イマキミ!

今君が立っている場所は、昔私が立っていた場所だ

スライダーにSFF。次に野球界で流行する変化球とは?

変化球の流行

f:id:ko-udon-sc50:20170303123142j:plain

ファッションや芸能人に流行があるように、野球界にも変化球の流行があります。

 

昔は最初に覚える変化球と言えば、まずは「カーブ」でした。

変化球と言えばカーブ。

 

フォークはひじに負担がかかるからダメだ、なんて時代も少し前まではありました。

どうも野球界は、すこし時代遅れのところがあるようです。

 

ところが今は、高校生でも実に多彩な変化球を投げ分けています。

チェンジアップに、フォーク。

ツーシームなんかも投げていますよね。

 

スポンサーリンク
 

今はスライダー

 

今はスライダーの時代です。

高校生もプロ野球もスライダーです。

 

一口にスライダーと言っても、変化の種類の豊富です。

縦のスライダー。

横のスライダー。

カーブに近いスライダー。

カットボールのような曲がりの小さなスライダーもあります。

 

スライダーはまず投げやすい変化球です。

カーブのような「抜き」も要りません。

使い手を選びません。

 

カウント球にも決め球にもなります。

流行るのが分かりますね。

 

 

SFFも再び

 

メジャーリーガーやプロ野球の選手の影響で、SFFも再び流行しています。

 

一時期流行ったのですが、肩や肘への負担なのであまり投げる投手はいなくなりました。

負担の少ない、ツーシームなどが流行り出したのもありますね。

メジャーでは日本以上に、「肩は消耗品」ですから。

 

ピッチングマシンや道具の進歩で、昔以上に「打者有利」になりつつあります。

三振の取れる球種は必要性があるわけです。

 

そこで、フォークよりは浅く挟む、SFFが再び投げ始められています。

 

 

そして次に流行するのは?

 

これから流行る変化球。

 

それは「シンカー」だと私は思います。

 

比較的球速の早いシンカーです。

いわゆるパワーシンカーってやつです。

 

ツーシームの流行に合わせて、シンカーにも注目が集まるでしょう。

決め球にもなるし、カウント球にも使える球種です。

 

イメージとしては横浜の山崎選手なんかが、球速も早くて大きく落ちるシンカー(本人はツーシームと言ってますね)を投げています。

 

 

最後に・・・

 

時代と共に変化球にも流行があります。

最近は、縦に落ちるカーブも注目されていますね。

 

昔のヤクルトの伊藤投手のような、思いっきり曲がる高速スライダーとか、また投げる投手出てこないですかね。

それかオリックスの星野投手のようなスローカーブとかね。

 

どうも変化球の話をすると、世代がばれてしまうようです。(笑)

 

こちらの記事もどうぞ!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog