エンタメの宇宙を旅しよう

「イマキミ!」は「今君が立っている場所は昔私が立っていた場所だ」の略語

【ドラクエ8】まほうの鏡に魔力を取り戻す最速の方法を解説します!【まほうのカガミ→太陽のカガミ】

まほうの鏡に魔力を取り戻す!

f:id:ko-udon-sc50:20180611214750j:plain

こんにちは!こうどんです!

今回はドラクエ8の攻略です!

 

チャゴス王子に付き合って王家の山でアルゴングレードを倒した後、約束のお礼として「まほうのカガミ」を貰うことができます。

ただその鏡の魔力は失われていました。

鏡の魔力を取り戻さなくては、ドルマゲスを追いかけることはできません。

 

一応モンスター博士みたいなおじいさん(適当ですいません)から、魔力の取り戻し方のヒントは貰うことができます。

ただそれだけだと意外と分からなかったりします。

ということで、この「まほうのカガミ」に魔力を取り戻す方法を解説していきます!

 

書いた通りの方法でやれば最速です!!

 

 

魔力を取り戻す手順

 

・「まほうのカガミ」を味方の誰かに持たせる

・ルーラで「海辺の教会」に行く

・右の方に船があるから乗る

・右(地図的には南東)に進む

・「海竜」とエンカウントする

・道具から「まほうのカガミ」を使用する

・海竜の「ジゴフラッシュ」を受ける

・鏡に魔力が戻る

・海竜は用済みなので煮るなり焼くなりご自由に

 

以上がまほうのカガミに魔力を取り戻す方法になります!

全然余裕で5分あれば終わります!(笑)

以下に詳しい解説を書いておきます!

 

 

海竜のジゴフラッシュを受けよう

 

最速の手順は上に書きましたので、ここからは少し補足を入れながら、詳しく書いていきます!

 

まず「まほうのカガミ」は必ずふくろから出して、味方の誰かに持たせてください。

別に主人公じゃなくても大丈夫です。

とにかく誰かに持たせないと、魔力を取り戻すことができません。

 

ルーラで飛ぶ場所は「海辺の教会」です。

いないとは思いますが、もしもルーラの行先に「海辺の教会」が無い方がいたら、そんな時はベルガラックに行ってください。

そしてそのまま北の方に進んで行くと教会があって、そこが「海辺の教会」になります。

ただそのままだと船が無いので、一度教会に入ってまた外に出て、「海辺の教会」にルーラしてください。

船が近くにワープします。

 

海辺の教会から船に乗ります。

教会の近海には海竜が出てこないので、船に乗ったらすこしだけ移動する必要があります。

船の方向で言うと右です。

f:id:ko-udon-sc50:20180611214717j:plain

f:id:ko-udon-sc50:20180611214724j:plain

ただ私の右とあなたの右が微妙にずれていることは十分想定内ですので、地図で言うと「南東」という保険をかけておきます。

海が狭くなっている「海峡」の方に進んでください。

 

少し進むと、けっこうな高確率で「海竜」とエンカウントします。

海竜とエンカウントしたら、あとは道具から「まほうのカガミ」を使用します。

そして海竜が「ジゴフラッシュ」を使ってくれたら任務完了です!

f:id:ko-udon-sc50:20180611215158j:plain

これも高確率で、最初のターンにジゴフラッシュを使ってきます。

ただもしもジゴフラッシュ以外の行動をしたときは、海竜がジゴフラッシュを使うまでは毎ターン「まほうのカガミ」を使用してください!

まほうのカガミも持っているだけでは意味がなくて、道具から使用することでジゴフラッシュを受けることができます!

 

無事ジゴフラッシュの光をまほうのカガミで受けて、まほうのカガミに魔力を取り戻した後は、海竜をサクッと倒してドルマゲスを追いかけましょう!

ちなみにジゴフラッシュの効果で、マヌーサ状態になっている味方が多いと思います。

攻撃が全然当たらなくてイライラします。

牛乳を飲みましょう。(笑)

 

スポンサーリンク
 

おわり!

 

まほうのカガミの攻略は以上になります!

 

私は最初「海峡」がどこか分からなくて、海をけっこうさまよっていました。

大王イカをやたら倒した記憶があります。

海辺の教会にルーラすればすぐそこでしたね。

 

これでドルマゲスに少し近づきました!

早くベルガラックのカジノがやりたいです!

カジノのために、奴を倒します!!

 

こちらの記事もどうぞ!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog