エンタメの宇宙を旅しよう

カップラーメン食べながらゲームしてます。車とテーマパークが好き!

【ドラクエ11武器攻略】シルビアの武器は何がおすすめ?【ムチ・片手剣・短剣】

シルビアの武器のおすすめについて!

f:id:ko-udon-sc50:20170825230457j:plain

こんにちは!こうどんです!

今回はドラクエ11についてです!

 

あなたはシルビアの武器は何にしていますか?

シルビアと言えば、「ムチ・片手剣・短剣」の3つの武器を装備することが出来ます。

それぞれ武器によって得意な戦い方が変わってきます。

それぞれの武器の特徴を理解して、自分のパーティーに合った武器を装備するようにしましょう!

 

スポンサーリンク
 

3つの武器について!

 

ではまずは、「ムチ・片手剣・短剣」の3つの武器の、それぞれの特徴を簡単に説明していきます!

 

~ムチ~

ムチの一番の特徴と言えば、敵の1グループ全体に攻撃出来るということです。

片手剣と短剣は敵単体にしか攻撃することは出来ませんからね。

特にザコ戦ではその威力を大いに発揮してくれます。

ちなみに豆知識として、敵グループの一番左にいるモンスターが一番多くのダメージを与えることが出来ます。

 

ただムチには気を付けてほしいポイントが2つあります。

まず1つは、ムチを装備すると盾を装備出来ないということです。

盾が装備出来ない分、守備力に不安が残ることになります。

そしてもう1つは、ムチは二刀流に出来ないということです。

シルビアはスキルを解放して「二刀の心得」を取得すれば、片手剣と短剣のみ二刀流にすることが出来ます。

ムチは二刀流にすることが出来ませんので、十分注意してください!

 

~片手剣~

片手剣の特徴と言えば、火力と盾装備による守備力のバランスの良さでしょう。

片手剣は武器の種類も多いので、色々と自分の好きな武器を選んで装備することも出来ます。

またスキルで「二刀の心得」を取得することにより、片手剣を二刀流で装備することが可能です。

単純に火力が倍になります。

ボス戦でも大活躍間違いなしです!(その分盾の守備力は無くなります)

 

~短剣~

短剣は片手剣ほどの火力はありませんが、状態異常や一撃必殺などの武器の特殊効果が豊富です。

この短剣も二刀流にすることが出来ます。

あんまり使ったことが無いので詳しくは分かりませんが、ザコ戦なら単純に大きなダメージを与えられる方が良いし、ボス戦ではそもそも状態異常も効かなかったりする場合もあります。

中々使いどころが難しいですね。(笑)

 

 

シルビアの武器に関しての、個人的なおすすめ!

 

ではざっと装備可能な武器の説明をしたところで、ここからは私の個人的なシルビアの武器のおすすめを書いていきます!

 

私が一番おすすめする武器は、「片手剣」です!

「THE 無難」な選択です!(笑)

 

しかも二刀流ではなくて、「片手剣+盾」がおすすめです。

理由がですね、シルビアって何だかんだ言って武器で攻撃することって少ないなって気付いたんですよ。

ボス戦だと回復や補助役になることが多いですし、それ以外でも特技や呪文で攻撃することがほとんどなんですよね。

だったら盾を装備して少しでも守備力を上げるのが良いなって思ったんです。

 

最初はムチを装備してゲームを進めていました。

他にムチを装備させたいキャラもいなかったので、色々な武器があった方がパーティーも個性豊かで面白いですし。

ですが中々ムチで攻撃する場面が無かったのです。

熱しやすく冷めやすい私は、「これムチもう要らないな」って思いました。(笑)

 

今も片手剣こそ装備していますが、片手剣からの攻撃が出ることは滅多にありません。(笑)

呪文や特技による援護や攻撃がほとんどです!

 

スポンサーリンク
 

おわり!

 

以上でシルビアのおすすめ武器については終わります!

 

・シルビアのおすすめ武器は片手剣!

・シルビアはボス戦では回復や補助役に回ることが多いので盾の守備力がほしい!

・二刀の心得を取得すれば、片手剣と短剣のみ二刀流にすることが可能!(ムチは不可)

 

片手剣がおすすめと言いますか、正確に言うと「盾が装備できる武器がおすすめ」と言う感じになります。

自然と片手剣と短剣の二択になりますね。

そこで私は片手剣を選んだ、という話です。

 

いやー、せっかくなのでムチで育てようと思ったのですがね。

ムチでの攻撃が全然無いんですよ。(笑)

 

すぐにムチを取り上げて片手剣を渡しました。

まぁこれも、私からシルビアへの愛のムチってことで。(意味不明)

 

イマキミ!

こちらの記事もどうぞ!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog