エンタメの宇宙を旅しよう

カップラーメン食べながらゲームしてます。車とテーマパークが好き!

石の上に三年いたところで、誰もあなたを幸せにはしてくれない。

石の上にも三年

f:id:ko-udon-sc50:20170414143435j:plain

「三年は続けよう!」

なぜ人は、三年は続けようとするのでしょうか。

 

「三年」という言葉に、それほどの魅力があるようには私は思えません。

ですがどうやら知らず知らずのうちに、私達の潜在意識の中に「三年」というものが入り込んでいるのは間違いないようです。

 

スポンサーリンク
 

根性無しと思われる

 

こう思う人は多いのではないでしょうか。

「三年すら続かなかった奴なんだ」

自分で自分を責めてしまったり、自信無くす人もいるかもしれません。

 

そもそも三年という数字に何か根拠があるわけではありません。

 

例え1ヶ月だろうが1週間だろうが1日だろうが、「やりきった!」「もうこれ以上は無理だ!」と思うのならば、もうそこが道の終着点なのではないでしょうか。

それ以上は蛇足です。

心や体がおかしくなる前に、次の道を探しましょう。

 

 

結局外見を気にしている

 

色々と理由はあると思います。

ですがどんな理由も、結局は外見を気にしてのことです。

 

「ダメな奴だと思われたくない」

「すぐ辞めるやつだと思われたくない」

「人に話すのが恥ずかしい」

 

もちろん人間ですので感情はあります。

劣等感を感じることもあれば、恥ずかしいと思うこともあります。

 

ですがここまで周りの目を気にする必要は本当にあるのでしょうか。

もっともっと自分勝手に生きてもいいのではないでしょうか。

 

 

自分勝手に生きるべき

 

周りが言う三年は、それはあくまで周りが勝手に言っているだけです。

私達は、数字を道しるべに生きているのでしょうか。

三年という数字が、私達を幸せに導いてくれるのでしょうか。

 

私はそれは違うと思います。

私達が導かれるべきなのは、数字ではなく自身の感情です。

 

自分自身が、幸せだと思う方に進むべきなのです。

 

それが決してすぐにお金になるものでなくてもです。

色々と発信出来るツールは揃っていますから。

 

「三年は続けなさい」

 

この人は、三年たったらあなたを幸せにしてくれるのですか?

何かご褒美をくれるのでしょうか。

三年後もずっとあなたの側にいるのでしょうか。

 

 

誰もあなたを幸せにはしてくれません。

 

 

あなたを幸せにするのは、他の誰でもなく、あなた自身なのです。

 

 

まずは自分自身を幸せにしてあげましょう。

その後で、周りにも幸せを渡していけばいいのです。

 

 

最後に・・・

 

石の上にも三年。さすがに最近ではそこまで聞かなくなってきましたかね。

技術の習得に年単位の時間がかかる職人の世界とかは、また別であるとは思います。

 

周りに色々言う人はいると思います。

私が会社を辞める時もいました。

ですが結局、その人達は私を幸せにしてくれるわけではありません。

 

自分の人生は自分で幸せにしていくのです。

そのための選択権は、もうすでに自分の手の中にあるのですから。

 

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog