イマキミ!

今君が立っている場所は、昔私が立っていた場所だ

フリーターはいけないことではない。本当にいけないのは自分を偽ること。

自分がいいと思えるか

f:id:ko-udon-sc50:20170227004120j:plain

フリーター。

非正規。

 

反対の立場の言葉として、

正社員。

安定。

 

私自身もフリーターです。

 

フリーターは世間一般的に見ると、就職していなくて安定していなくて、いわゆる正社員的な働き方をしている人達と比べて、あまりちゃんとしていないと思われがちです。

 

同じフリーターの中でも、「本当は就職したい」「いつかは就職したい」、こう思いながら働いている人もいます。

その一方、「やりたいことをやっている」「フリーターでいいじゃん」、世間的には安定していなく見られがちなフリーターでも日々楽しく暮らしている人もいます。

 

フリーターは良くないことで、就職しなければいけないとか、そんなことは全く思いません。

幸せの感じ方は人それぞれでいいことです。

雇用形態が人生の中で重要視される項目だとも思いません。

 

 

雇用形態ではない

 

フリーターだろうが正社員だろうが、幸せな人は幸せです。

不満を持っている人は不満を持っています。

自分の人生にどんな感情を抱くかに、当人の雇用形態は関係の無いことでしょう。

 

正社員でも全然給料をもらえない人もいるし、フリーターでも自分で収入源を作って自分で稼いでいる人もいます。

 

幸せになるのに、幸せを感じるのに、雇用形態は関係しているのでしょうか。

私は関係ないと思います。

 

「雇用形態の肩書があるのが当たり前」という古い常識に、まだ翻弄されているのでしょうね。

私自身もまだそんな感じがします。

ただ必死にその古い常識から脱しようとはしています。

 

 

フリーターはいけないこと?

 

フリーターがいけないことでもなんでもありません。

フリーターになった理由は原因は人それぞれです。

このご時世ですから、どうしても致し方なくそうなった人もいらっしゃることでしょう。

 

今までは「正社員が当たり前」だったように、これからは「フリーターが当たり前」なのです。

これからはというか、もうすでにそうなっていますね。

 

個人が個人の出来ることで、お金を稼いだらいいと思います。

仕事がなければ仕事を作るよう考えたらいいと思います。

 

むしろフリーターであることを幸せに思おう。

正社員でないことを自信にしよう。

そしてそんな自分の好きなことを、最大限仕事にしていきましょう。

 

 

現状を不満に思うなら

 

ただ中には今現在フリーターで、それをどうしてもよく思わない方もいるでしょう。

 

「本当は就職したいんだ」

「本当は早く脱フリーターしたいんだ」

 

こう思う方は、とにかく一歩踏み出しましょう。

脱フリーターの方法には、今はたくさんの選択肢があります。

ハローワークだけではない、多くの就職支援サービスもあります。

 

ちょっと昔はこんなの無かったですよね。

あると言えば、新卒用と、普通の転職サイトくらいでした。

それだけフリーターが普通なんですよ。

 

今の現状に不満があるなら。

ただこれはフリーターに限らずですよね。

別に雇用形態は関係ないのです。

 

 

最後に・・・

 

今の時代、これからの時代、フリーターは普通なのです。

そして雇用形態ではなく個人のスキルによってお金を稼いでいくのも普通になっていくのです。

 

スキルと言うとハードルが高く聞こえるかもしれません。

ここで言うスキルは、難関の資格や特別な職歴という意味ではありません。

 

「会った人と誰とでも仲良くなれる」

「困っている人を見るとほっておけない」

これもスキルになるのです。

 

人と人と繋がって、その中で生きていくということも出来るのです。

 

私は私が幸せだと心から感じることの出来る生き方をしていきます。

私が幸せだと思う土地で生き、幸せだと思う人と暮らし、幸せだと思うことを仕事にしていきます。

そこにはもはや雇用形態は関係ありません。

自分で自分を偽っていないか、嘘の形で生きていないかです。

 

雇用形態ではなく、自分自身の形態。

 

こちらの記事もよく読まれています!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog