イマキミ!

今君が立っている場所は、昔私が立っていた場所だ

これから転職を考える人に伝えたい。私が転職活動の中で感じたこと。

現実を知る

f:id:ko-udon-sc50:20170412183412p:plain

私は転職活動をして、実際に転職をしたことがあります。

その時は転職サイトなどを使ったわけでなく、合同説明会に行ったり、企業のホームページなどから応募したりしました。

最終的に応募の時だけ、ハローワークを通しました。

失業保険の申請をしたので、ハローワーク経由なら就職祝い金みたいなのがもらえたからです。

受ける企業を決めるまでの活動は、自分で全て行っていました。

 

今から考えたら、本当にもったいないことをしたなと思います。

当時は今ほど転職支援サービスも充実していませんでしたが、使えるサービスは使っておけばあんな苦労しなかったかなって思いますね。(笑)

結局転職した会社も4カ月で辞めちゃいましたし。

www.kudn-sc50.blog

 

ですがそんな世間の荒波に揉まれた転職活動だったからこそ、ハッと気が付いたこともあります。

今回はそんな私の転職活動の中から感じたことを書いていきます。

もし今後転職などを考えている方は、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク
 

資格は証拠になる

 

まず感じたのは資格についてのこと。

当時の私は、資格と言えば運転免許しか持っていませんでした。

実際はこういう人が大半なのではないでしょうか。

資格なんて必要な仕事の方が少ないですからね。

 

ある企業の見学に行った時です。

一通り説明をしてもらい、その企業の社長に言われた言葉です。

接客の仕事をしてきたんだね。なんで検定とか取ろうと思わなかったの?

 

返す言葉がありませんでした。

資格と言えば運転免許しか持っていなかった私は、転職活動をする中で今までしてきた仕事の証拠がないということに気が付きました。

 

別に資格や検定を持っているからと言って、仕事に必要なものでなければ特に意味はないと思います。

ですが在職中に仕事に関連するような資格を取ったり検定を受けることは、自分のスキルの客観的な評価につながります。

私はこういう仕事をしてきました!」という説得力が増すわけなのです。

 

これは転職活動をしなかったら絶対に分からなかったことです。

最初の会社で今も過ごしていたなら、おそらく今の私は資格と言えばいまだに免許くらいしか持っていなかったことでしょう。

 

 

理由付けなんて後からできる

 

これは面接などの時に感じたことです。

転職活動においては、「前の会社を辞めた理由」という質問がされる場合が多いと思います。

これは転職活動ならではですね。

 

正直私の前の会社を辞めた理由は「人間関係」です。

ですがこれを正直に言う人は少ないのではないでしょうか。

人間関係」はどこの会社でもあることですし、その度に辞めるような人は採用してくれないですからね。

 

スキルアップがどうとか上手いこと誤魔化して言うわけですよ。

つまりそういうことです。

辞める時の理由なんてどうでもいいのです。

 

人間関係が嫌で辞めた、給料が安くて辞めた、ブラックだから辞めた。

こんなもん面接の時にいくらでも美談に出来るのです。

例えば入社して馴染めずにすぐ退職していても、面接では「思い立ったらすぐに行動するフットワークの軽さが・・・」とか言えるんですね。

言って採用になるかどうかはまた別ですけど。(笑)

 

 

嘘も方便と言いますか、”自分なりの意見を言う”ってすごく大事だと思います。

ありきたりな決まり文句ではなく、自分オリジナルの意見には嘘くささがありません。

ですが何故でしょうか。

あんまりそういう人っていないですよね。

教育の制度の都合上ですかね。

バカなので私にはわかりません。(笑)

 

 

相性は大事

 

会社も恋愛もと同じで相性が大事だと思います。

不採用になる会社もあれば、採用になる会社もあります。

違う会社に行けば、評価も違うものになるものなのです。

 

面接は企業と自分のお見合いの場なんてよく例えられるくらいですからね。

今風に言えば、企業と自分の合コンってとこですかね。

いや、街コンかな?(笑)

 

つまりは気の合う相手もいれば、どうやったって気の合わない相手もいるものです。

企業が私達を選ぶように、私達も気の合う企業を選びましょう。

(実際のとこ生活とかあるので、まだまだ理想論ですけどね。)

 

 

最後に・・・

 

以上が私が転職活動の中で感じたことです。

いちばん印象に残っているのは、資格のことです。

自分はただ漠然と仕事をしているだけだった」ということを思い知らされましたね。

 

ただ面白いのは、こういったことも”ネタ”にして、自分の言葉で話すことが出来たらプラスに出来るということです。

自分の言葉で話す。

自分の言葉で書く。

意外と出来そうで出来ないことです。

テンプレにハマった方が楽ですからね。

 

 

これからはロボットや人工知能が働く時代です。

面接に行って隣にロボットがいたらどうしますか?

 

「私はロボットなので休みも休憩も要りません。24時間365日勤務できます。ボーナスも残業代も不要です。定期的なメンテナンスのみ希望します。」

 

うーん。

勝てる気がしない。(笑)