イマキミ!

今君が立っている場所は、昔私が立っていた場所だ

日常が退屈?それはあなたが変化をしていないからだ。

相変わらずはつまらない

f:id:ko-udon-sc50:20170502101303p:plain

どうして人は、「つまらない日常」を選んでしまうのでしょうか。

 

心の片隅では、「このままだとつまらない」と感じていながらも、気が付いた時にはいつもの相変わらずの日常を選んでしまうのでしょうか。

 

私はそもそも人というのは、変化を嫌う生き物なんだと思います。

生き物には「種の保存」の本能があります。

今の生活でも「普通に生きていける」ということであれば、そこから大きな変化を嫌うのは当然のことなのかもしれませんね。

 

私は「相変わらず」や「いつもと同じ」というのは、つまらないと思います。

変化があるからこそ、毎日は面白くなるのではないでしょうか。

 

日常がつまらないと感じるのであれば、私はそのつまらない日常に向き合って、少しずつでも日常を変えていきたいと思います。

 

スポンサーリンク
 

つまらない日常を認める

 

まずは自分が日常に対して、「つまらない」と感じていることを認めていきまししょう。

これが初めの第一歩です。

 

もしもあなたが、「つまらない仕事」や「つまらない家」、「つまらない人間関係」の中で毎日を過ごしているのであれば、それを現実として受け止めましょう。

 

意外とこれが出来ないものです。

今の自分を否定する」ことになりますからね。

 

仕事終わりに寄り道してお金を使ってストレス発散。

こうなってきたらもう黄色信号ですよ。

 

さっさと「自分は今の日常につまらないと感じている」と認めてしまいましょう。

そうしないと永遠つまらない場所にいることになってしまいます。

 

 

変化を起こす

 

つまらない日常を認めたら、そこから少しずつでも変化を起こしていきましょう。

 

毎日の通勤や通学のルートを変えましょう。

いつもと違うお店でランチを食べましょう。

今まで話したことのない人と話してみましょう。

 

いきなり「転職する」とか「引っ越しする」というのは中々難しいものです。

大きな勇気も必要になりますし、悩んだあげく動けなくなってしまってはいけません。

 

変化」というのもスポーツや勉強と同じで慣れが重要です。

まずは小さな変化を起こすことに慣れていって、そして大きな変化を起こすようにすればいいのです。

 

小さな一歩でもいいのです。

一歩でなくても、別に半歩でもいい。

まずは今の場所より少しでも前に踏み出さないと、結局何も変化は起きません。

 

 

変化を起こすのに必要なこと

 

変化を起こすのにたったひとつ必要なことがあります。

 

それは「勇気」です。

 

勇気があるから前に踏み出せるのです。

 

ではその勇気を持つためにはどうしたらいいのか。

私は「自分は自分でいい」という自分自身への安心感、そして「自分なら大丈夫だ」という根拠のない自信が必要だと思います。

 

他人の生き方と比べる必要はありません。

自分の生き方で生きればいいのです。

そしてそこに根拠のない自信を持って、自分の進みたい方向へ進んで行けばいいのだと思います。

 

世間体や常識とは、他人の生き方を平均化したようなものだと私は思っています。

それはどこまでいっても「他人の生き方」であって、「自分の生き方」になるということは決してあり得ないことなのです。

 

 

あなたがもし今「日常がつまらない」と感じているのであれば、それは「自分の生き方」ではなく「他人の生き方」をしているからなのです。

 

自分の胸に確かな勇気とワクワクを持って、自分の人生を歩いて行きましょう。

 

イマキミ!

こちらの記事もよく読まれています!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog