イマキミ!

今君が立っている場所は、昔私が立っていた場所だ

【あらすじ】キングダム41巻!黒羊の戦いが始まる!桓騎との合流はいかに!

キングダム41巻のあらすじと感想!

 

こんにちは!こうどんです!

 

今回はキングダム41巻のあらすじと感想です。

前巻40巻にて、長年続いた政と呂不韋の争いは終了しました。

ここからは本格的に秦が中華統一を目指していく時代になります。

まず狙うのは、趙西部の黒羊になります。

飛信隊はなんと桓騎軍との合同で、樹海の広がる難しい地域を攻めることになりました。

飛信隊と桓騎軍の合同での戦いは、果たして上手くいくのでしょうか!

 

スポンサーリンク
 

キングダム41巻のあらすじ

 

場面は咸陽。

呂不韋が仕組んだアイ国の反乱を鎮めた政は、咸陽の街を見下ろす建物の上で信と話していました。

「呂不韋という倒した敵はとても大きかった」、また「これからは本格的に秦が中華統一を目指す時代になる」ということです。

中華統一を目指すためには秦の国力を総動員せねばなりません。

そこで政と軍総司令昌平君が試算した、秦の国が最大限の国力をキープ出来る限界が「15年」という数字であり、言い換えればこれから15年以内に秦は中華の統一を目指すということでした。

「それは無茶だ」と言う信に対して、政は「これから国庫を開いて軍を倍に強化する」と話します。

また「ゆくゆくは秦の6大将軍が復活する」と言い、信に対して「必ずその一席をつかみ取れ!」と話す政でした。

 

とある戦場のにて信と蒙恬、王ホンの3人が6大将軍の復活について話しています。

「蒙武と騰は確定。次に有力なのは王センと桓騎。残る2席に対して自分たちは3人いる。」

自分たちの他にも名前の通る武将は多くいる、うかうかはしていられない、まずは将軍にならないと、ということを話していました。

 

その後信達は魏の「エン氏」という城を落とした軍の応援に行きます。

そこには山の民の軍団の姿がありました。

楊端和という6大将軍に近い存在がもう1人表れて、決意を新たにする信でありました。

 

場面は変わって楚の国の話になります。

春申君が李園という人物によって討たれたのであります。

楚王の考烈王も先日亡くなっており、王と朝廷のまとめ役の2人を同時に失った楚は、一気に国家のピンチに陥っていました。

そこに呼び出されたのは将軍のカ燐で、呼び出したのは李園本人でした。

話の中で李園の尋常でない覚悟を聞いたカ燐は、李園と共に楚の丞相になったのでありました。

戦いの天才が丞相になったということで、楚への警戒を強める昌平君らでありました。

 

飛信隊に伝達が来ます。

「桓騎軍に合流して、趙の黒羊を攻めろ」ということでした。

見方とは言え少々警戒しながら桓騎へ会いに行く信。

そこで桓騎と出会った信は、反射的に剣を抜いてしまい、言葉には出来ない「桓騎への拒絶」を感じたのでありました。

 

出陣前に桓騎軍の動きを理解するために隊の入れ替えが行われました。

飛信隊には桓騎の側近の那貴が加わり、桓騎軍には古参の尾平らが行きました。

そして場面は黒羊の先の趙の離眼城です。

離眼城城主の紀彗らは出陣の準備をしていました。

そこに来たのは今回の戦いの総大将である慶舎です。

慶舎は紀彗に対して何か感じるものがあるようで、「私と同じ匂いがする」と話し、副将を任したのでありました。

 

桓騎軍本陣で戦略について話す飛信隊と桓騎軍の面々。

樹海である黒羊には攻める城は無く、代わりに5つの丘がありました。

今回はこの丘の占拠が勝利への道だと話します。

敵も同じことを考えてくるため、早いもの勝ちだと出陣を急ぐ信に「失敗したらたたじゃすまないぞ」と声をかける桓騎でした。

 

持ち場である樹海の右側を進行する飛信隊。

いきなり待ち伏せの敵に遭遇しました。

その後も敵に翻弄され苦戦を余儀なくされます。

また斥候に出ていたキョウカイらは、樹海の中に集落を発見するのでありました。

 

飛信隊の苦戦を見た桓騎は、飛信隊の反対側の樹海の左側に桓騎軍最強部隊の「ゼノウ一家」を投入します。

ですがそれすらも慶舎の罠にはめられてしまいます。

桓騎はここからどのような手を打ってくるのでしょうか。

黒羊の戦いから目が離せません!

 

というところまでが、キングダム41巻のあらすじです!

 

 

キングダム41巻の感想!

 

ついに6大将軍の話が出ましたね。

実際に復活するのはもう少し先の話でしょうけど、キングダムファンとしては一体誰が6大将軍になるのかと気になるところです。

 

「蒙武、騰、王セン」は当確でしょう。

桓騎もいるのですが、史実ではこの後の趙との戦いで討たれるか亡命するかになっています。

なので桓騎は外してみても、信らの3人に楊端和もいますね。(一応壁も)

私的には別に6大にこだわらなくても、7大将軍でもいいんじゃないかと思います。(笑)

この辺の話もこの先楽しみですね!

 

そして飛信隊はついに桓騎軍と合流しました。

明らかにスタイルの違う2つの軍と隊であります。

これも何か昌平君らには考えがあるのかもしれません。

6大将軍級と言われる桓騎の戦いを側で見れるのは、スタイルは違いますが信にとって悪いことではないと思います。

大将軍を目指す信にとって、桓騎の存在は無視は出来ないですからね。

 

飛信隊も桓騎軍も、慣れない樹海での戦いに序盤は苦戦しています。

桓騎のことなのできっと何か策を出してくるとは思います。

今後の展開に注目しましょう!

 

イマキミ!

こちらの記事もどうぞ!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog