イマキミ!

今君が立っている場所は、昔私が立っていた場所だ

ロボットではなく人であるために、好きなことだけやって生きていく。

好きなことを極めよう

f:id:ko-udon-sc50:20170326233718j:plain

 

好きなことだけやって生きていく!

私が日々考えていることです。

 

考えるだけでなく、どんどん行動に移して自分の人生の中で実現できるようにしていきたいとも思います。

他の誰かの人生ではダメなんです。

自分の人生で実現させていくことが大事です。

 

自分の人生の主人公は自分です。

それは誰にも譲りたくないのです。

 

好きなことを極めていく、好きな道を進んで行く、好きな方向に向かっていく。

これらの感情を実際に行動に移していった人が。これからの時代いち早く幸せになれるのかもしれません。

 

スポンサーリンク
 

ロボットやAIの台頭

 

何度も何度も書いてますが、「2030年には日本の約半分の仕事がロボットやAIに代替される」と言われています。

まぁ先のことなので、現実にどうなるかは誰にも分かりませんが、それに近い未来がやってくるのではと思っています。

 

あまり深く考えている人はいないのでしょうが、好きでもないことをやっていてロボットやAIに勝てるのでしょうか。

 

あなたは24時間365日働けますか?

給料も残業代も無しで働けますか?

それでもって病気や怪我をしませんか?

 

もはや単純労働や特殊なスキルの不要な仕事において、私達人間は勝ち目はありません。

そしてこれは遠い未来の話ではなく、近い内に(というか部分的にはもうすでに)確実にやってくるだろうということです。

 

 

仕事が奪われるのが怖い

 

ロボットやAIに仕事を奪われたくない!

じゃあ自分はこれからどうしたらいいんだろう

こう思う方もいるかもしれません。

 

まずひとつ確実に言えるのは、ロボットやAIを管理する仕事が生まれるということです。

無人レジでレジを打つ人が不要になっても、無人レジを設定や管理、修理する人はまだ必要ですからね。

 

えっ、なんですか?

「そんなん理系でも無いし無理」だって?

 

そういうことを言っている人は永遠に何も出来ないでしょうね。

今はまだ全く何も知らなくてもいいじゃないですか。

今がスタートで5年10年学ぶことを継続していけばいいじゃないですか。

 

スタートが遅かったなら、その分先行者を追い越すくらいの勢いで向かっていけばいいんですよ。

何かを得ようと思ったら、何かを失うものなのです。

 

何事もトレードオフ。

美味しいご飯を食べるのだって、自分で作れば時間を失うし、外食をすればお金を失うのです。

 

まぁ「プロの料理人の友達にタダでご飯を食わしてもらう」というとっておきがありますけどね。

私の友達にプロの料理人がいないので、今回は選択肢から外させてもらいました。(笑)

 

 

 

好きなことをしなければならない

 

ロボットやAIの管理は出来ない。

プロの料理人の友達もいない。

そんな人でもお金を払って美味しい料理を食べれる方法があります。

 

それは「好きなことを仕事にすること」です。

 

自分が本当に夢中になれること。

1日中やっても飽きないこと。

それについて語ることなら誰にも負けないこと。

こんなことを仕事にすることです。

 

好きなことを仕事にしている」というだけで、ロボットやAI、さらに他の人間たちとの大きな差別化になっているのですから。

特に「l好きなことを仕事にしていない人達」との差は大きいです。

 

仕事で1日8時間とか9時間やっているだけの人と、それが好きで1日中やっても飽きない人。

どんな単純作業でも文句ひとつ言わずに永遠働いてくれるロボットがいるこれからの時代、はたして大き成果を上げることが出来るのはどちらでしょうか。

 

私達はロボットではなく「人」である。

これを前提に動いていかないと、「人」であることに足を引っ張られる時代が来るのかもしれません。

(というか100万人以上がうつになるような社会が普通であるという前提においては、「人」であるということはすでに足手まといですね。)

 

 

最後に・・・

 

「好きなだけやって生きていく」

冒頭にも書きましたが、私が今いちばん考えていることです。

 

過去に「好きでも無いこと」や「やりたくないこと」を、仕事を辞める勇気もなかったので無の表情をしながら続けたことがありました。

 

結果、病みました。

 

ひどい時は1日中胸を締め付けられる謎のストレスに襲われました。

 

 

今はその仕事辞めて、絶賛無職(たまにバイトはしてる)をしながら、自分らしく就職活動をしています。

 

転職とかも経験して、ストレスとかに強い方だと思っていたのですがね。

自分も「ロボットではなく人間」なんだなぁと、身をもって感じました。

 

「人」であることに足を引っ張られるのではなく、「人」であることを最大限生かして働いていきたい。

私は心からそう強く思っています。

 

そのための、「好きなことだけやって生きていく」なのです。

あなたはあなたで、私は私です。

他人と違って当たり前、人はロボットにはなれません。

 

今この瞬間から、好きなことだけやって生きていきましょう。

 

こちらの記事もよく読まれています!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog