エンタメの宇宙を旅しよう

カップラーメン食べながらゲームしてます。車とテーマパークが好き!

「ドラクエ5天空の花嫁」花嫁候補達との幼少期の出会いのシーン。

天空の花嫁との出会いのシーンまとめ

f:id:ko-udon-sc50:20170529193958j:plain

こんにちは。こうどんです。

今回はドラゴンクエストの話です。

 

ドラクエシリーズの中でも1,2を争う名作、「天空の花嫁」をスマホ版でプレイしています。

スマホ版良いですよ。

どこでも手軽に出来ますからね。

 

そしてこの天空の花嫁の魅力と言えば、何と言っても「結婚」でしょう。

リリースから現在までの間に、数々のプレイヤーたちを悩ませ続けてきた、「誰と結婚するんだ」問題です。

 

 

花嫁候補とは

 

ドラクエ5のシステムを知らない方へ説明です。

このドラゴンクエスト5天空の花嫁では、ストーリーの途中でプレイヤーの任意のキャラクターと結婚することが出来ます。

 

そしてそこから先のストーリーでは、選んだ花嫁と一緒に旅をすることになります。

(途中で石にされてしまいますが。笑)

戦闘能力も違う、会話も違う、他にも花嫁に選ばれなかったキャラの境遇が変わってきます。

 

誰を花嫁にするかということは、これは天空の花嫁をプレイする人の、永遠のテーマなのです。

 

花嫁候補は3人います。

ビアンカ、フローラ、デボラの3人です。

 

ストーリーで言えばビアンカと結婚するのが王道です。

ですがフローラを選びたい気持ちもある。

DS版からは第3の花嫁候補である、ツンデレ娘ことデボラも登場しました。

(スマホ版はDS版がベースになっています)

 

それではこの3人の花嫁候補達との出会いのシーンです。

 

スポンサーリンク
 

幼少期の出会い

 

花嫁候補3人とも、実は幼少期に出会っているのです。

ビアンカとフローラは名前付きで登場しますし、デボラは名前こそ出てきませんが、例のツンデレ(というかわがまま?)っぷりは幼少期から健在です。

 

幼少期に何気なく出会っているキャラクターと、途中で結婚するというのが、何と言いますかナイスな伏線ですね。

花嫁を変えて周回プレイをする楽しみが増えます。

 

フローラ・デボラ

父親のパパスと船でサンタローズに向かい、港に着いた時です。

この時にフローラとデボラに出会っています。

(ただし名前付きで登場するのはフローラのみ)

 

フローラは普通に、「金持ちの家のお嬢様」といった扱い方をされます。

f:id:ko-udon-sc50:20170529192001j:plain

デボラはその点扱い方が雑で、完全なわがまま娘ですね。(笑)

f:id:ko-udon-sc50:20170529192019j:plain

ただこの件に関しては、勝手にレディーの部屋に侵入している主人公が悪いです。

デボラ正論。(笑)

 

 

ビアンカ

 

そして船でフローラ、デボラと出会った後に、サンタローズの街でビアンカと出会います。

 

ビアンカは色々と話しかけてくれます。

主人公はちょっとシャイなので、恥ずかしがって全て「いいえ」で答えてみましょう。

f:id:ko-udon-sc50:20170529192145j:plain

いいえ

f:id:ko-udon-sc50:20170529192204j:plain

強制的に上に連れていかれます。

ビアンカと結婚した時には、こりゃ間違いなく尻に敷かれますね!

 

2階でもお喋り。

f:id:ko-udon-sc50:20170529192313j:plain

いいえ

f:id:ko-udon-sc50:20170529192320j:plain

あんたも小さいだろ。(笑)

ちなみにビアンカは、主人公の2つ年上の設定です。

まぁ女の子はおませさんですから。

男なんていくつになってもガキのままですよ。(バンビーナ!)

 

 

そして冒険へ

 

この後ビアンカとは、ベビーパンサー(後のキラーパンサー)をいじめっ子達から助ける為に、一緒にレヌール城へとお化け退治に行くことになります。

こうやって一緒に冒険をした記憶があるからこそ、ビアンカが王道と言われるのですね。

 

その後ビアンカとはお別れをし、パパスと二人で旅に出ます。

そしてあの例の悲しき事件が起こるのです。

 

「ぬわーーーーっっ!!」

f:id:ko-udon-sc50:20170529193109j:plain

さぁ、奴隷生活の始まりだ。(笑)

 

イマキミ!

関連記事はこちらから! 

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog