イマキミ!

カップラーメン食べながらゲームしてます。車とテーマパークが好き!

【ポケモン金銀攻略】チコリータの最初の難関はキキョウシティジムのハヤト戦だ!【バーチャルコンソール版】

チコリータでキキョウシティジムのハヤトを倒そう!

f:id:ko-udon-sc50:20170924225120j:plain

こんにちは!こうどんです!

今回は「バーチャルコンソール版ポケモン金銀」の攻略や感想について書いていきます!

 

ついにゲームボーイカラーの名作、「ポケモン金銀」がバーチャルコンソール版にて3DSで配信されています。

さっそくダウンロードしまして、懐かしさを感じながら私も遊んでいるというわけです。

 

ポケモンと言えば、「冒険をして街のジムのリーダーに勝利してバッチを集めていく」、というのが大きなストーリーの柱になっています。

そしてポケモン金銀の最初のジム戦とは、キキョウシティにあるジムでの「ハヤト」との戦いになります。

名前のイメージの通り、とりポケモンを使うジムリーダーになります。

 

それではさっそく、攻略や感想について見ていきましょう!

 

スポンサーリンク
 

最初のポケモンはチコリータ!

 

最初のジム戦になりますので、手持ちのポケモンはほとんどいない状態になります。

もちろんたくさん捕まえた方は手持ちのポケモンも増えますが、まぁそんな序盤で強いポケモンも出てきません。

ちなみに私は夜にプレイすることが多いので、草むらに入るとホーホーばっかり出てきます。(笑)

 

そこで重要になってくるのが、最初に選択するポケモンになります。

「炎タイプのヒノアラシ」「水タイプのワニノコ」「草タイプのチコリータ」、この3匹の中から最初のパートナーを選ぶことになります。

 

ここで私は「チコリータ」を選びました。

理由は、「単純にかわいいから」と「小学生の時遊んだ時もチコリータを選んだ気がする」という2つの理由があります。

そしてこのチコリータは草タイプになりますので、とりポケモンを使ってくるハヤトとは相性が悪いです。

 

ただ最初のジム戦ですので、相手のレベルも低いです。

よほど自分のレベルが低くない限りは負けることもないとは思います。

それでは攻略について見ていきましょう!

 

 

キキョウシティジムのリーダー!ハヤト攻略!

 

ハヤトのポケモンは2体です。

・ポッポ レベル7

・ピジョン レベル9

以上の2体だけです。

 

ポッポもピジョンも、「かぜおこし」「すなかけ」「でんこうせっか」などの技を使ってきます。

かぜおこしがひこうタイプの技になりますので、チコリータとは相性が悪いです。

効果は抜群だ!になってしまいます。(笑)

 

攻略法としては、「他のポケモンを捕まえて手持ちを増やす」「チコリータのレベルを上げて能力値で押し切る」がおすすめです。(笑)

ちなみに私は「レベルを上げて押し切る」をチョイスしました。

 

こちらが戦闘時の画像です。

f:id:ko-udon-sc50:20170924224849j:plain

f:id:ko-udon-sc50:20170924224851j:plain

チコリータはレベル15まで上がっています。

ちなみにレベル16でベイリーフに進化しますので、最初のジム戦の時点としては十分高いレベルでしょう。

 

ここまでレベルを上げると、少々の攻撃ではびくともしなくなります。

そしてこちらの攻撃は、「はっぱカッター」が効果はいまひとつなのですが、それでもレベルの能力値の差でダメージを大きく与えることが出来ます。

ポッポLv7はきゅうしょに当たって一撃でした。(笑)

 

ですのでもしもチコリータでハヤト戦に苦戦している方がいましたら、まずはさくっとレベル15くらいまで上げてください。

f:id:ko-udon-sc50:20170924225102j:plain

f:id:ko-udon-sc50:20170924225105j:plain

「マダツボミのとう」を先に攻略すれば、何だかんだこれくらいのレベルにはなると思います!

 

スポンサーリンク
 

おわり!

 

以上で、キキョウシティジムのハヤト戦の攻略や感想については終わります!

 

いやー、本当に遊んでいて懐かしいですね!

「マダツボミのとう」とか、「うわー!そんなんあったなー!!」って感じでした!(笑)

 

ジムリーダーのハヤト戦に関しては、正直楽勝でした。(笑)

レベルの差があり過ぎましたね。

チコリータの他には、レベル7くらいのイトマルがいましたが、完全に出る幕はありませんでした。

まぁまぁ、敵が強くなってくるのはこれからです。(笑)

 

懐かしさの補正がかかっている部分はありますが、今遊んでも十分楽しめる名作ですね!

 

イマキミ!

こちらの記事もどうぞ!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog