イマキミ!

カップラーメン食べながらゲームしてます。車とテーマパークが好き!

まずは一歩踏み出す勇気。フリーターから就職を目指す方法。

もう就職できない?

f:id:ko-udon-sc50:20170419102501j:plain

「もう就職出来ないんじゃないかな」

「就職しても続かないかもしれないな」

「やりたいことも特にないしな」

 

フリーターって毎日気楽に過ごしてそうだなぁなんて思う方も多いかもしれませんが、意外と将来に不安を抱えているフリーターは多いものです。

やはりいちばん多いのは将来の悩み。

「このままでいい」って思っている人は少数派です。

本当は正規で働きたいと思っている人が大勢います。

 

就職してブラックだったらどうしよう

合わない会社で嫌々働くくらいなら今のままの方がいいかな

そんな見えない不安が、先へ進もうとする足を止めてしまうのですね。

 

私自身もフリーターなので将来の不安はずっと抱えながら生きています。

最近はようやく開き直ることが出来てきたので、不安の重さはかなり軽くなってきています。(笑)

 

今回はそんな見えない不安を抱えたフリーターの為の、就職するための選択肢を考えていきたいと思います。

 

スポンサーリンク
 

ハローワークに行く

 

まずはこちら。

就職と言えばハローワークです。

 

何でもいいから、とにかく仕事が欲しいです!

という方にはハローワークがおすすめです。

 

ハローワークでも若い人向けの就職支援などを行っています。

就職といえばハローワークというイメージも強いですし、ハローワークを利用するのもひとつの選択肢でしょう。

 

ただ他にも多くの就職支援サービスがある時代ですので、ハローワーク以外にも色々と就職支援サービスを利用してみると視野が広がるかもしれません。

ハローワークのメリットを上げるなら、応募から面接、そして勤務までの流れが早いということですね。

 

 

アルバイトから入社する

 

次がこちら。

アルバイトから入社して、社員を目指す方法です。

 

個人的にはこの方法がいちばんおすすめですね。

会社も働く側もお互いに知った上なので、ミスマッチすることもありません。

人手不足の時代なので、若くて真面目に働く方ならすぐに声がかかると思います。

 

今のバイト先で社員になりたいと思わない

こう考える人も多いと思います。

それって仕事内容や人間関係が合わないってことですよね?

 

そんなバイト先さっさと辞めましょうよ。

今日もまた1日歳を取るんですよ。

時間がもったいないと思いませんか?

 

 

就職支援サービス

 

最後に就職支援サービスを利用する方法です。

サービスとしてあるものはどんどん使っていこう!ということですね。

 

履歴書や職務経歴書ってどうやって書いたらいいのかな

面接とかどうやって答えたらいいか分からないな

そんな不安に思うことを専門のカウンセラーがサポートしてくれます。

 

こういったサービスを使っている人はまだまだ少ないですよね。

せっかく支援を受けれるのに、利用しないのはもったいないです。

 

ひとりで手探りの中就職活動をするのと、サポートやアドバイスを受けながら就職活動をするのと、どちらが精神的にも肉体的にも負担は少ないでしょうか。

「就職活動が上手くいかないのが原因で、病んで働けなくなってしまう」

万が一こんな状態になってしまったら、就職活動どころではありません。

 

「職歴がない」

「職歴が短い」

「未経験」

就職支援のサービスに登録している企業は、こういった求人者の状態を理解した上で採用をしてくれます。

こういった人が利用するサイトだって分かって企業も登録していますから。

 

未経験でも正社員として育てていきたい、そんな企業と巡り合えるかもしれません。

 

 

最後に・・・

 

他にも、友人や知人のコネ、普通に求人誌などから応募するという手もあります。

ただ私は辞めるということを常にオプションとして持っているので、コネはちょっと使いにくいですね。(笑)

 

本気で就職しようと思ったら、今の時代なら何とかなりますよ。

ただ先はどうなるか分かりません。

人手不足の色が強い”今”がチャンスなのではないかと私は感じています。

 

就職しなくても、まずは登録しておくだけでも色々と見える世界が広がるかもしれません。

無料転職サイト、リクナビネクストはこちらからリクナビNEXT

色々な求人を見ているうちに、何か興味の出るものがあるかもしれません。

 

いちばん良く無いことは、不満があるのに何もしないことだと思いませんか?

小さな一歩で良いのです。

まずはここから、一歩踏み出しましょう。

 

こちらの記事もどうぞ!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog