イマキミ!

今君が立っている場所は、昔私が立っていた場所だ

失敗と成功。この二つの経験が人生に迷った時の道しるべになる。

失敗と成功、二つの経験

f:id:ko-udon-sc50:20170525122559j:plain

生きていると、迷うことって多くありますよね。

私も日々迷いの連続の中で生きています。

 

自分が迷うのももちろんですが、友達などの迷いの話を聞くことも多くあります。

平成元年生まれの27歳です。

仕事の悩みや(主に転職系)、結婚の悩みなど、ちょうど色々と出てくる年頃だなぁと感じています。

 

ここで私が思うことがあります。

 

悩むのはみんな悩むんです。

まぁ結婚は別に興味の無い人もいますので、意見の分かれるところですが。

 

ただ仕事の事なんかは、みんな大体同じように悩んでいます。

 

「ほんまは転職したいねんで」

「やりたくてサラリーマンやってるわけじゃないよ」

同級生と話をして、何度このセリフを聞いたことか。(笑)

 

ただそこから実際に、環境を変えようとして動き出す人は、あまりいないように感じます。

 

そこで私なりに思うことがあります。

実際に動くかどうかは、今まで生きてきた中での、失敗や成功の経験が関係しているのではないかということです。

 

今回のテーマは、「失敗と成功の経験」です。

人生の岐路に立った時、この二つの経験が役に立つのではないかと思います。

 

 

失敗の経験

スポンサーリンク
 

 

失敗の経験って、ほんとに役に立ちますよね。

失敗の経験って言うか、「なぜ失敗したのか」という原因と、「失敗した後どうしたか」というリカバリー(対策)の経験が役に立つと感じています。

 

ただ単に、「失敗しましたー。へへっ笑」で済ましている人は、あんまり経験を役立ててはいないと思います。

それでも行動力があれば上手くいくこともあるのが、人生の面白いところですね!

 

分かりやすくするために、ここまで失敗と書いていますが、私はもともと「失敗なんて無い!」と考えています。

「失敗」では無くて、「成功しない方法」が分かった、という捉え方をしています。

 

このやり方では自分は上手くいかない

これが分かったなら、失敗ではないですよね。

 

次は改善したやり方で挑戦してもいい、全く違うやり方を新たに試してもいい、戦う畑を変えてもいい。

 

こうやって色々と新たなチャレンジにつなげることが出来ます。

全然失敗では無いですよね。

むしろ少しずつ成功に近づいています。

 

 

成功の経験

 

次に成功の体験についてです。

 

成功の体験は、最終的に「まぁ何とかなるだろう」という考えを、自分に与えてくれると思います。

 

「あの時も最終的に何とかなったから、今回も大丈夫だろう」

こういった楽観的な考え方が、自分の行動力の背中を押してくれると思います。

 

行動して上手くいかなかった時にも、自分の中の目安として役に立ちます。

 

あの時も1年くらいは時間がかかったんだから

今は下手だけど、これなら半年もあれば慣れるな

こうやって考える事が出来るだけで、余計な心配をすることも無くなります。

 

小さなことでもいいのです。

例えば、「今まで細かい作業は苦手だったけど、ジグソーパズルを全部自分の力で完成させた」とか。

「初めて他人に手料理を作った」なんてのも成功体験になりますよね。

 

きっと忘れているだけで、本来誰にでもあるものなんだと思います。

友達と喧嘩して仲直りしたり、高校受験や大学受験があったり、部活動やアルバイトの経験だったり、誰にでも何かしらあるはずです。

忘れていたり、こんなもん役に立たないと思っているだけでね。

 

 

迷った時の道しるべ

 

生きていると迷うことだらけです。

 

私も毎日迷っています。

今日も迷っています。

「天気悪いけど日課のランニングどうしようかなー」って。(行けよ笑)

 

今までの失敗であったり、成功であったり。

生きている中で感じたことが、迷った時の自分の背中を押してくれるのでは無いでしょうか。

 

もしも今までを振り返ってみて、こういった経験があまり無いなぁと感じるあなた!

そいう時は、「とにかく飛び出せ!」というのが、私の持論であります。

 

経験が無いなら作ればいいでしょう。

 

飛び出してしまえば、意外と上手くいくこともありますよ。

もちろん上手くいかないこともあるでしょう。

 

でもそれは失敗であって、失敗で無いようなことなのです。

 

間違いなく次のチャレンジの時には、成功へと近づいているのですから。

 

イマキミ!

関連記事はこちらから! 

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog