エンタメの宇宙を旅しよう

カップラーメン食べながらゲームしてます。車とテーマパークが好き!

仕事の向き不向きには勝てないから。次に進む勇気を持とう。

向いていない仕事

f:id:ko-udon-sc50:20170609113359j:plain

こんにちは。

こうどんです。

 

今回は仕事の話です。

 

あなたは今、自分に向いている仕事をしていますか?

 

「いや、あんまり向いていないなー」

「本当は仕事を変えたいんだ」

こう思いながら働いている人は、実はけっこう多いのです。

 

私も少し前までそうでした。

ただ我慢も限界でしたね。

ある日の夜、車を運転していたら急に泣いていましたから。(笑)

「あー、自分でも病むんだなー。」って思いましたね。

 

今はもうその仕事は辞めて、当時よりは穏やかな精神状態で過ごしています。

(ただお金の心配が・・・笑)

 

スポンサーリンク
 

向かない仕事は絶対ある

 

今自分の仕事が向いていないと感じている人に伝えたいことは、向いていない仕事は絶対ある、ということです。

 

恋愛と似たようなもので、違う職場ではまた違った評価を受けるものです。

仕事との相性の問題であって、自分の能力を過小評価したりしないでほしいです。

 

向ていないものは向いていない、こう割り切ることも必要なことです。

向いていないことにしがみついていても、あまり良いことは無いです。

私の経験上ではね。

 

「慣れる」ことはあっても、「向くようになる」なるということはないでしょう。

 

向き不向きとか、才能とかは、「年齢に関係なく片りんは表れる」ってのが私の持論です。

向いていることなら「気が付いたらハマってる」はずです。

いつまでたってもハマれないものは、それは向いてないことですよ。

 

 

向いてる仕事も絶対ある

 

向いていない仕事があるように、向いている仕事も絶対あります。

 

探しましょう。

これは探すしかないです。

 

そこで探す時の注意点です。

自分の中の経験にないところから見つけるのは、まぁ難しいことだと思います。

百聞は一見に如かず、ってことですね。

 

机上の空論では見つからないことなのです。

自分で探すことが必要になると感じます。

 

 

外に目を向ける勇気

 

そこで必要になるのは、外に目を向ける勇気です。

 

具体的に言えば、「環境を変える勇気」ということですね。

自分の環境を自分で変えていきましょう。

 

この勇気がある人は強いです。

同じ環境にずっといても、見える景色はずっと同じですから。

 

「向いていない仕事はいつまで経っても向いていない仕事」です。

そこに自分の人生の貴重な時間を、不本意に消費していいのでしょうか。

 

どこかで踏ん切りをつけてもいいでしょうね。

 

まぁとは言っても、生活や事情もそれぞれあるでしょう。

この辺はトレードオフですね。

・環境を変える必要は無いけど、向いていない仕事を我慢して続ける

・環境を変える必要はあるけれど、向いている仕事を探す

 

あなたはどちらを選びますか?

 

イマキミ!

こちらの記事もどうぞ!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog