イマキミ!

今君が立っている場所は、昔私が立っていた場所だ

副業をするなら、「書くこと」を極めて発信力を身につけよう!

副業で稼ぐ

f:id:ko-udon-sc50:20170430000816j:plain

「何かいい副業がないかなぁ」

「時にスキルも無いけど出来る副業ないかなぁ」

「ちょっとでもおこずかい稼ぎが出来ないかぁ」

 

お金の悩みは尽きないもです。

会社の給料は上がらないし、むしろボーナスなど減らされるかもしれないし、社会保険料は上がる一方だし、色々と悩みの種はいるものです。

 

収入を増やそうと思ったら、あなたならどうしますか?

 

いちばん大きく増やすチャンスがあるのが転職です。

 

ただやはり、転職にはリスクがつきものです。

 

「新しい仕事になじめるだろうか」

「職場の人間環境はどうだろうか」

「そもそも転職できるのだろうか」

 

リスクを取るから、得られるものもあるのですが。

頭では分かっていても、実際に行動するのはやはり難しいですね。

 

そこで転職以外の選択肢で思いつくのが、「副業」です。

 

つまり今の仕事は継続しながら、何か他の仕事を持つということです。

今の仕事を辞めなくていい、ということは精神的にも金銭的にもメリットを産み出します。

 

ただ「副業」にもリスクがあります。

まずは時間が限られるということ。

そしてお金に交換できる「何か」(スキルや時間など)を持っている必要があるということです。

 

本業以外でどこかで時給で働くにしても、その分の時間が必要になります。

時給ではなく成果報酬のような形にしても、その成果を上げるための「何か」は必要となります。

 

いったい「何で」副業をしましょうか。

あなたが出来る「何か」とは何でしょうか。

 

前置きが長くなりましたが、今回のテーマは、「副業」と「書くこと」についいてです。

つまり書くことを副業にしようということです。

 

書くことには、もちろんお金につながります。

そして、お金以外のメリットもあるのです。

 

その「書くことのメリット」について、ここから書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク
 

お金になる

 

書くことのメリットは主に2つあります。

 

まず1つ目は、当たり前ですがお金になるということです。

お金にならなければ。「副業」にもなりませんからね。

今回のテーマは副業でもあります。

趣味で日記を書くわけにはいきませんので。(笑)

 

今はクラウドソーシングなどがとても広がっています。

クラウドソーシングとは昔で言う内職のようなもので、web上でライターやホームページ作成、プログラミングなどの様々な仕事を受注したり発注することが出来ます。

仕事の内容は本当に様々な仕事があり、また働く場所や時間を選ばないので、新たな働き方として注目を浴びているサービスです。

 

そこで「書くこと」つまりライターとして副業をすることが出来るというわけです。

もちろんパソコンやスマホがあれば誰でも始めることが出来るので、最初の内は単価も安く大きく稼ぐということは難しいのが現実です。

ですが継続的に仕事を受注してこなしていくことで、単価が上がったり、単価の高い仕事を受注できるようになっていきます。

 

「書くこと」が出来ない人はいないはずです。

どんな人であれ、読書感想文くらいは書いたことがあるはずですから。

 

まずは簡単な仕事をこなしていきましょう。

最初は数十分かけて500文字くらい書いて、報酬は50円とかかもしれません。

ですが実績を貯めていけば、継続案件の獲得にもつながるかもしれませんよ。

 

書いてみると、意外と楽しいかもしれませんよ。

大人になると書くことって、実はほとんどないですからね。

書くことが苦でないのなら、ぜひ一度「書くこと」を初めて欲しいと思います。

 

 

発信力が身に付く

 

そして「書くこと」のお金以外のメリット。

それは「発信力」が身に付くということです。

 

これからは「遊びの時代」です。

ロボットや人工知能が私達の代わりに働いてくれます。

知ってますか?

2030には日本の49%の仕事はロボットや人工知能に代替が可能になっているんです。

 

それからは遊ばないといけません。

だって働こうにも仕事がありませんらね。

要は「遊ぶことが仕事になる」ということです。

 

遊ぶにしても自分ひとりで遊んでも面白くはないです。

同じ遊びを楽しめる仲間を集めなくてはいけません。

そこで必要になるのが、「発信力」であるということです。

 

これからは、個人でも企業などの団体でも、発信力を持つものが強い時代になっていきます。

発信力のある人こそが、本当に自分のやりたいことを出来る人になるかもしれません。

「文章」というのは、発信において非常に有力なツールなのですから。

 

書く仕事をしていると、書く能力がどんどん高まってきます。

それこそが、発信力を向上させる有力な方法なのです。

 

 

書くことを始めよう

 

これを見て、「なんか、書いてみようかなぁ」なんてことを思ってくれたのであれば、ぜひさっそく書くことを始めてほしいと思います。

「善は急げ」です。

忘れる前に行動してしまいましょう。

 

ライティングに特化したクラウドソーシングのサービスです。

中には、月間50万円以上稼いだことのある強者もいます。

まずは簡単な案件からスタートしましょう。

そして慣れたら積極的に、プラチナライターへの試験を受けていきましょう。

単価の高い仕事を受けられるようになり、あなたの発信力はより一層高まっていきます。

サグーワークスに登録するサグーワークス

 

 

最後に・・・

 

これからは個人でも、発信力を持つということを求められる時代なのかもしれません。

やはりやりたいことをやるには、それ相応の人や場所やお金が必要だったりします。

そこで発信力があれば、自分の考えに共感した人たちが集まってくれます。

 

それによって、人や場所や金の問題が徐々に解決していくいくのではないかと私は思います。

 

そして副業の大きな目当ては、やはりその「報酬」になります。

最初は稼ぎにならないかもしれません。

ですが書き続けることで実績になり、そこから信用度が増すというわけなのです。

 

ぜひこれから副業を考えている方、まずは「書くこと」を初めてみてはいかがでしょうか。

 

 

関連記事はこちらから!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog