エンタメの宇宙を旅しよう

カップラーメン食べながらゲームしてます。車とテーマパークが好き!

【強み診断】弱みを克服するよりも、強みを伸ばした方が成長は早い。

弱みを克服するよりも、誰にも負けない自分の強みを見つけよう!

f:id:ko-udon-sc50:20171008224401p:plain

「弱みを克服する」

「自分の弱点を改善する」

「ウィークポイントを徹底的に練習する」

自分の弱みに対する考え方というのは、本当に人それぞれだと思います。

 

ただどのような考え方であっても、「自分の弱みは克服しなければならい」という点においては共通していると思います。

もちろん克服できるのであれば、克服するに越したことはないでしょう。

どころがどっこい、みんながみんな自分の弱みを克服できるとは限りません。

自分の中でも、克服できる弱みもあれば、どうやったて克服できない生まれ持った性質のような弱みもあると思います。

 

そんな「弱み」というものについての考え方を、今回は書いていきます。

自分の弱みを克服するのではなく、その弱みがかすんでしまうくらい自分の強みを輝かせるという考え方も、あってもいいのだと私は思います。

 

スポンサーリンク
 

そもそも弱みの無い人はいない

 

そもそもですが、弱みの無い人なんていないと私は思っています。

完璧な人間なんていません。

ということは、つまり人間誰だって弱みがある、ということなのです。

 

まず弱みがあるということは、おかしなことでも恥ずかしいことでも何でもありません。

実際私も弱みだらけです。

ですが弱みを改善しようとは特に思っていません。

「向き合おう」と思うことはありますが、「改善しよう」とは思いませんね。

前向きな意味で諦めています。

「これが自分だから。まぁしょうがないな」という具合ですね。

 

誰にだって弱みはあります。

まずは自分の弱みを認識して受け入れましょう。

弱みだからと言って嫌う必要はありません。

「前向きに諦める」これくらいの受け止め方が、案外ちょうどいいのではないかと私は思います。

違う言い方をするのであれば、「折り合いをつける」ってとこですかね。

 

 

弱みを克服することって大変!

 

上にも書いた通り、弱みなんて誰にだってあります。

人と比べ始めるとキリが無いですし、人と比較する中において、それこそ弱みだらけの自分が出てきます。

 

「弱みだらけの自分」です。

想像してみてください。

この弱みだらけの自分の、「弱みだらけ」の部分を改善するのがどれだけ大変かということを。(笑)

極端な話、頭のてっぺんからつま先まで直さないと直りません。

 

弱みを克服するって、すごく大変なことなのです。

そして克服したところで、自分のその弱みだった部分が強みになるかと言えばそうでもありません。

せいぜい、弱み⇒普通になる程度のものです。

 

果たしてこの弱みの克服に時間を割くのは得策なのでしょうか。

本当に今自分がすべきことは、弱みを克服することなのでしょうか。

弱みがかすんでしまうくらい、自分の強みを磨くことの方が、はるかに効率的でまた自分自身も前向きに取り組めることなのではないかと私は思います。

f:id:ko-udon-sc50:20171008224658j:plain

 

スポンサーリンク
 

どうやったら強みって見つかるの?

 

ではそんな自分の強みは、一体どうすれば見つかるのでしょうか。

 

普段自然と自分が行っていることの中に、実は強みのヒントがあったりすることもあります。

「料理が好き⇒その中でも自分で創作して作るのが好き⇒アイデアマン」といった具合に連想ゲームをして気付いていくこともできます。

無料でできる強み診断を試してみるのも有効な方法になります。

リクナビネクストでの強み診断はこちらからどうぞ!⇒リクナビネクスト公式サイト

 

何気ない日常にこそ、色々と自分が気付いていないヒントがあることもあります。

強みを知る方法は、「探すこと」「気付くこと」だと私は思います。

探したことに対して、自分で気付きを与えていくことは大事なことです。

 

そして、「自分の弱みは誰かの強み」ということも忘れてはいけません。

逆の言い方をすれば、「自分の強みは誰かの弱み」です。

同じ土俵で勝負しても勝てませんよ。

自分の勝てる土俵を、「探して」「気付く」ということが必要なのでしょう。

 

これはきっと、来るべき自動化の社会においても有効だと思います。

 

こちらの記事もよく読まれています!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog