イマキミ!

「イマキミ!」は「今君が立っている場所は昔私が立っていた場所だ」の略語

【準備】合宿免許で後から後悔しないために気を付けること【失敗】

合宿免許で後悔しないための準備

f:id:ko-udon-sc50:20200425185732j:plain

こんにちは!

今回は合宿免許で後から後悔しないための準備がタイトルになります。

 

いざ合宿免許に行ってから、後で「あー失敗したなぁー」と思わないためには何を気を付けたらいいのか。

現地に行ってからだとどうしようもないので、準備の段階で不安要素を取り除くことが大事になります!

私は過去に合宿免許に2回行ってますので、その経験が役に立てばと思います!

 

スポンサーリンク
 

申し込む前にしっかりとしっかりと確認する

 

合宿免許は環境が全てです。

教習所の環境、宿舎の環境、食事の環境、生活の環境、教習所周辺の環境…。

申し込む前にしっかりと確認して、自分自身がその環境で合宿免許をすることをしっかりと納得して申し込みましょう。

 

ホームページやインターネットの口コミ、SNSやパンフレットなどでしっかりと調べつくすことが後から後悔しないために大事です。

もし不安にあることがあれば、遠慮することなく問い合わせるのが良いです。

聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥、ってことですよ。(笑)

 

合宿免許ということで、1週間~2週間程度の滞在になる方が多いと思います。

この期間って短いようで長いです。

特に自分にとってストレスになるような環境であれば、余計に長く感じると思います。

自分の希望の条件は譲らずこだわりましょう!

 

正直な話、教習車が古いとかは妥協してもいいかなと思います。

ただこれは私もでしたが、「1人部屋じゃないと嫌!」という方は多いはずです。

こういった生活環境のこだわりには妥協しないようにしましょう。

後からストレスを抱えるのは自分ですからね!

 

 

忘れ物は周辺環境によって意外となんとかなる

 

他にも準備で気を付ける必要があるのが、「忘れ物」です。

1週間~2週間のまとまった日数を生活しますので、忘れ物が無いように注意したいところです。

 

服とか忘れる人は少ないんですよ。

案外忘れやすいのが、洗濯や風呂関係の荷物です。

1週間以上の滞在になると、ほとんどの方は現地で洗濯をすることになるでしょう。

洗剤はもちろん、洗濯ネットなんかもあると便利です。

もし他の教習生と共同の洗濯機を使用する場合、自分の洗濯物を全部ネットに入れてしまうと衣類を無くしたりすることの防止になります。

 

ただ何か忘れ物をしてしまっても、教習所周辺にコンビニやスーパーなどがあれば現地調達可能です。

教習所はもちろん、周辺の環境もチェックしときましょうね!

教習所周辺をGoogleマップで表示して、「コンビニ」とか「スーパー」とか検索すればお店が表示されますよ!

 

 

どうしてもの場合は相談する

 

最後に現地に行ってからどうしても我慢できないことがある場合です。

 

例えば、相部屋で申し込んだけど実際に生活してみて「やっぱ相部屋は無理っ!」ってなった場合などですね。

最終手段として、教習所に相談してみましょう。

 

部屋であれば、空きがあるなら対応してくれることもあります。

もちろん差額の料金などは必要になりますよ。

 

絶対に自分の要望が通るわけではありませんが、どうしてもの場合は相談してみてください!

 

スポンサーリンク
 

最後に…!

 

合宿免許で後から後悔しないために、申し込みの段階でしっかりと確認して納得してから申しこみましょう!

 

生活環境はもちろん、食事はどういうスタイルで出るのか、風呂や洗濯の環境はどうなのかといった部分も要チェックです!

個人的に食事は大事ですよ!しっかり確認してください!(笑)

 

こちらの記事もどうぞ!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog