イマキミ!

カップラーメン食べながらゲームしてます。車とテーマパークが好き!

「今のままでいいのかなぁ」何となく感じる不安や不満に向き合うことは大事なこと!

何となく感じる不安に向き合う

f:id:ko-udon-sc50:20170729235810j:plain

あなたは日々過ごしている中で、何となく不安、何となく不満ということを感じたことはありませんか。

決して現状がひどいわけでは無くても、何となく「このままでいいのかなぁ」と感じている人は実はけっこういるのではないかと私は思っています。

今回は、そんな何となく感じる自分気持ちに向き合うことについてです。

 

スポンサーリンク
 

何となく不安

 

何となくの不安ってありますよね。

私も以前会社員をしていたときもありました。

その目に見えない不安が、具体的に何かって言われると、はっきりこれとは言えない部分もあります。

 

お金と言えばお金だし、将来のことと言えば将来のことだし、これらのどれでもないと言えばどれでもないですし。

最近この時感じていた不安の正体が、うっすらとですが見えてきました。

この何となくの不安の正体っていうのは、「今自分がやっていることにハマっていない」ということだったんじゃないかと思います。

 

仕事は仕事で楽しい部分はありました。

少ない金額でしたがボーナスも貰えていました。

でも熱中するまではハマっていなかったんですよね。

日々重ねていくなかで、ちょっとずつですが面倒くささも出てきていました。

休みの日を楽しみに、仕事をするようになっていました。

早い話が仕事に飽きていた、っていうことでしょうね。

 

今自分がやっていることに熱中していれば、何となくの不安とか、余計なことを考えることもないでしょう。

考える隙間も出来ませんからね。

正に「現在進行形の今」に対して、自分の持っている情熱を使いきれていないということが、何となくの不安の原因だったのではないかと今では思います。

 

 

不安があるから前に進める

 

私はこの何となくの不安に対して、それを抱くことは決して悪いことだとは思いません。

むしろこの「何となくの不安」や「何となくの不満」があるから前に進めるのだと、私は自分の経験からも実感しています。

この不安や不満を認めて受け入れるということが必要なことだと思います。

 

これは自分の心からのSOSなのです。

この不安や不満というものは、意図して無視しがちなものです。

だって面倒ですからね。

現状を変えるということには、場合によっては大きな労力も必要とします。

 

それに少しずつでも向き合っていくことが大事だということです。

この不安や不満は決して大きなものではありません。

無視しようと思えば無視することも可能です。

これを繰り返しの日々で薄めることで無視するのか、自分の内面と向き合って変えていこうとするのかが人生の中の一つの分かれ目なのかもしれませんね。

 

 

鉄は熱いうちに打て!

 

f:id:ko-udon-sc50:20170730000208j:plain

私は基本的に、「鉄は熱いうちに打て!」「善は急げ!」というスタンスをとっています。

つまり不安や不満を感じたときが、自分が動き出すタイミングだということです。

「もうちょっと時間が経ってから」「今は忙しいから」何かと理由をつけて、先延ばしにしないことが大事です。

 

別に今日仕事辞めてこいとかそういうことではありませんよ。

まずは自分の正直な気持ちに対して、建設的に向き合おうとすることです。

 

例えば仕事が不満であれば仕事を辞めてしまうのが手っ取り早いと思いますが、自分の生活もあるし家族がいる方も中にはいらっしゃるでしょう。

すぐに現状を変えることは出来なくても、今の生活をキープしながらでも出来ることはあると思います。

 

勉強をして新たな知識を身に付けたり資格の取得を目指して、違う道に進めるように準備を進めるのもいいでしょう。

副業などで収入源を増やしてもいいでしょう。

いずれにせよすぐは結果は出ない場合も多いです。

ただ「1年2年と時間が経ったとき、何もしないままの自分と比べてどうか」、ってだけの話です。

 

スポンサーリンク
 

おわり!

 

今は私はフリーターをやっています。

会社員の頃に比べて収入も落ちました。

ですが私は今の自分の方が好きです。

 

昔みたいに何となくの不安を持つことも無くなりました。

悩みは日々絶えないですけどね。(笑)

 

自分の正直な心と向き合うことは必要なことなのです。

 

イマキミ!

こちらの記事もどうぞ!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog