イマキミ!

今君が立っている場所は、昔私が立っていた場所だ

長年フリーターをすることのデメリットを、27歳フリーターが教えます。

フリーターのデメリット

f:id:ko-udon-sc50:20170519180040j:plain

こんにちは。

フリーターブロガーのこうどんです。

 

私は今フリーターとして活動(主に時間給での労働)を行いながら、ブログを書いています。

フリーター歴は今年の夏でそろそろ3年ですね。

まぁもちろん上には上がいますが、そろそろフリーターも長くなってきた方ではないでしょうか。

 

長くフリーターをする中で、色々とデメリットを感じることもあります。

やはり世間的に見て、フリーターは所詮フリーターだ、ということを肌で感じてきました。

 

今回はそのフリーターとして活動していく中で、私が感じたデメリットを書いていきます。

これからフリーターとして活動していこうと思う方は、ぜひ参考にしてください!

 

 

人間関係のデメリット

 

まずは人間関係についてです。

 

若い人であれば、親が「就職しなさい!」みたいに言ってくる人もいることだと思います。

幸いなことに(?)、私の両親は家にお金さえ入れていれば、基本的に何やってもいいという考えの方なので、非常にありがたくフリーターとしての活動をさせて頂いています。

 

他にも友人関係も、どうしても同じようにフリーターをしている友人が多くなります。

もしかしたら、恋人関係にも影響のある方もいるかもしれません。

「フリーターとは一緒にいれない!」

みたいなね。(笑)

 

まぁ友人関係なんて自由ですから。

色眼鏡で見る人と無理に仲良くする必要もないですしね。

 

ただ中には肩書を見る人もいるのは事実ですし、それをするのも個人の自由ですから、フリーターだと世間的に見られるのは自分の選択の結果だと自覚しましょう。

 

 

お金のデメリット

 

次はお金の問題です。

 

稼ぐ額は、会社員の人よりは少なくなるのが一般的ではないでしょうか。

ボーナスもないですしね。

 

掛け持ちなどで多く稼いでいる人もいますが、昼間も夜中も休み無く働いたりしていますので、中々長くその状態をキープするのはしんどいと思います。

 

貯金などはどうしても増えにくいです。

実家で全然お金を使わない人は増えるでしょうが。

 

色々と副業とかをするべきだと私は思います。

私はこうやってブログを書いています。

稼げませんがっ!!(笑)

 

スポンサーリンク
 

仕事のデメリット

 

次は仕事の問題です。

 

バイトとして働くので、周りもバイトだという環境が多いですよね。

例えば私は27歳ですが、高校生や大学生のバイトの子とも普通に一緒に働きます。

 

もしかしたら嫌な人は嫌かもしれません。

私は若い人と働く方が楽しいので、むしろ好きですけど。

(ほんと若いって才能ですね!みんな眩しい!)

普通にフリーターだということを、みんなイジってきます。

(むしろありがとう笑)

 

あとはいざ就職しようとした時、やはりフリーター歴が長いと不利だと感じます。

私は以前は社員でフリーターになったタイプなので、いわゆる「空白期間」を面接等で色々と突っ込まれます。

他にも退職理由もですね。

 

この辺はトレードオフだと思います。

その人が仕事に対して何を上位に求めるのか、ということでしょう。

 

 

まとめ

 

以上が長年フリーターを続ける事によるデメリットでした。

 

私は定期的に就職活動をしていますので、いつもその時に強くデメリットを感じています。

ただ全て自分が選んできた道ですから。

自分の人生を生きていくしかないです。

 

別にフリーターだろうが会社員だろうが、自分の好きなことをして自分の生き方をしている人は、肩書に関係なくカッコイイです。

 

自分が好きでフリーターをしている人はそれでいいでしょう。

就職を目指したいと思う人は、ダラダラとフリーターを続けないでさっさと就活しましょう。

 

自分の足で、自分の人生を歩くのです

 

イマキミ!

関連記事はこちらから!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog 

www.kudn-sc50.blog