イマキミ!

今君が立っている場所は、昔私が立っていた場所だ

「現代版」フリーターのメリットとデメリットと私の余計な一言

キャッシュで買えないなら買わなければいい

f:id:ko-udon-sc50:20170403215201p:plain

フリーターのメリットとデメリット。

今回の記事のテーマはこれです。

 

フリーターは生涯賃金がどうとか、風邪ひいて休んだらどうとか。

ですが今更じゃないですか。

こんなもん。

ちょっと考えたら誰でも分かることですし、何より時代遅れです。

今までの時代ではデメリットだと思われていたことでも、これからはそうでは無くなる可能性は高いと私は思います。

 

なので今回は昔からある古いメリットとデメリットではなく、これからの時代に合わせた最新版のメリットとデメリットと私の余計な一言を書いていきたいと思います。

ざっくり言うと、デメリットもメリットに変えてしまおうということです。

 

メリット

まずはメリットからです。

 

・副業が自由

いちばんのメリットは副業が自由であることです。

もちろん会社員でも副業可の会社は増えつつありますが、まだ少数派です。

(黙って副業している人もいっぱいいますけどね。)

つまり会社の外で何やってもいいということです。

他に興味のある仕事してもいい、何か勉強になる仕事をしてもいい。

これは最大のメリットです。

現在フリーターの方は最大限生かしていく方向で動いていきましょう。

 

・時間が自由

これは多少職場によるところもあると思います。

割とどこも人手不足ですから。

フリーターでも普通にフルタイムで働いている人も多いでしょう。

ですが休もうと思えば休めるのがフリーターです。

勉強に時間を使ってもいい。

遊びに時間を使ってもいい。

趣味に時間を使ってもいい。

自分の為に大きく時間を使うことが出来ます。

 

・メリットまとめ

私は上の2点をメリットとして上げておきます。

つまりは仕事と時間が自由であるということです。

不自由ではありません。

私たちは自由なのです。

正社員でも働き方は改革されていくでしょうが、まだ今の段階ではフリーターのメリットであると言えるでしょう。

 

 

デメリット

ここからはデメリットと余計な一言ということで、今まではデメリットだと言われていたことに私なりの意見を述べていきたいと思います。

 

・生涯賃金が安い

まずこれもよく言われていることです。

ただこれに関しては、結局一言で言うと「安くて何が悪いんだ」ってことです。

別に本人が生活できる程度の収入があってそれで満足なら、それでいいじゃないですか。

お金の量が幸せの量ではないって、ずいぶん前から言われていることです。

いくら収入があったら満足かの基準は人それぞれですからね。

そもそも今ある会社で、40年後も変わらず業績を上げている会社は果たしてどのくらいあるでしょうか。

 

・社会的信用が無い

正直これがいちばんのデメリットですね。

これは確かにそうです。

ローンが組めない、クレジットカードが作れない。

ですがローンに関しては、中古車程度のそんなに高額のローンでなければ保証人さえ立てれば組めます。

クレジットカードも、私はフリーターですが7枚くらい持ってます。

もちろんステータス系のカードではありませんが。

普通に生活していたら、ポイントが多く付くお得なカードで十分です。

それくらいならフリーターでも審査通ります。

 

・風邪で休んだら収入が減る

健康維持をして休まなければいい。

健康維持で実践していることをブログに書いて収益を狙う。

最悪休んでもこれで収入はある。(金額は人によりけり笑)

 

・職歴にならない

これは気が変わって就職しようかなと思った時のデメリットですね。

確かに「誰でもできる仕事を誰でも出来るようにやっていたら」そうだと思います。

ですがフリーターでも腕を磨く方法はあると思います。

勉強して資格を取るのが手っ取り早いですよね。

形に見えるものの方が分かりやすいですし。

他にもフリーター時代と関連した仕事を目指すのも、フリーターの経験を活かすことができますね。

自分なりに頭使いましょう。

時間は自由なんですから。

 

・将来が不安

私は社員で働いていた頃はずっと将来が不安で、どっちかというとフリーターの今の方が楽観的です。(笑)

歳取って生き方が分かってきたというのもありますが。

というかシャープとか東芝とかてるみくらぶとかどうなんですか。

どっちにしても将来は不安定なものでしょう。

ロボットとAI、少子高齢化、人口減少、グローバル化。

正社員だから安定の時代ではないと思います。

今ある会社で、40年後も変わらず業績を上げている会社は果たしてどのくらいあるでしょうか。

 

・(厚生)年金もらえないよ

上と同じです。

ていうか今から40年後とかの年金の姿なんて誰が分かるんですか。

 

・イメージが悪い

私は気になりません。

「フリーターです。」「無職です。」って言って何か問題ありますか。

本人が気にならなければ、周りはどうでもいいでしょう。

 

・結婚できない

売れない若手芸人と結婚する人もいますしねー。

これも本人の問題。

親とかもっと関係ない。

 

とりあえず思いついたのはこれくらいです。

また出てきたら追記します。

 

 

最後に・・・

以上が「現代版 フリーターのメリットとデメリットと私の余計な一言」でした。

 

政府も一応働き方改革をしていますので、これからは雇用形態の時代ではなくなってくるでしょう。

フリーターや正社員という雇用形態にかかわらず、スキルのない個人はロボットなどに代替されていく時代になると思います。

 

私ももちろん気を付けなければいけませんが、ただ漠然とフリーターをしているのはどうかと思います。

だったらただ漠然と正社員をしていた方がいいでしょう。

 

これからは思いがけないことが起こる時代かもしれません。

その時のために、腕は磨いておきましょう!