エンタメの宇宙を旅しよう

カップラーメン食べながらゲームしてます。車とテーマパークが好き!

夏のテーマパークや遊園地で有効な熱中症対策を紹介します!

熱中症対策

f:id:ko-udon-sc50:20170522224319p:plain

夏と言えば、テーマパークや遊園地といった定番のレジャーはもちろん、海やプール、キャンプやBBQといったアウトドアなど、様々な種類のレジャーを楽しむことが出来ます。

学生の方は夏休み、社会人の方もお盆休みがあり(無い方もいるでしょうが)、まとまった休みも取りやすい時期ですよね。

 

そんな楽しい夏のレジャーの大敵と言えば、熱中症です。

夏の暑さを甘く見てはいけません。

誰でも熱中症になる可能性はありますからね。

 

せっかくのお出掛けです。

楽しい思い出で終わらせたいですからね。

 

今年の夏はしっかりと熱中症対策をして、誰よりも暑い夏にしましょう!

 

 

水分補給

 

何よりもまずは水分補給です。

 

暑さによって汗で大量の水分を失います。

失った以上の水分の補給をしましょう。

 

塩分も取った方がいいと言われていますが、塩分を取り過ぎると逆に喉も乾きますので、塩分は控えめ(適量)にしましょう。

 

時間ごとに補給すると決めてしまうのがいいです。

20分経ったらコップ1杯分飲む、なんて自分でルールにしてしまいましょう。

 

摂取した水分は吸収されるまでに20分ほどかかると言われています。

喉が渇いてからでは遅いのです。

水分補給は忘れないようにしましょう。

 

 

直射日光を避ける

 

次になるべく直射日光を避けるように気を付けましょう。

 

中々屋外などでは難しいこともありますが、日影があるなら日陰に入りましょう。

帽子があるなら帽子をかぶりましょう。

 

日傘はTPOを考えて使用しましょう。(人の中で広げると危ないです)

 

 

日焼け対策も

スポンサーリンク
 

 

日焼け対策も重要です。

日焼けをすることで意外と体力を消費しています。

 

直射日光によるダメージもあります。

普段日焼けをされない方だと、肌が真っ赤っかになります。

お風呂とかも辛いですからね。

 

日焼けしてすぐは痛みも感じません。

赤くはなりますけどね。

後から痛い目に合います。(笑)

 

日焼け止めを塗ったり、肌の露出を減らす格好をしたり、なるべく直射日光に当たらないところにいるようにしましょう。

 

 

疲れる前に休憩

 

最後に定期的に休息をとるようにしましょう。

 

水分と同じです。

なるべく「疲れたな」、と感じる前に休憩するようにするのが理想ですね。

 

出掛け先で気分が高揚していると、アドレナリンの効果で疲れを感じにくくなります。

疲れたと自分では感じていなくても、時々は休憩して、水分を取ったり軽食を食べたりするうようにしましょう。

 

 

最後に・・・

 

以上が夏のテーマパークや遊園地で有効な熱中症対策になります。

 

レジャーだけでなく、夏の普段の生活でも使えることだと思います。

今年の夏は体調に気を付けて過ごしましょう。

 

ほんと誰にでもなる可能性ありますからね。

若くても、体力があっても、熱中症になる時はなります。

誰にでも危険性はあると思ってください。

 

熱中症はじめ、体調には気を付けて、楽しい夏の思い出を作ってください!

 

イマキミ!

関連記事はこちらから! 

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog