イマキミ!

「イマキミ!」は「今君が立っている場所は昔私が立っていた場所だ」の略語

【Switch Lite購入レビュー!】本体の容量は?同封物は?【ドラクエ体験版プレイ】

Switch Lite購入した感想!

f:id:ko-udon-sc50:20190922205154j:plain

2019年9月20日に、「NINTENDO Switch Lite」が発売になりました!

もともと発売されていたSwitchの携帯モード固定で遊ぶゲーム機になります。

価格も定価で「19980円+税」と、もともとのSwitchよりも約1万円ほど安くなっています。

 

さっそくこのSwitch Liteを購入しました!

ドラクエ11sがやりたかったんですよね。(笑)

ただSwitchは高いしなぁーと思ってたら、そこで出てきたのがこの「Switch Lite」です!

画面シートと本体ケースは自分で買っただけなので同封物ではないです。(笑)

 

テレビ出力できなかったり、コントローラー機能の一部が省略されてたりしますが、別にテレビでゲームする気も元々なかったので全然問題なしです!(笑)

まんまと任天堂の戦略に乗せられる形で、Switch Liteを購入してまずはドラクエ11sの体験版をプレイしています。(記事書いてる時点でまだドラクエ発売前です)

新発売のSwitch Liteのレビューや購入前の方が気になるような点を書いていきます!

購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください!

 

スポンサーリンク
 

Switch Lite開封の儀!同封物について!

 

カラーは3色あります。

「イエロー」「グレイ」「ターコイズ」です。

私が購入したのは、明るいブルーが特徴のターコイズです。

 

さっそく箱を開けましょう!

f:id:ko-udon-sc50:20190922205333j:plain

f:id:ko-udon-sc50:20190922205341j:plain
Switch Liteの同封物は、「Switch Lite本体」「ACアダプター」「セーフティーガイド」の3つです。

とてもシンプルなセット内容になっています。

本体とACアダプター(充電器)がセットなので、別売りで充電器を買う必要がないのがありがたいです。

ちなみに充電端子はUSBのType-Cです。

 

セーフティーガイドには簡単な取り扱い方が書いてあります。

ACアダプターを差して充電して、電源を入れると初期設定が始まります。

簡単な設定なので画面に従って操作していけば、すぐに初期設定は完了します。

基本的に初期設定さえ終わればすぐにゲームをすることが可能です。

めちゃ簡単でしょ。

おつかれさまでした。(笑)

 

ただ任天堂が提供するサービス(ソフトや体験版のダウンロード、オンラインプレイ)を利用する場合は、「ニンテンドーアカウント」との連携が必要になります。

今回のドラクエ11sで例えると、パッケージ版のソフトを買って遊ぶだけならそのまま遊べるのですが、私の様に「体験版をダウンロードして遊ぶ」や「ダウンロード版のソフトをインストールして遊ぶ」となるとニンテンドーアカウントが必要です。

もちろん私もニンテンドーアカウントなんて持ってなかったのですが、登録するのに特別面倒な操作はありませんでした。

簡単に名前と生年月日くらいを入力して、あとはメールアドレスとパスワードを登録するだけで完了です。

Switchとの連携もメールアドレスとパスワードを入力するだけなので、全然簡単です。

すぐに終わるので安心してください。

パスワードだけ忘れないように注意しましょう。

 

 

本体の容量はどれくらい?SDカードは必要?

 

次に気になるのは、Switch Liteの本体のメモリー容量です。

またSDカードが必要なのかどうかも重要なポイントです。

 

参考にメモリー容量のスクショを貼ります。

ドラクエ11sの体験版をダウンロードした時点での空き容量ですね。(ドラクエ11sのデータはSDカードに入ってます)

f:id:ko-udon-sc50:20190922205512j:plain

まず本体の容量です。

公式サイトに情報が載ってないので推測ではありますが、元々のSwitchと同じ「32GB」だと思われます。

そこからシステム領域を引いた25.9GBがユーザーが使用できるメモリー容量になります。(ここも元々のSwitchと同じですね)

SDカードの容量は128GBのカードに、ドラクエ11sの体験版をダウンロードした残りの容量になります。

 

この本体の残り「25.9GB」というのは、非常に少ないメモリー容量になります。

例えばドラクエ11sのダウンロード版は、容量が「13.5GB以上」必要になります。

他にもスマブラやゼルダなど、Switchのビッグスケールのソフトは軒並み10GB以上の容量を必要とします。

「絶対パッケージ版でしか遊ばない!」という方はSDカードは不要です。

ですが体験版などを含めて「ソフトをダウンロードする!」という方は大なり小なりSDカードが必要だと思います。

 

私は128GBのSDカードを購入しました。

これだけ容量があれば、何本か大型ソフトのダウンロード版を買ったとしても容量が足りなくなることは無いはずです。

もう適当に、家電量販店で最低限のスペックがあって安いものを買いました。(笑)

「パッケージ版も買うけど、たまにはダウンロード版も買うかも」くらいの方は、64GBか128GBのSDカードで十分でしょう。

「ダウンロード版しか興味ねぇよ!」という方は256GBとかの大容量があると安心ですね。

あとは予算とも相談して決めてください。

 

 

ドラクエ11sの体験版プレイ!

 

さぁお待ちかね!!

Switch Lite買って、初期設定とニンテンドーアカウントとの連携をしたら、ついにドラクエ11sの体験版をダウンロードすることができます!

待ちに待ったドラクエ11sですよ!(笑)

ちなみに3DS版をプレイ済みです。

 

まだ体験版もプレイ途中ですが、Switch Liteの画質の参考にもなると思うのでスクショを何枚か貼ります。

f:id:ko-udon-sc50:20190922205833j:plain

f:id:ko-udon-sc50:20190922205840j:plain

f:id:ko-udon-sc50:20190922205847j:plain
いやー綺麗ですね。(笑)

一度プレイしたとは言え、正直ストーリーもうろ覚えなので新鮮です。

当たり前ですが3DSとは比べものにならないっすね。

ドラクエ11sだけの追加要素もありますので、本編を遊ぶのが楽しみです!

 

スポンサーリンク
 

おわり!

 

Switch Liteのレビューとドラクエ11sの体験版については以上になります!

 

本体保護のため、ついでに画面シートと本体ケースも安いやつを買いました!

携帯ゲームということで、持ち運びでの傷などは防止しとかないとですね。

 

価格もテレビに繋げられるSwitchと比べて抑えられています。

携帯モード専用ということではありますが、そもそもテレビ出力する気が無い方にとってはベストチョイスですね!

携帯モードに対応しているソフトで遊ぶことができます!(詳細は公式サイトを見てね)

もちろんドラクエ11sはSwitch Lite対応です!

この機にドラクエも遊んでみてください!!

 

こちらの記事もどうぞ!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog