イマキミ!

「イマキミ!」は「今君が立っている場所は昔私が立っていた場所だ」の略語

【結婚相手はどっち?】ドラクエ映画の感想ネタバレ!【ドラゴンクエスト ユア・ストーリー】

「ユア・ストーリー(YOUR STORY)」の意味とは?

f:id:ko-udon-sc50:20190803130845j:plain

こんにちは!

2019年8月2日からドラクエの映画、「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」が公開されました!

ドラクエファンには待望の映画版ドラクエです。

 

ドラクエファンの私もさっそく公開初日に映画を見てきましたので、感想や多少のネタバレについて書いていきます!

パッと見は「ドラクエの世界観を再現した映画」に見えますが、最後のオチで実はそうではない、サブタイトルである「ユア・ストーリー」の意味が分かるという映画になっています。

この記事はネタバレも書きますので、ネタバレを見たくない人は気を付けてくださいね!

 

スポンサーリンク
 

【DRAGON QUEST YOUR STORY】の感想レビュー!

 

まずは映画の感想からです!

 

映画の最初はゲーム画面からスタートしました。

この時点でもうワクワクです!

世界観はまさにドラクエです。

音楽ももちろんドラクエ。

ゲーム内でいつも聴いていた音楽が、劇場の迫力で楽しめるのはたまらんですな。(笑)

 

ドラクエファンの方は予告等を見ればすぐに分かると思いますが、映画は「ドラクエ5~天空の花嫁~」の世界です。

ドラクエシリーズの中でも名作ですよね。

私もドラクエ5はPS2で遊んで、またスマホアプリでも遊んだ作品です。

父を亡くしたり、奴隷になったり、結婚したり、石になったり…、ゲームの主人公にしては波乱万丈の日々を過ごします。

この辺も映画でもしっかりと再現されています。

 

映像はもちろん綺麗です。

まさに世界はリアルドラクエ。

そこにドラクエ音楽がかかって、完璧にドラクエ世界に入り込んだ2時間でした。

 

ゲームと違う点としては、映画なので当たり前ですが主人公が喋ります。

ゲームではほぼ「はい」か「いいえ」しか言いませんからね。

ゲームの中の無口なイメージとは違って、けっこうおっちょこちょいな感じ。(笑)

 

見終わって、「あぁードラクエ5やりたい!」って思う映画でした!

いい意味で、壮大なドラクエの宣伝って感じでした。(すごくいい意味でね!)

これで最後にドラクエ12の発表でも入れてくれたらすぐ予約してましたね。(笑)

とにかく自分もドラクエの世界に入りたくなる映画でした!

個人的にはドラクエ音楽が好きなので、映画館でその音楽が聴けたことも良かったです。

 

 

【ドラゴンクエスト ユア・ストーリー】のネタバレ!

 

ここからは映画のネタバレです!

見たくない方は注意してくださいね!

ここではそのまま書いてますが、ちなみに本当のタイトルは「R」が反転しています。

これも意味があるんでしょうね。

 

映画の世界観はドラクエ5なので、基本的にドラクエ5のゲームの流れと同じに映画の物語も進んでいきます。

幼少期からはじまって、奴隷になって脱出、結婚し石にされ子供と再会しゲマとの戦い…、まさにドラクエ5の世界で映画は進んでいきます。

 

・映画のストーリーネタバレ!

 

感想のところにも書きましたが、リュク(映画の主人公)が生まれるところはゲーム画面です。

自分がゲームで楽しんだことを思い出させる演出ですね。

そこから母のマーサを探してパパスと旅するところから映画が始まります。

 

ヘンリーとの出会い、そしてパパスとゲマの戦い…、悲しいシーンも映画でしっかりと再現されています。

そしてゲームと同じくリュクとヘンリーは奴隷になります。

名前は呼び捨てでもリュクはヘンリーにずっと敬語で話してるのが印象的。

脱出するため臭いものを塗りたくり、樽に入って神殿から脱出します!

 

その後リュクは父の日記から、天空の勇者だけが使える「天空の剣」について知ります。

この剣があれば魔界の門を閉じることができ、ゲマの野望を封じて母マーサを助けることができます。

天空の血を引くリュクはもしかしたら自分が天空の勇者かもしれないと、天空の剣を求めてサラボナへ向かいます。

その道中でかつて助けたキラーパンサーのゲレゲレと再会、サラボナに到着したリュクはルドマンからブオーンを倒したらフローラと結婚できるという話を聞きます。

ルドマンの屋敷ではかつて幼少期に会っていたフローラとも再会、久しぶりに再会した2人はなんかいい感じ。(笑)

ルドマンが保管していた天空の剣もブオーンに奪われており、しぶしぶリュクはブオーンに挑むことを決意します。

 

リュクとキラーパンサーのゲレゲレ、スライムのスラリンと共にブオーンに挑むもあっけなく敗戦。

ボロボロになって宿屋に辿り着いたリュクは、そこでかつて一緒にお化け退治をしたビアンカと再会します。

ビアンカも仲間に入り、なんとかブオーンを倒した(というか従わせた)リュク達。

ただそこでリュクは天空の剣を抜くことはできませんでした。

屋敷で改めてフローラにプロポーズするが、緊張で上手くできないリュクをビアンカは後押し。

ただその様子を見てフローラは何か感じているみたいでした。

 

宿屋に戻り、酔っぱらっているビアンカを振り払い部屋に戻ったリュク。

そこで謎の老婆が登場、「あなたの本心は?」と問われます。

夜も眠れず悩み続けたリュクは、自分の本心に気付くことができました。

翌日ルドマンに婚約を断ったリュクは、ビアンカにプロポーズ。

2人は夫婦になり、サンチョのいる家に帰るのでした。

 

しばらく幸せな時間を過ごすリュクとビアンカとサンチョたち。

リュクとビアンカの間には、子供のアレスが生まれます。

そんな幸せな時間を過ごす最中、家族が過ごす家を魔物達が襲います。

アレスはサンチョと共に脱出できたものの、リュクはゲマに石にされビアンカはゲマに連れ去られてしまいます。

実は天空人の血を引くビアンカは、マーサに代わって魔界の門を開く呪文を唱えるためにゲマに連れ去られたのでした。

そこでマーサと会ったビアンカ、マーサからは「魔界の門を開いてはいけない」と語りかけられます。

ゲマの言いなりにならなかったビアンカは、リュクと同じく石にされてしまいます。

 

2人が石にされて、徐々に魔物達に支配されていく世界。

ある日リュクのもとへ成長したアレスとサンチョがやってきます。

リュクの石化を解いたアレスは、魔物との戦いの中で天空の剣を抜くことができたのでした!

 

ゲマと戦うヒントを得るため、かつて奴隷から脱出する時に出会ったプサンに会いに行くリュクたち。

そこで実はプサンがマスタードラゴンだったことを知ります。

妖精の力を借り過去に戻ってドラゴンオーブを手に入れたリュク。

ドラゴンに戻ったプサンの力を借り、ゲマの元に挑みます。

 

ビアンカの石化も解き、久ぶりの再会をした家族。

成長したアレスを見て「一番可愛い時を逃しちゃったね」とビアンカ、「これから取り戻せるよ」とリュク。

久しぶりの再会もつかの間、魔物たちに囲まれます。

魔物の数が多く倒しても切りがありません。

そこに現れたのは軍団を引き連れたヘンリーとブオーンでした。

 

ゲマの元に辿り着いたリュク達は母マーサとも再会します。

そこには大幅に力を付けたゲマがいました。

ゲマにより母マーサは命を失ってしまいます。

母マーサから呪文を奪ったゲマは、ついに魔界の門を開きます。

 

ゲマとの激しい戦い。

息子アレスと協力しついにゲマを倒すことができました。

アレスは天空の剣を魔界の門に投げ入れ、魔界の門を閉じることが成功したかのように見えたその時…!!

 

・オチのネタバレ!そして「ユア・ストーリー」の意味

 

ここからは映画のオチです。

アレスが天空の剣を魔界の門に投げ入れた時、ドラクエの世界が止まります。

ドラクエの世界がどんどん崩れていき、ついに現実の世界へと戻っていきます。

今までリュクが旅していたドラクエの世界は、VRよって没入したゲームの中の世界だったのです。

つまり現実のリュクは「ドラクエのゲーム」を体験していたということです。

 

「ゲームを終えて現実に戻れ」とリュクは言われます。(名前は忘れたけどゲームから現実に戻そうとするキャラが登場、姿を変えたミルドラースだったかな)

「今までの旅はただのゲームだ」と、現実に戻されそうにするリュクの前にスラリンが現れます。

「ゲームかもしれないけど、そこでみんなで旅をしたのは確かなんだ!!」とリュク。

 

リュクはゲームの世界へと戻ることができました。

そこは平和になった世界で、ゲームのエンディングがありました。

「もうすぐこのゲームは終わるかもしれない。でもここには確かにみんなで旅をした物語があったんだ!」といった感じで映画は終わっていきます。

 

これが映画のオチです。

そしてサブタイトルの「YOUR STORY」の意味になります。

映画の中のドラクエの世界は、現実のリュクが体験していたゲームの中のドラクエの世界だったということです。

確かに現実ではないゲームの中かもしれないけど、そこには1人1人の「YOUR STORY」があるんです。

私が感想で「壮大なドラクエの宣伝」と書いたのは、最後にこういうオチがあったからです。

 

いやー確かにそうだなぁと。

あくまでドラクエはゲームです。

ですがフローラかビアンカか、結婚相手を選ぶ時は本当に悩みました。(デボラもね!)

ゲームの中かも知れませんが、みんなで旅をした世界はそこに確かに存在していましたから。

 

映画を見終わって、ドラクエがまたやりたくなる映画でした。

ドラクエ5またやりたくなりますね。

今からやるならスマホかDSかな。

スマホは遊んだからDS版やりたいですね。

9月にドラクエ11のswitch版が出るので、それに誘導してるのかな。

ドラクエの新作発売前に映画公開したら、間違いなく効果抜群だったろうに。(笑)

 

スポンサーリンク
 

ネタバレまとめ!

 

・映画の主人公はビアンカと結婚します!

・結婚前に現れた謎の老婆は変身したフローラ!

・プサンは実はマスタードラゴンだった!

・子供の頃ドラゴンオーブを偽物にすり替えたのはタイムスリップしたリュク!

・妖精の世界の前にキラーマシンがいたのは現実のリュクがゲーム開始前に設定したから!

・今回子供はアレスのみで女の子のタバサは出てきません!

 

ざっとこんな感じですかね。

映画を見た記憶を頼りに書いてますので、ちょっと抜けたりしてるところもあるかもしれません。

また2回目も見に行きたいと思う映画でした。

いやー良かったなぁ。

 

ちなみに声優さんも、リュカ=佐藤健さん、ビアンカ=有村架純さん、フローラ=波留さん、ヘンリー=坂口健太郎さん、パパス=山田孝之さん、サンチョ=ケンドーコバヤシさん、ブオーン=古田新太さん、などなど…。

とても豪華な声優さんとなっています。

 

私は見た映画館では、映画を見た全員にサンプルとしてストラップを配っていました。

全国の映画館で配ってるかは分かりませんが、貰えたらめちゃめちゃラッキーですね!

f:id:ko-udon-sc50:20190803132223j:plain

 

 

おわり!

 

「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」の感想ネタバレは以上になります!

 

「実はゲームの中だった」というオチは、中には嫌いな人もいるかもしれません。

単純にドラクエの世界を再現した映画ではなくなりましたからね。

ただそれは「ドラクエは確かにゲームだけど、そこにあるあなたの旅の物語は本物だよ」というメッセージだと思います。

私は良かったオチだと思いました。

制作側の狙い通り、映画を見てゲームやりたくなりましたから。(switch買おうかな笑)

 

あとはあんなリアルなVRで、ドラクエの世界を体験できたら楽しいでしょうね~。

ドラクエVRは今のところ限られたVRの施設でしか体験することができません。

ですがこれから家庭用のプレステVRとかで体験できるようになるかもしれません。

というかそうなるのでしょうね。

ドラクエ5の冒険なんかをVRの世界で体験できたら、もう現実世界に帰ってこれなくなりそうです。(笑)

 

ドラクエファンはぜひ、「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」を見てみてください。

ドラクエを遊んできた歴史は1人1人違うと思います。

映画を見て、あなたはあなたの「YOUR STORY」を感じてほしいと思います!

 

9月に発売のドラクエ11switch版はこちらです!

 

映画の世界にもなった「ドラクエ5~天空の花嫁~」はこちらです!

 

こちらの記事もどうぞ!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog


www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog