エンタメの宇宙を旅しよう

カップラーメン食べながらゲームしてます。車とテーマパークが好き!

自分の強みも分からないまま働いている人は、絶対に損をしている。

自分の強み

f:id:ko-udon-sc50:20170512145449p:plain

自分の強みってなんだろう

あなたは自分の強みについて考えたことはありますか?

 

そういやそんなこと大学の就活の時以来考えたこともないなぁ

こう感じる人も多いのではないかと思います。

 

平日は仕事をして、たまの休日は遊んだりゆっくり休んだり。

大人になると、時間というものは驚くほど速く過ぎていきます。

 

ついこないだ就職したと思ったら、気が付いたら四捨五入したら30って言われる歳になった

もうほんとこんな感じですよね。

 

 

今を疑うことから始める

 

何となく毎日を過ごしていると、時間はあっという間に過ぎていきます。

 

自分なんてこんなもん

そう勝手に決めつけてしまっている人も多いと思います。

 

でも本当にそれでいいのでしょうか。

今の自分は幸せだと心から言えますか。

 

まずは今の自分を疑うことから始めましょう。

 

今いる場所が、本当に自分がそこにいたいと思える場所なのか。

自分の心の声に耳を傾けてみましょう。

 

まずはここからスタートです。

 

スポンサーリンク
 

違和感を感じるのは向いていないから

 

今の自分の毎日に違和感を感じる方。

心の声に耳を傾けた結果、今の自分は本当の自分では無いと感じた方。

 

その違和感の正体は、「自分に向いていないことをしているから」です。

要は適性ってやつです。

 

人間って万能ではないのですよ。

当たり前のことなんですけどね。

 

向いていることと向いていないことが、同時に存在するのが人間です。

 

あなたはその中でも、「自分に向いていないこと」を選択してしまっているのです。

 

そしてその間違った選択に今まで気付いてこなかった。

それが今の自分への違和感の正体なのです。

 

 

自分の強みに気付くには

 

とは言っても、「自分に向いていることって分からない」こう思う人がほとんどだと思います。

それもそうでしょう。

自分のことって、案外自分じゃ分からないものです。

 

自分で自分のことを分かろうとするためには、しばらく訓練が必要だと私は思います。

だって「みんなと一緒!!」なんて言われながら、私達は教育されてきたんですから。

 

みんなと同じように学校に行って、みんなと同じように就職する。

それが「世の中の普通」だと教えられてきたのですから。

 

「ナンバー1でなくても、オンリー1でいい」

こんなことは口先ばっかりの言葉であって、本当のオンリー1になるためには孤独という名の荒波を超えていかなければいけません。

 

自分で自分は分からない。

自分で自分を知るためには、ある程度の訓練とその訓練にかかる時間が必要です。

(ある程度がどの程度になるかは、それは人それぞれ)

 

だったらどうしたらいいのか。

方法は一つ。

客観的に自分を判断する」という方法です。

 

自分の強み診断、一度は受けてみませんか?

受けるだけの価値はあります。

入力などで20分くらいの時間はかかりますが、自分を知るための訓練と比べたら楽勝でしょ?(笑)

 

強み診断はこちらからリクナビネクストでグッドポイント診断を受ける

 

強み診断をした後は、ついでに経歴なども書いておいて、「あわよくばスカウトメールでも」というマインドでいればいいと思います。

 

 

最後に・・・

 

自分の強みって、実は昔(子供の頃)から自然とやっていることだったりします。

ただ大人になるにつれ、そこに常識という名の霧がかかって見えにくくなってしまうのです。

 

自分で見つけられない人は、外からさっさと見つけてもらいましょう。

ずっと悩んでいても、ずっと見つからないままですよ。

 

悩む」というところに、実は答えは存在しないのです。

 

行動

ここに答えがあるのです。

 

自分の強みも分からないまま、違和感と共に働いているあなたが取れる選択肢は二つです。

 

・一生このまま「悩む

・自分で探すなり客観的に探すなりの「行動

 

お好きな方をどうぞ。

 

イマキミ!

関連記事はこちらから!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

 

www.kudn-sc50.blog