エンタメの宇宙を旅しよう

カップラーメン食べながらゲームしてます。車とテーマパークが好き!

逃げることは悪いこと?いいえ、逃げないと何も始まりませんよ。

やりたくないことをやるほど暇ではない

f:id:ko-udon-sc50:20170403142423j:plain

好きなことをする。

これは大事なことだと思います。

 

もっと言えば、やりたくないことをやらない。

これも、とても重要なことだと思います。

 

これからの時代は、今までの時代とは大きく違った時代になる可能性があります。

 

やりたくないこと、やらなくていいことはロボットが変わっていきます。

残る仕事も外国人労働者がもっともっと働くようになるでしょう。

グローバル化とは、そういうことです。

日本人であることが有利になる時代は終わっていくのかもしれません。

日本人であることが、足を引っ張ることになるのかもしれません。

 

好きなことだけやるべきだ。

やりたくないことはやらないべきだ。

今回はそんなこれからの働き方について、私なりの考えを書いていきます。

 

 

やりたくないことは、ロボットにも勝てない

 

私はいちばん最強なのは、それを好きでやっている人だと思っています。

好きでやっているわけでもない人は、好きでやっている人にはどう逆立ちしても勝てないと思います。

好きでやっている人は、仕事と好きなことの境目が無くなってきます。

つまり1日8時間だけ仕事でそれをやっている人と、それが好きで24時間そのことばかり考えている人、どちらが貪欲に腕を磨くことが出来るでしょうか。

どちらが高い成果を上げれるでしょうか。

答えは明白だと思います。

 

これからは、私達の代わりにロボットが働く時代です。

ロボットは1日24時間働くことが出来ます。

残業規制も残業代も必要ではありません。

働き過ぎて過労で倒れることもありません。

常に100%の成果を上げてくれます。

誰でもできる仕事より、強みを活かした自分らしい仕事をしよう! - イマキミ!

 

やりたくないことを仕事だからと嫌々やっている人は、ロボットにも勝てない時代が来ることになるでしょう。

やりたいことだけやるべきなのです。

やりたいことがまだはっきりとしない人は、とりあえずやりたくないことはやらないようにしましょう。

やりたくないことから逃げているうちに、ふとしたところで何かに出会うこともあるでしょうから。

見えない不安は捨てなくていい。一緒に進んでいくんだ。 - イマキミ!

 

逃げたいならさっさと逃げよう

 

逃げるということに関して否定的な考えの方も多いですが、私は逃げることは全く悪いことではないと思います。

いちばん良くないことは、何か動きたいと思いながらも何もしないことではないでしょうか。

結局自分の人生は自分のものなのです。

他の誰のものでもありません。

 

残りの時間は有限です。

そして誰に対しても平等です。

嫌々あと1年過ごそうが、自分の人生に向き合って必死にもがこうが、同じだけの時間が流れていきます。

逃げるのはよくないことだ」「逃げて悔しくないのか」「逃げたらまた逃げることになるぞ」、こういったことを言う人というのは、ほんとは自分も逃げたいのだと私は思っています。

 

自分自身が好きなことをやっている人というのは、他人の勇気を挫くようなことは言いません。

嫌なの?じゃあさっさと逃げなよ。」決まってこう言うと思います。

人の生き方って100人いれば100通りなんですよね。

 

自分の人生をどうにかしようって本気で思ったのなら、他人のアドバイスは”選択肢”にはなりますが”答え”にはならないということです。

自分が逃げたいと思うならさっさと逃げましょう。

同じところから同じ景色を眺めていたところで、また同じような明日がやってくるだけです。

 

 

打席に立ち続けるしかない

 

逃げてからどうするのか。

結局のところ、これも人それぞれでしょう。

 

お金に余裕があるなら、別にしばらくプラプラしててもいいと思います。

お金がない人はとりあえずアルバイトでもしたらいいと思います。

今ならこういったクラウドソーシングという働き方もあります。

資格などは必要ありません。パソコンやスマホで文章が書ければOKです。

どちらも無料の会員登録ですぐに仕事を始めることが出来ます!

ライティング特化型在宅ワークのサグーワークス

時給1,000円以上も可!Shinobiライティング

自分が思っている以上に、今の時代は様々な生き方があるんだということを知ってほしいです。

そして自分が思っている以上に、私達は自由なのです。

 

これは実際に打席立たないと分からないことです。

自分の目で見て、自分の肌で感じて、初めて実感することです。

ネット上だけで情報を拾っただけでは、それは分かったつもりになっているだけです。

(もちろん情報収集は大事ですけどね)

 

しばらくプラプラしていると退屈になって、「そろそろ働きたいなぁ」と思うかもしれません。

そこで初めて、「やっぱ人と接する仕事がいいなぁ」とか「そういや子供の頃〇〇が好きだったなぁ」など色々と思うことがあるでしょう。

そういった自分の心の声に従っていけばいいんです。

後ろの道を断つことで、次の道が開けるということもあるのですから。 

 

まずは打席に立ちましょう。

打席に立たなければホームランは打てません。

まぁ、思いっきり三振することもありますけどね。

 

 

最後に・・・

 

ここでは偉そうに言ってますが、私もまだまだ打席に立ち続けたいと思っています。

まだまだというか、生きている間はずっとそうなんでしょうけどね。

 

高校卒業してからの流れを書いてみると、

・高校卒業

・大学中退

・専門卒業

・新卒内定辞退

・バイトから社員⇒3年で退社

・転職⇒4カ月で退社

・パート⇒3か月で退社

・パート⇒2年で退社

・無職←今ここ!

 

こうやって改めて書いてみると、私ってほんとポンコツですね。(笑)

 

最近ようやく気づいたことがあって、結局私はこういう生き方しかできないんだろということです。

逆にいえば、こういうもんだという前提で生きていけばいいということです。

 

次の仕事に就いたとしても、「また3年くらい働いたら辞めるんだろうな。」と最初から分かってたら怖くないじゃないですか。

ちょっとずつ準備しとけばいいだけの話です。

 

なのでこれからも打席に立ち続けるのでしょうね。

立たないと何も分からないですからね。

最近ようやく薄っすらとですが、自分の生き方が見えてきたような気がしています。

 

やりたいことが分からないという人は、そもそも打席に立った回数が少ないのではと思います。

逃げることは悪いことではありません。

逃げることは、次の打席でホームランを打つための初めの一歩なのです。

 

関連記事はこちらからどうぞ!

「1日中寝る」だって強みだ!考え方を変えて強みを見つける! - イマキミ!

「新卒内定辞退したい」そんなあなたに読んでほしい私の経験談。 - イマキミ!

27歳フリーター、バイト辞めて無職になります。 - イマキミ!

仕事辞めたければまず辞めたらいいじゃん!辞めてから次に行こう! - イマキミ!