イマキミ!

今君が立っている場所は、昔私が立っていた場所だ

「覚悟と努力が必要」それ本当に心から思ってますか?

「覚悟」「努力」

f:id:ko-udon-sc50:20170313231111j:plain

少し前までは、よく聞かれた言葉です。

最近では、前ほどは聞かなくなりましたね。

 

世代が変わってきているということもあるでしょう。

つまりは時代の流れということでしょうか。

 

 

「覚悟」と「努力」

私は人生において、このふたつは必要ではないと思っています。

覚悟も努力も人生には必要ではありません。

 

一部のファンからは熱狂的な支持を得ていそうな言葉でありますが、私は自分の人生から覚悟と努力を切り離すことに決めました。

今回は私がそう思う理由を書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク
 

覚悟が人を動けなくする

 

まずは「覚悟」が必要ではないと思う理由についてです。

 

覚悟とは、不退転。

これだと決めて一所懸命に取り組む。

腹を据えてその環境で生きていく。

こんな場面で用いられることが多いです。

 

この考え方が、逆に人を不自由にします。

 

もしそこが、本当に自分に合っていない環境だったら。

もしそこが、どうしても自分とは相性の悪い上司の職場だったら。

 

病んでからでは遅いんですよ。

 

私も少し病んだことがあるので、敏感になり過ぎているだけかもしれません。

ですが「覚悟」という言葉は、どうも私にはとてつもなく重たく感じます。

 

ただ私も、「自分がこれだと思ったことを継続して取り組む」ということは必要だと思っています。

ですがこれは覚悟ではないです。

 

なんと言いましょうか。

ギャンブル的な言い方になりますが、「キメ」や「ハリ」ってところですね。

 

これだ!と自分が「キメ」たことに、キメた以上は全力で取り組んでいく。

ただどうしても負けしかない時は、負けが広がる前にあっさりと負けを認めて退場する。

こういった気の持ちようが必要です。

 

もしかしたらこれを「覚悟」というのかもしれませんが、覚悟とは違い負けるまでは全力でやります。

最初は負けからでも、まだ手持ちがあって勝つ見込みがあればまだそこのテーブルで勝負します。

もうここでは絶対勝てない、そうなった時は未練を残さず勝負の場から降りるのです。

ここが覚悟とは違うところです。

 

覚悟の場合は負けてもまだやりますよね。

それこそ自分が燃え尽きるまでやるのが覚悟です。

 

私達に必要なのは根拠のない覚悟ではなく、勝負に勝つための知識と直感力なのです。

www.kudn-sc50.blog

 

 

努力するだけ無駄

 

次に努力の話です。

 

努力は人を成長させる

努力すれば夢は叶う

はたして本当にそうでしょうか。

 

努力して成功しているように見える人達でも、本当はただ好きで熱中してやっていただけなのではないでしょうか。

 

私が努力する必要がないというのは、「努力で続ける」のではなく「好きだから自然と継続する」ということに取り組むべきだからと思うからです。

好きで夢中になってやっている人は強いです。

 

周りから見たら努力かもしれませんが、本人は決して努力とは思っていません。

ただただ好きで取り組んでいるのです。

 

どれだけ努力しても、好きでやっている人には敵いません。

努力といっても長くて1日10時間とかでしょう。

それを好きな人は1日24時間そのことを考えていますからね。

勝てっこないんですよ。

 

私は努力するのではなく、それぞれが好きで夢中になって出来ることをするのが、本当に実力を発揮できて活躍できるようになるのではないかと思います。

www.kudn-sc50.blog

 

 

 

最後に・・・

 

覚悟も努力も必要ないんですよ。

ただ組織にいると何かと強要されることも多いですよね。

覚悟はなかなか見た目で評価がしにくいですが、努力は見た目で評価がしやすい分やっかいです。

 

「本当に努力してるのか」「手抜いているだろ」なんて学生で体育会系にいたころはコーチや監督に言われた記憶があります。

どうも私はいつも飄々としているので、努力が見えにくいタイプのようです。

スポーツも好きでやっていたので自分は努力とは思っていませんでしたが、「見えないとこでやるのが本当の努力だっつーの」なんて心の中で悪態ついていましたね。

 

 

「覚悟」や「努力」という言葉で、重たくなっている人はいませんか?

今いる場所から動けなくなっていませんか?

 

もしそんな人がいるのであれば、いちど肩の荷物を降ろしてください。

あなたが「覚悟」や「努力」をしなくても、自ら前向きに取り組めることはなんですか。

そこには覚悟や努力をする必要はありません。

 

自分の世界を、自分で作っていきましょう。

 

 

関連記事はこちらどうぞ!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog