イマキミ!

カップラーメン食べながらゲームしてます。車とテーマパークが好き!

マンネリを解決するたった一つの方法。それは環境を変えるとこ。

「今日もまた仕事かー」

f:id:ko-udon-sc50:20170412233248j:plain

マンネリ。

こいつはなぜやって来るのでしょうか。

 

何か私が悪いことをしたでしょうか。

そりゃ抜群の成績ではありませんが、毎日まじめに働いていたではありませんか。

私なりに、コツコツと目標を立ててやってきたはずなのに。

何の罰ゲームで、私の元に”マンネリ”はやって来たのでしょうか。

 

 

マンネリは悩みではない

 

マンネリは悩みとはまた違うと私は思います。

人間関係の良い職場でもマンネリは起きると思います。

実際私もそうです。

 

職場のみんなは好きですが、仕事はマンネリでつまらなくなってきたということも過去に起こっています。

人間関係の悩みとはまた違うことのように感じます。

 

スポンサーリンク
 

マンネリを打破するには

 

このマンネリを退治するにはどうしたらいいでしょうか。

なかなか特効薬はないと思います。

 

よく「発散して気分転換すればいい」という人がいます。

旅行したり、遊んで気を紛らわすということですね。

これは私は付け焼刃でしかないと思います。

一時的に発散できたとしても、結局また元のマンネリに戻るのがオチです。

 

部署移動などが可能な職場であれば、それによって変化する可能はあると思います。

ただこれはマンネリの原因が、”部署”であった場合で、原因が”会社”であった場合にはこれも付け焼刃にしかならないでしょう。

 

自分自身の発想を変えるという方法があります。

仕事に対するモチベーションを変えるというか、今までとは違うスタンスで仕事をするということです。

これはまだ程々に効果があります。

ですがあくまで程々で、徐々にゆっくりと元に戻っていくことでしょう。

 

いちどマンネリを感じてしまうともう元に戻ることが無かったのが、今までの私の経験です。

 

 

最も有効な方法

 

結局のところ、いちばん早いのは環境を変えることだと私は思います。

人間は環境にはどうしても勝てない部分があります。

 

環境に合わせるか、自分が環境に合わせるかだと思います。

マンネリを受け入れ、マンネリに染まっていくかどうかです。

 

私はそれがどうしても出来ませんでした。

なので、今まで2回社員の仕事を辞めています。

 

「つまらないなー」「早く終わらないかなー」と思いながら働くのは、私にはとてもつらいことでした。

そんなことで自分の大事な時間を消費するのは本当にもったいないことです。

 

 

最後に・・・

 

休みを楽しみに生きている人は、働いている日も休みの日も同じだけの時間が流れているという当たり前の事実を知っていますか?

忘れているだけなら思い出してください。

人間は生き続けることは出来ません。

必ず終わりの瞬間がやってきます。

 

このままでいいとは思っていないと思います。

ですが一歩踏み出す勇気が持てないのだと思います。

私もそうです。

環境を変えるのは怖いことです。

マンネリでも、慣れた職場の方が安心だと感じるものです。

 

ですがそのまま毎日を過ごすのはもったいないです。

まずは外に目を向けましょう。

外にはもっともっとたくさんの会社があります。

様々な経歴の人が働いています。

外の世界はあなたの想像以上に広いことを知ってください。

 

大きな一歩でなくてもいいです。

自分なりの、あなたなりの、ささやかな一歩を踏み出しましょう。

 

関連記事はこちらから!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog