イマキミ!

今君が立っている場所は、昔私が立っていた場所だ

自分がオープンになること。相手に気持ちを伝える時にいちばん大事なこと。

自分をさらけ出す

f:id:ko-udon-sc50:20170414173818p:plain

私は自分の気持ちを人に伝えるのが苦手でした。

苦手でした、ではなく、今もまだ苦手です。

 

なぜでしょうか。

こうやって文章に書く分にはある程度は大丈夫なんですが。

 

いつもあと一歩で遠慮してしまいます。

人当たりが良いという捉え方もありますけどね。

 

ですが27年間生きてきて、今思うことがあります。

自分の気持ちを相手に伝える時は、嘘をつくのは良くないということです。

 

今更ですけどね。(笑)

 

自分の意見を言う。

自分の考えをはっきりとする。

自分の立場を明確にする。

 

自分らしく、自分が幸せで生きていく為には、必要なことだと感じています。

 

自分の気持ちを相手に伝える。

気持ちを正直に伝える。

そのために私が大事だと思うことを、今回は書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク
 

他人とは宇宙人みたいなもの

 

まずは他人と自分の間の話です。

間というか、距離感?

 

まず当たり前ですが、同じ人間は誰一人としていません。

 

みんな違う。

家族だってみんな違う人。

物理的に血は繋がっていますが、子どもは親のコピーかというと、それは全く違います。

親も子供も、それぞれがひとりの人間です。

 

人と人って、分かり合えなくて当たり前なんだと思います。

だって同じ人間なんていないんですから。

 

「言わなくても分かってくれるはず」

なんて根拠のない期待を寄せるから、すれ違いって起きるのではないかと思います。

 

自分以外の人間は、みんな宇宙人みたいなものです。

まずはここが、スタート地点です。

www.kudn-sc50.blog

 

 

まずは自分から心を開く

 

相手に気持ちを伝えるには、まずは自分から心を開くことです。

自分がオープンにする。

まずは自分からです。

 

「言わなくても分かってほしい」

「ここまで言わなくても分かるだろう」

こう思うことも多々あります。

 

ですが他人はみんな宇宙人みたいなものです。

他人から見れば自分も宇宙人です。

 

自分が何を考えているかなんて、他人には到底分からないことなのですから。

 

まずは自分がオープンにしましょう。

そうすることで、相手もオープンにしてくれます。

 

「いちいちここまで言わなくても」

そう思って言わないままでは、あなたの伝えたいことはずっと相手に届かないままなのです。

 

 

自分の言葉に嘘をつかない

 

自分の言葉に嘘をついてはいけません。

 

「本当は本心じゃないんだ」

「私が本当に伝えたいことは違うんだ」

いくら心の中でこう念じたところで、この念力が相手に届くことはありません。

 

本当に伝えたい言葉も、本心ではない嘘の言葉も、発信源は同じ。

相手からすると、どちらもあなたの中から出てきた言葉です。

 

 

嘘を伝えてはいけません。

もし言いにくい言葉だったり、上手な言い方が思いつかない時は、それも相手に伝えましょう。

 

「うまく言葉で表せませんが」

「思うことを正直にお話させてもらいます」

 

あらかじめ伝えておけば、もし言葉が上手く出てこなくても相手もそれを分かった上で話を聞いてくれます。

 

言いたいことはちゃんとあるんだ。でもそれを上手く言えないだけなんだ

もしこう思うのであれば、ちゃんとその気持ちを相手にオープンにしましょう。

 

 

最後に・・・

 

気持ちを伝えるって、難しいことですね。

私も相手も別々の人間です。

 

考え方が違って当たり前。

まずはこの前提を分かっておくことは必要だと思います。

 

親しい間柄になるほど、コミュニケーションを省略しがちです。

 

親しい間柄だからこそ、深いコミュニケーションを取りたい。

愛情の深さはコミュニケーションの深さだと、私はそう思っています。