エンタメの宇宙を旅しよう

カップラーメン食べながらゲームしてます。車とテーマパークが好き!

【2017年日本シリーズ終了!】横浜DeNAベイスターズ日本シリーズ敗戦が悔しい!

2017年プロ野球全日程終了!

f:id:ko-udon-sc50:20171105230936j:plain

2017年11月4日、2017年プロ野球日本シリーズが終了しました。

最終的にはベイスターズが2勝・ホークスが4勝で、ホークスが日本シリーズを制覇しました。

 

ちなみに私は横浜ファンです。

日本シリーズはずっとテレビで観戦していました。

日本シリーズという大きな舞台に、応援している横浜が出場しているということがとても嬉しく思います。

 

まずは日本シリーズのスコアを書いていきます。

第1戦 ☆ホークス10ー1ベイスターズ

第2戦 ☆ホークス4-3ベイスターズ

第3戦 ☆ホークス3-2ベイスターズ

第4戦 ホークス0-6ベイスターズ☆

第5戦 ホークス4-5ベイスターズ☆

第6戦 ☆ホークス4-3ベイスターズ

 

第1戦以外は、本当に互角の戦いをしています。

第1戦10‐1で負けてしまったときは、正直力の差を圧倒的に感じたものでした。

 

スポンサーリンク
 

3連敗からの勝利

 

第1戦の負け方。

そして3連敗。

正直、「うわーやっぱりホークスは強いなぁ。CSこそ勝ったけど日本シリーズはまだ早かったのかなぁ」と思ったものです。

 

そして第4戦。

濵口投手が8回途中までノーヒットで抑える好投をしてくれました。

ここでようやく日本シリーズで勝利をあげることができました。

 

第5戦は4番筒香選手に待望のホームランも飛び出しました。

ここで第5戦でようやくではありますが、「日本シリーズここから分からないぞ!」という気持ちになったのを覚えています。

3連敗からの勝利。

これは暗い夜道に灯った、一筋の灯りのようでした。

 

 

第6戦負けたことへの悔しさ

 

そして第6戦、ベイスターズはサヨナラで負けました。

その瞬間もテレビで見ていました。本当に悔しかったです。

正直第6戦も勝てると思いました。

 

ですが少し時間がたって改めて今考えてみると、「悔しい」と感じることは良いことではないかと思います。

「悔しい」と感じるということは、つまり互角に戦っていたということだと思います。

 

反撃の余地もないくらい完璧に負けたのならば、悔しいと感じることも無かったでしょう。

「そら負けるよなー。しょうがないよなー」って思いますよね。

 

特に最初3連敗した時の無力感がありますから余計ですね。

戦いを重ねるごとにチームとして強くなっていったように感じます。

うん、悔しい。

第7戦が見たかったですね!

 

 

ここから強いチームに!

 

2017年のプロ野球は終了しました。

ベイスターズはペナントは3位でした。

そこからCSを勝ち上がり、日本シリーズで戦いました。

相当気が早いですが、来年はどうなるでしょうかね。(笑)

 

ワクワクもありますが、正直不安もあります。

チームとしても個人としても、活躍を続けるということはとても難しいことです。

 

ですがベイスターズという若いチームにとって、ホークスという常勝軍団と日本シリーズという大舞台で戦えたことは、大きな大きな財産になると思います。

そしてそれと同時に、ベイスターズに足りないものも見えてきたのではないかと思います。

 

個人個人の力量は、全然負けていなかったと思っています。

その反面、選手層の厚さなど色々と感じることはありました。

 

そして私がテレビで見ていて一番印象に残ったシーンは、ホークスの内川選手が守備時に自チームの投手に積極的に声をかけていたところです。

このシーンを見て、「あぁだからホークスは強いんだな」と感じたものでした。

この日本シリーズを経験にして、ベイスターズでもこういったシーンがこれから多く見られるといいと思います。

 

おわり!

 

いやー、本当に勝てると思いました。

第7戦が見たかったです。

 

やはりホークスは強いですね。

投手も野手も、非常にレベルが高い選手が多かったです。

 

これからはストーブリーグです!

色々な出会いや別れがあることでしょう。

これはこれで、楽しみな時期ですね!