通っています。

よく目を凝らしてみてみると、橋の下部にある遊歩道「渦の道」から渦潮を見ている人を見ることも出来ます。(笑)

 

 渦の道のお話はこちらです!

www.kudn-sc50.blog

 

 

スポンサーリンク
 

どんな船で見に行くの?

 

私が今回乗った船はこちらの、「わんだーなると」です。

 

f:id:ko-udon-sc50:20170315225741j:plain

 

小型船ではありませんが、そこまで大きい船ではないです。

中くらいの大きさですね。

波にもあまり揺れませんでしたので、船酔いが心配な方もよっぽど弱い方以外は大丈夫だと思います。

 

他にも小型で、船の下で水中が覗ける観光船などもあります。

 

 

出港!!

 

f:id:ko-udon-sc50:20170315230257j:plain

 

中央に見える橋は、大鳴門橋ではありません。

山の向こう側に鳴門海峡があります。

 

f:id:ko-udon-sc50:20170315230458j:plain

こちらは淡路島です。

遠くに大きな風車が見えています。

天気も良く、船に乗っているだけでとても気持ちがよかったです!

 

f:id:ko-udon-sc50:20170315230730j:plain

鳴門海峡に到着です。

港から10分くらいですかね。

鳴門海峡にも10分くらい滞在して港に戻ります。

全体で30分くらいの所要時間です。

 

私が乗った「わんだーなると」以外にも、2隻ほど渦潮観光船が来ていました。

どの船も、しばらく橋の下あたりで渦潮を観光して戻っていきました。

 

 

 

船楽しい!!

 

船から見る渦潮はとても迫力があります。

渦潮以外にも、大鳴門橋を真下から見れたり、きれいな海や淡路島の景色を楽しむことが出来ます。

 

船ってけっこう楽しいですね!

今回は渦潮観光船に乗って、新たに船の魅力に気付くことが出来ました!

観光船とか他でも乗ってみようと思います。

 

 

今回は、渦潮観潮船の「わんだーなると号」に乗りました。

所要時間は30分くらいで、大人が1800円でした。

 

ほかにもいくつか観光船が出ているようなので、都合に合わせて選んでください!

 

渦潮観光は、ぜひ迫力満点の観光船で行ってみてください!!

 

f:id:ko-udon-sc50:20170315232257j:plain

 大人数の移動はレンタカーがおすすめです!

www.kudn-sc50.blog