エンタメの宇宙を旅しよう

カップラーメン食べながらゲームしてます。車とテーマパークが好き!

【モバイルルーター(ポケットWiFi)】電波が悪い時はまずこれを試してみよう!【WiMAX2+】

モバイルルーターの電波が悪い時の原因や対策について!

f:id:ko-udon-sc50:20171019124606j:plain

こんにちは!こうどんです!

今回はモバイルルーター(ポケットWiFi)についてです!

 

私はBIGLOBEでモバイルルーターを契約して使っています。

WiMAX2+の「Speed Wi-Fi NEXT W03」という機種になります。

使い始めて、もうそろそろ1年近くになりますね!

今は最新の「W04」が発売されていますので、最新の機種からは1つ古い機種になります。

 

ところでこのモバイルルーターですが、時々電波が不安定になることがあります。

特に家の中など屋内で使用しているときに、電波が不安定になることが多いです。

急に通信ができなくなったりすると、けっこうイライラしています。

モバイルルーターを使われている方、同じような状態になることはありませんかね?

 

調子が悪いときには、一瞬圏外になったりすることもあります。

自宅は関西の都市部で「完全にWiMAX2+のエリア内」なのですが、使用環境や周辺環境では電波が全然つながらなくなります。

今では「電波が良くなるコツ」を掴みましたので、電波が悪い時も対処することができます。

 

ということで今回は、モバイルルーターの電波が悪い時の原因や対策について書いていきます!

特に自宅などの屋内で利用している時に電波が悪くなる方は、ぜひとも参考にしてみてください!

 

スポンサーリンク
 

WiMAX2+の電波の特徴!

 

まず前提としてですが、モバイルルーターの使用環境が「電波のカバーエリア内」であるということが前提になります。

電波のエリア外ではそもそも電波が届きませんので、どんなに工夫をしてもモバイルルーターで通信することはできません。

要するに圏外ですからね、当たり前です。

 

もう日本全国広くカバーされているのですが、山間部や地方などではまだWiMAX2+のエリア外であることもあります。

私もモバイルルーターを持って外出したときに、「あー、ここは電波入らないんやー」って時々思います。

だいたい山間部の道とかに入るとダメなことが多いですね。(生活スタイルによっては無縁の話笑)

 

WiMAX2+の電波には特徴があります。

・高速通信で直進に進む

といった特徴があります。

 

まずは「高速通信」についてです。

言わずもがなですが、電波が快適な時のWiMAX2+は、非常に通信速度が速いです。

まぁそのためのモバイルルーターですからね。

この「高速通信」があるから、モバイルルーターを契約して使っているのです。

 

そして「直進」です。

この特徴も高速通信の助けをしているのですが、実はこれが電波の悪さをする原因になることが多いです。

 

それでは電波が悪くなる原因や対策について見ていきましょう!

 

 

WiMAX2+の電波が悪くなる原因と対策!

 

モバイルルーターは電波塔と通信をしています。

電波に「直進に進む」という特徴があることによって、モバイルルーターと電波塔の間に障害物が無い時は、とても高速で快適な通信をすることができます。

 

ただこの「直進に進む」という特徴があることによって、モバイルルーターと電波塔の間の障害物などを「電波が回り込んで避ける」ということを苦手にしています。

建物の壁などを通り抜けたり避けたりするのが苦手です。

屋内で電波が悪いときは、建物の壁や周辺の建物が障害物になっていることもあります。

 

対策としては、屋外に出るのが一番良い対策になります。

ですがいつも屋外に出れる状態でも無いでしょうから、「モバイルルーターを置いている場所を移動させる」というのが現実的な対策になってきます。

 

部屋の真ん中よりは窓際に置きましょう。

カバンや袋など、モバイルルーターを覆っているものがあれば外しましょう。

部屋に窓が複数ある場合は、電波の良い方角があるかもしれませんので、色々と試してみましょう。

 

私の経験上ですが、1mくらい移動させただけでも電波が変わったりすることもあります。

私の家の場合は、窓の上のカーテンレールに置いておくと非常に快適ですね。

間違えて落とさないように注意が必要ですが。(笑)

f:id:ko-udon-sc50:20171011233359j:plain

 

その他の原因などについて

 

WiMAX2+の電波が悪くなる原因として、他にも考えられることを書いておきます!

 

・電波が混雑している

人が多い場所や、通信している人が多い時間(主に夕方~夜)は、電波が悪くなる可能性があります。

これはWiMAX2+に限らず、スマホの4G回線などもこういった傾向がありますね。

これは余談ですがUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)でモバイルルーターをつないでいると、人が抜群に多いからでしょうか、ガンガン電池が減っていきます。(完全に余談です笑)

 

これは対策というのも難しいですね。

なるべく電波の良いポジションにモバイルルーターを置く、ということになります。

 

・他の通信機器が多い

自分の家の中の、他の通信機器や電気機器などが邪魔をすることもあります。

他にもアパートやマンションであれば、他の部屋の電波(WiFi等)もあります。

色々な機器や電波が邪魔をして電波が悪なることもあります。

 

これも部屋の中で良いポジションを見つけるということですかね。

部屋の中心よりは外側です。

壁際よりは窓際です。

私のおすすめはカーテンレールの上です!(落とさないように注意しましょう笑)

 

スポンサーリンク
 

おわり!

 

以上で、「モバイルルーターの電波が悪い時の原因や対策」についてを終わります!

 

電波の環境は、けっこう周辺の環境に左右されると思います。

自宅の周りが背の高いビルやマンションなどに囲まれていると、電波は悪くなりがちだと思います。

周りのビルを移動させることもできませんので、できることと言えばモバイルルーターを移動させるということになりますね。

 

ネットで検索してみると、アルミホイルなどを使ってパラボラアンテナを自作されている方もいらっしゃるようですね。

モバイルルーターを移動させても電波が良くならない方は、試してみてはどうでしょうか?

 

BIGLOBE WiMAX 2+ 」の公式サイトはこちらからどうぞ!⇒「BIGLOBE WiMAX 2+」キャンペーン実施中

 

こちらの記事もどうぞ

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog