イマキミ!

カップラーメン食べながらゲームしてます。車とテーマパークが好き!

「フリーターは幸せ?」幸せの基準は他人ではなく自分。

フリーターは幸せなのか?

f:id:ko-udon-sc50:20170523151248j:plain

こんにちは。

フリーターブロガーのこうどんです。

 

フリーターは幸せなのか?

一度は目にしたことのある問いではないでしょうか。

 

フリーターの私自身、直接この問いを受けたことはありません。

ですが世間的に考えてみると、こういった疑問を持つ人も一定数いるのだろうなぁと思います。

 

今回のテーマは、「フリーターは幸せ?」という問いに、私なりに答えることです。

単純に疑問に思う方も、理由があってこれからフリーターになる予定だから知りたいという方も、村人A的な感じで多くいるフリーターの1人の意見として参考にしてください。

 

 

なぜ幸せではないと思われる?

 

まずなぜフリーターは幸せかと問われるのでしょうか。

問われるということは、幸せでは無いと思われているということですからね。

 

一番はフリーターという立場の不安定さでしょうね。

派遣切りという言葉が存在するように、アルバイトなどの非正規雇用は正規雇用に対する立場として、不安定の象徴になっています。

 

他にもボーナスが無かったり、退職金が無かったり、風邪で休むと時給は発生しなかったり、生涯賃金のことを言われたり・・・。

どうも「フリーターは幸せか?」という問いの裏には、「(フリーターの待遇で)幸せか?」というワードが隠れている様に思います。

 

 

他人では無く理想の自分と比較する

 

私は、フリーターだから幸せじゃないとか、正社員だから幸せだと思ってはいません。

私自身両方の立場を経験したことがあります。

その経験から言うと、「自分が幸せだと感じることの要因に雇用形態は関係ない」と思っています。

 

雇用形態は関係ないですが、もちろん生活に必要なお金は関係があります。

ただそれはアルバイトでも、なんか自分でやって稼いででも、なんでもいいと思います。

もちろん会社員で稼いでもいい。

要は自分が幸せだと感じる為に、必要な分のお金があればいいのです。

 

必要なお金がある」ということが目的です。

会社員やバイトといった雇用形態は、「そのための手段」でしかありません。

これを忘れてはいけません。

 

「会社員であること」を目的にしてしまうと、どうしても他人と自分を比較してしまうことになります。

「フリーターの自分はダメな奴だ」なんて劣等感に悩むことになってしまいます。

 

比べるのは他人では無く、自分の中の理想の自分と比較しましょう。

 

スポンサーリンク
 

肩書が幸せを作るのではない

 

長くなりましたが、「フリーターは幸せ?」の問いの答えです。

 

私は「今は幸せ」です。

 

ですが、そこにフリーターかどうかは一切関係していません。

以前社員で働いていた時、「あんまり幸せじゃないなー」と感じていた時期もあります。

 

「フリーターだから幸せじゃない」と感じる人は、きっとフリーターの自分を嫌っているのではないでしょうか。

フリーターだから恥ずかしい

本当は就職したい

こう思っているにも関わらず、自分に嘘をついてフリーターを続けているからだと思います。

 

自分がフリーターなのか正社員なのかという肩書では無く、自分の目指すところに向かって自分の意志でフリーターをしているかどうかではないでしょうか。

 

 

まとめ

 

「フリーターは幸せ?」

ここで幸せでは無いと答える人は、おそらく自分の為にフリーターをしているわけではないのでしょう。

 

雇用形態では無く、自分のやりたいことを優先させた結果フリーターになったという人は、「幸せだ」と答えると思います。

ただこの「幸せだ」の中には、「フリーターだから」という意味合いは含まれてはいないはずです。

 

周りからどう見られてるかとか、周りからどう思われるかではなく、「自分がどう思うか」という基準で生きている人は、フリーターだろうが無職だろうが「幸せだ」と答えるのだと私は思います。

 

イマキミ!

関連記事はこちらから!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog