エンタメの宇宙を旅しよう

カップラーメン食べながらゲームしてます。車とテーマパークが好き!

おすすめの野球マンガ!平成生まれが子供の頃にハマったマンガとは?

昔ハマった野球マンガ!

f:id:ko-udon-sc50:20170622133422j:plain

こんにちは!野球好きのこうどんです!

今回は野球マンガについて書いていきます。

 

私は学生の頃は野球部でした。

もう自分で野球をすることはありませんが、今でも野球は好きなのでテレビでプロ野球を見たり甲子園を見たりすることはよくあります。

 

今でこそマンガはキングダムと空母いぶきくらいしか読んでいませんが、昔は色々な野球マンガにハマったものです。

なので今回そんな元高校球児で現在は大の野球ファンである私が、昔にハマった野球マンガを書いていきます。

どれも名作と言われるものばかりです。

興味の湧いた方はぜひ読んでみてください!

 

スポンサーリンク
 

MAJOR

 

まずは大ヒットマンガ「MAJOR」です!

私の中では野球マンガと言えばMAJORですね!

初めてハマった野球マンガで、全巻集めていた記憶があります。

アニメ版の主題歌「心絵」がかっこよかったなぁ。

 

・実の父親をプレー中の事故で亡くす

・子供時代に利き腕を故障する

・入学した野球名門高校を中退する

・日本プロ野球を断り単身アメリカ野球に挑戦する

・血行障害を発症する

主だった出来事ざっと書いてみただけでも、主人公の吾郎はかなりすごい人生を送っていますね。

 

プレースタイルは王道のパワーピッチングです。

そしてジャイロボーラーです。

私も影響を受けてジャイロボールの習得に励みましたが、ついに私にはジャイロボールは投げれませんでした。

あのジャイロボールにあこがれた野球少年たちは、当時はたくさんいたのではないでしょうかね。

 

今は何と「MAJOR 2nd」にて息子の茂野大吾が主人公になっています。

子供の頃から野球の天才だった吾郎と違い、野球は下手な大吾の成長が描かれているマンガになります!

 

 

おおきく振りかぶって

 

次に紹介するのは「おお振り」こと「おおきく振りかぶって」です。

 

野球マンガとしては珍しく、気弱な投手の三橋が主人公です。

名門の高校でも無い普通の公立の西浦高校で新設された野球部で、甲子園出場を目指していく高校野球マンガです。

現在は27巻まで発売されています。

作家の方の出産のため現在は休刊となっています。

(2017年7月より再開予定となっています)

 

おお振りの面白いところは、今までの野球マンガと違い、細かな心理の変化まで描いているところだと思います。

主人公の三橋は初めは周りがイラつくほどのネガティブな性格でした。

それが少しずつですが、試合や練習をしていく中で前向きになってきていると感じます。

キャッチャーの阿部も初めは投手とのコミュニケーションなど考えてもいませんでしたが、三橋の正確にイラつきながらも三橋との信頼関係を築いてきています。

 

こういった登場人物たちの心理だけでなく、試合中の選手の心理、配球についての読み合いなど見所はたくさんあります。

いわゆる王道の野球マンガとは少し違う野球マンガが読みたい方には、とてもおすすめのマンガです。

 

ただ現在の休刊中も含めて、マンガの出るペースが非常にゆっくりなのが残念なポインとです。(笑)

だって続きが気になるもの。(笑)

 

 

ダイヤのエース

 

次に紹介するのは「ダイヤのエース」です。

こちらは完全に王道の高校野球マンガです。

 

第1部になる「ダイヤのエース」は47巻で終了し、現在は第2部に当たります「ダイヤのエース 2」が連載されています。

主人公の沢村栄純も2年生になり、下級生も入ってきているのが現在の話になります。

 

このマンガの魅力は、王道ながらも主人公の沢村栄純はエースではありません。

投手ですが特に目立つ決め球があるわけでもありません。

同学年には化け物級のライバルも存在します。

そんな中でチーム内の戦いがあり、また他の学校のライバルたちとの戦いがあります。

 

他の学校のライバルたちも、とても魅力的な選手や学校が多くあります。

そしてまた彼らが強いのです。(笑)

試合をして負けたり、勝っても苦戦したりと、主人公やチームメイトとの成長が感じられるマンガになります。

青春ですね。(笑)

 

 

ラストイニング

 

最後は「ラストイニング」です。

こちらのマンガは全44巻で終了しています。

 

ラストイニングの一番のポイントは、主人公は監督だということです。

元高校球児の営業マン「鳩ケ谷」が、経営難に陥ってる母校の彩珠学院高校の宣伝の為に野球部の監督として甲子園出場を目指すというストーリーです。

 

このマンガの特徴は、いわゆる体育会系的なスポ根とは一線を引いているというところです。

チーム選手の性格を動物の性質によって分類したり、データを分析して試合に役立てたりと、かなり深い部分の戦略を見ることが出来ます。

リアルの野球にも、役立てることが出来るのではないかと思うような内容も多いです。

 

今までの野球マンガとは違った視点からの野球マンガを読んでみたい人には、おすすめのマンガになります。

野球を実際にやったことのある方や、詳しい方のほうが楽しめるマンガだと思います。

 

スポンサーリンク
 

おわり!

 

今回は昔にハマった野球マンガについて書いていきました。

この他にも野球マンガは色々と立ち読みしたりしましたね。

ですが今回は特に印象に残った作品について書かせてもらいました。

 

MAJORは全巻集めましたね。

私の中では完全に「野球マンガ=MAJOR」です。

 

おお振りは途中まで集めていました。

面白かったのですが、いかんせん新刊が出るまでのインターバルが長くて。(笑)

 

他の作品に関しては、立ち読みしたりマンガ喫茶で読んだりしています。

キングダムもおもしろいですが、野球マンガにも注目です!

 

イマキミ!

こちらの記事もどうぞ!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog