イマキミ!

今君が立っている場所は、昔私が立っていた場所だ

テーマパークの人気アトラクション、待ち時間が空いているのはいつ?

待ち時間が空いている時間とは?

f:id:ko-udon-sc50:20170428174833p:plain

休日には、テーマパークや遊園地といったレジャー施設にお出掛けされる方も多いと思います。

ただひとつここで問題なのが、「混雑」の問題です。

 

人気のテーマパークなどになれば、休日には多くの人が訪れます。

みんな考えることは同じなんですね。

 

そこで発生するのが「待ち時間」です。

 

こればっかりは避けて通ることは出来ません。

施設によっては、有料で待ち時間を省略できるチケットなどを販売していることもあります。

ですが休日などはそれも売り切れにもなるし、予算もそれぞれですから全員がそれを買えるわけではありません。

 

なので今回のテーマは、「人気アトラクションの空いている時間」です。

最近は待ち時間も増加傾向で、数時間待ちになることも珍しくはなくなってきました。

少しでも少ない待ち時間の時に遊んで、時間いっぱい休日を楽しんでほしいと思います。

 

 

結論から言います

 

少ない待ち時間はいつなのか?

 

それに対する答えがこちらです。

 

いつ行っても混んでるよ!

 

 

えっ!?

今こう思ったあなた。

あなたのリアクションは何一つ間違っていません。(笑)

まさにリアクションの正論です。

 

よく想像してみてください。

人気のテーマパークであれば、開園前から多くの人が開園待ちをしています。

そしてオープンと同時にダッシュ。

人気のアトラクションに我先にと並ぶ。

 

こんな光景、テレビとかで見たことないですか。

 

人気のアトラクションは、いつでも人気アトラクションなのです。

つまりいつでも混んでます。

これが真実です。

 

スポンサーリンク
 

その中でも空いている時間

 

ただこれで終わっては、この記事が何の役にも立たなくなってしまいます。

なので、「いつでも混んでいる」のですが、その中でも比較的空いている時間帯というのは存在します。

その比較的空いている時間帯をお教えします。

 

・朝一

まずいちばん空いているのは、朝一の時間です。

まだ並び始めたところなので、当たり前ですよね。

朝の時間に並ぶのが、待ち時間いちばん少ない方法になります。

待ち時間が長くなる人気のアトラクションを遊びたい場合は、朝の最初に行ってしまうのがおすすめです。

 

 

・ランチの時間

次がランチの時間、つまりはみんながお昼ご飯を食べている時間です。

大体12時~13時台くらいまでですね。

若干待ち時間が減ることはあります。

ただゴールデンウィークなど本当に混雑している時は、ほとんど待ち時間には影響しませんのであてにしないようにしましょう。

 

 

・パレードの時間

次がパレードや人気のショーの時間です。

昼過ぎとかにパレードなどは行われることが多いです。

その瞬間はパレードやショーに人が流れますので、若干待ち時間は短くなります。

注意点として、並ぶともちろんパレードなどは楽しめませんし、パレード後は逆に混雑することもありますので、タイミングを間違えないことが大事です。

 

 

・終了間際

最後がアトラクションの終了間際です。

テーマパークは、パークの営業時間から待ち時間を引き算して、アトラクションの案内をパークの営業時間より早く終了することが多いです。

その終了間際も、昼のピークなどに比べれば空いていることもあります。

ただ注意点として、当たり前ですが営業終了したら入れませんので気を付けてください。

混雑している日は、思っていたより早く案内を終了することもあります。

なのでこの時間を狙うのは私はおすすめしません。

待ち時間が減るといっても若干ですし、それなら確実に入れるタイミングで行った方がいいでしょう。

 

 

最後に・・・

 

以上が人気アトラクションの待ち時間の空いている時間についてでした。

 

長くなったのでまとめます。

・待ち時間は基本的に、開園してからずっと右肩上がりに上がっていきます。

・大体13時~15時くらいにピークの時間になり、そこから案内終了まではずっと横ばいです。

・ですがその中でも、比較的空いている時間帯が、上の4つの時間になります。

以上まとめでした!

 

いちばん空いているのは、間違いなく朝の時間です。

その次がパレードの時間になります。

ランチなんかは混雑しているとほとんど影響しません。

終了間際は入れないリスクがあるので、「絶対これに乗りたい!」という人にはおすすめ出来ません。

 

現場からは以上です!

良かったら参考にしてみてくださいね!

 

こちらの記事もよく読まれています!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog