イマキミ!

カップラーメン食べながらゲームしてます。車とテーマパークが好き!

一つの会社に長く居過ぎることのリスクである。私がそう考える理由について。

変わらないことへのリスク

f:id:ko-udon-sc50:20170509134218j:plain

私が最近考えることで、「一つの会社で長く働くことはリスクである」というものがあります。

 

ずっと同じ会社で10年20年と働いていくということ、そしてその会社以外での勤務経験があまりないということはリスクであると思います。

 

人は環境には勝てません。

長く働くことがリスクにならないように、自分の環境を自分を選択することも必要です。

 

今回は私が考える、「一つの会社に長く働くことはリスクである」という理由について書いていきます。

 

 

常識や文化の固定

 

一つの会社で長く働くと、自分の常識や企業文化がその会社だけで固定されてきます。

そしてそれが「普通」だと感じるようになってきます。

 

ただあくまで会社の中での常識は、その会社の中での常識に過ぎません。

それが普通ということではありません。

 

一つの会社だけで長く働いていると、ここにどうしても気付けなくなってしまいます。

 

そこの会社だけでずっと働けたらいいのでしょうがね。

中々そうは上手くいかない人の方が多いでしょう。

 

スポンサーリンク
 

人間関係の固定

 

人間関係も固定されていきます。

 

同じ同僚。

同じ上司。

同じ部下。

 

人間関係を固定させ過ぎてしまうと、新しい人間関係を作ることにどうも億劫になってしまう人が多いと感じます。

 

一生その人間関係の中だけで生きていくのですか?

それが本当に幸せですか?

心の底から求めていることですか?

 

新たな人間関係には不安は必ずついてきます。

 

これも訓練です。

慣れていきましょう。

 

自分と合う人は必ずいます。

自分と合わない人も必ずいます。

 

肌でこれを感じていきましょう。

これからの人生のあと何十年、今の人間関係だけで終わることはあり得ないのですから。

 

 

仕事の固定

 

当然ですが、一つの会社で長く働くことで、仕事も一つに固定化されていきます。

するとどうなるのか。

 

仕事自体は慣れて上手く出来るようになっていくでしょう。

ただそれと同時に、「その会社の中では仕事が出来る人」になってしまいます。

 

よほど好き勝手させてくれたり、独立出来るようなスキルの身に付く仕事なら別だと思いますが。

大半の場合、会社の仕事はその会社の中での仕事です。

似たような仕事をする会社はありますが、社内の作業をこなしたところで自分のスキルには変換できないと感じます。

 

何より単純に飽きるでしょう?

同じこと何年も何年もやってたら、私なら飽きてきます。

飽きる自信しかないです。

 

仕事が固定化されてしまうことで、結果的に自分自身の幅を狭めてしまうのではないかと思います。

 

 

最後に・・・

 

中にはずっと同じ会社に働いていても、広い価値観や自分の考えを持っている人もいます。

そういう人は一緒に働いて面白いし、何よりカッコいいです。

そういう人はあまり出世はしないんですけどね。(笑)

 

そういう先輩に憧れて入社したのが、一番最初の会社でしたね。

 

考え方や人間関係が固定されてしまうのは、いざ倒産やリストラなどで変化しざるを得ない状況になった時、必要以上に不安を感じてしまったりする原因にもなると思います。

 

一つの会社に長く働く場合でも、常に考え方を広く持って、「当たり前」で済まさずに色々なことに疑いの目を持ってみることも必要なのではないでしょうか。

 

イマキミ!

関連記事はこちらから!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog