エンタメの宇宙を旅しよう

カップラーメン食べながらゲームしてます。車とテーマパークが好き!

「好きこそ物の上手なれ」上手になるには好きが必要!

好きこそ物の上手なれ

f:id:ko-udon-sc50:20170603231546j:plain

こうどんです。

 

好きこそ物の上手なれ

一度は聞いたことがあると思います。

意味は、「好きことであるほど熱心に取り組むので上達も早い」といった意味があります。

 

私は正にその通りだと思います。

好きで熱中してやっている人は、苦労を苦労と思いません。

なんせ好きでやってるだけですからね。

 

今回はこのことわざがテーマです。

好きなことほど上達も早い。

つまり意味を返せば、「上手くなりたければ好きなことをしよう」ということですね。

 

 

好きなことをしないのは損

 

当たり前ですが、好きなことをしないのは、圧倒的に損しています。

だって好きなことは、あなたが上達するのが早い分野なのですよ。

 

好きなことが今すでにあるのに、でもそれを出来ていない。

こんな人も結構多いと思います。

色々と事情もあるでしょう。

仕事を辞めなければ出来ないこともあるでしょうし、生活や家族がありますからね。

 

ただ「手段」は他にもあるはずです。

 

仕事を辞めて好きなことに取り組む、ということが現実的に厳しくても、好きなことについてSNSなりブログなりで熱く語ることは出来るはずです。

そうすることで仲間が増えるかもしれません。

共感する人が増えるかもしれません。

もしかしたら収益的なことも生まれるかもしれません。

 

こうやって、好きなことに取り組む手段もあるでしょう。

 

色々なことが出来る」という時代に生きているメリットを、最大限に活用しましょう。

 

スポンサーリンク
 

停滞期(プラトー)

 

ただ気を付けるべきこともあります。

気を付けると同時に知っていてもらいたいことです。

 

好きなことですので、やればやるだけ上達していきます。

自分でも成長が分かるくらい、どんどん上手くなっていきます。

ここの段階は楽しいんです。

 

ですがある時、その上達が止まることがあります。

いわゆる停滞期というやつです。

(プラトーと呼ぶこともあります)

 

技術の上達をグラフに表すと、綺麗な右肩上がりではないことも多いです。

上昇と停滞を繰り返しながら、段々と結果的に上達していきます。

 

絵で見るとこんな感じです。

f:id:ko-udon-sc50:20170603230555p:plain

この停滞期は、今まで順調に上達してきていたものが、急に上手くできなくなったりします。

このタイミングで諦めてしまう人も多いです。

やっぱり伸び悩む時期はしんどいですからね。

 

休養を入れたり、練習方法を変えたり、気分転換になることを取り入れたり、停滞期の対応方法も色々とあります。

ですが一番大事なのは、続けること。

つまりは「継続」です。

 

つらければ習得のペースを落としても構いません。

自分のペースでコツコツでもいいのです。

継続さえすれば、必ずまた技術が伸びだす瞬間がやってきます。

それを信じて継続しましょう。

 

 

したくないことをしない勇気

 

好きなことをすると同時に、したくないことをしない勇気も必要になります。

 

いくら好きなことをしていても、やりたくないことをやって精神的に削られていては、好きなことにもあまり熱中出来ません。

余計な心配は、しないに越したことはありませんからね。

 

これは勇気が必要になります。

したくないことに、NOと言う勇気です。

 

仕事を変える

住む場所を変える

人間関係を変える

 

極端に言うと、これだけの勇気が必要になります。

 

ハードルは高いですね。(笑)

 

ただもしあなたがこの勇気を手に入れたなら、「したくないことをしないくらい朝飯前」になっていることでしょう。

 

 

最後に・・・

 

 

今回は有名なことわざ(?)に対して、私の考えを書かせてもらいました。

 

「好きなことをする」

 

シンプルでありきたりの様に見えますが、これから先の時代で実はキーワードになるのではと、私は勝手に目をつけています。

答え合わせは、まぁあと10年後くらいですかね。(笑)

 

好きなことをしましょう。

したくないことはしないようにしましょう。

 

そうやって、自分の人生を生きていくのです。

 

イマキミ!

関連記事はこちらから! 

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog