エンタメの宇宙を旅しよう

カップラーメン食べながらゲームしてます。車とテーマパークが好き!

【キングダム47巻あらすじ】列尾に仕掛けられた李牧の罠とは?【感想】

キングダム47感あらすじ・感想!

f:id:ko-udon-sc50:20170824145709j:plain

(キングダム47巻より)

 

こんにちは!こうどんです!

今回はキングダム47巻のあらすじと感想になります。

 

王セン、桓騎、楊端和の3軍による、趙との戦いがついに開戦しました!

趙の王都圏にある「ギョウ」を攻めるため、李牧の目を欺き、一気に王都圏へと攻め込む作戦です。

上手く攻め込むことが出来れば、趙の王都邯鄲の喉元である「ギョウ」を落とすことが出来る反面、作戦が目破られてしまうと趙の王都圏のど真ん中で全滅してしまう恐れのある作戦になります。

 

秦軍の戦いはまずは趙と秦の境目にある、趙の国門の「列尾」を攻めることから始まります。

楊端和率いる山の民と飛信隊の連合軍で列尾を落とすことに成功しましたが、そこには李牧の仕掛けた「列尾の罠」がありました!!

 

スポンサーリンク
 

キングダム47巻のあらすじ!

 

47巻は連合軍が列尾に向かところから始まります。

そこではもうすでに、迎え撃ってきた趙軍と桓騎軍の戦いが始まっていました。

趙軍の相手は桓騎軍に任せて、王センの本軍は足を止めることなく列尾に向かいます。

李牧に先回りされて守りを固められる前に、何としても列尾を落とす必要があったのです。

王セン、桓騎、楊端和の3軍からなる今回の連合軍は、同時に3つの大きな局面を相手に出来るという強みがありました。

 

ついに王センらは列尾に到着します。

そこには守りを固めた様子は無く、どうやら李牧よりは先に到着したようでありました。

王センはこの列尾の城を、「山の民と飛信隊だけで落とせ」と言います。

兵の数こそ少ないものの、趙の国門ということで城を守る兵の士気は非常に高いです。

 

「2日以内に落とす!」と意気込む河了貂に対して、楊端和は「半日だ」と言い周りを驚かします。

「城攻めは簡単だ。城壁を登って、裏に回って門を開け、部隊を突入させて中を制圧するだけだ」と言う楊端和に、信と河了貂は不安を隠せません。

 

山の民の前に楊端和が立ちます。

すると山の民たちは、地面が割れんばかりの大きな叫び声をあげます。

士気の高い列尾の兵たちも驚き怯むほどでした。

楊端和率いる山の民は、列尾の武器である士気の高さを真正面から潰しにいったのです。

 

山の民が突撃し、ついに戦いが始まりました。始めは列尾の兵たちの堅い守りに対して、山の民たちは中々攻めることが出来ません。

そんな中、楊端和は相手の攻めどころを見つけます。

そこにバジオウらの強い部隊を突入させて一気に門を開けるので、飛信隊にも弓で援護してほしいとのことでした。

 

そこで信と河了貂は、新兵選抜試験で特別に合格したばかりの「仁と淡」の弓矢兄弟を送ることにします。

山の民と共に配置につく仁と淡。

彼らはまだ実践で戦ったことがありませんでした。

そのことを信と河了貂も不安に思っていました。

 

山の民の弓矢での攻撃が始まります。

ですが仁と淡の兄弟は弓を撃つことが出来ません。

「顔の見える相手を撃つことが出来ない」と言います。

 

「分かった上で戦場に来たんじゃないか。」そう震える手で覚悟を決め、まずは兄の仁から弓を撃つことが出来るようになりました。

次々と相手を倒していく仁、弟の淡もようやく弓を撃つことが出来るようになりましたが、相手に当てることが出来ません。

それでも2人共、無我夢中で弓を撃ち続けます。

 

そうしている間に、バジオウらが城壁の上に登ることが成功しました。

そこからはあっという間でした。

城壁の上の敵を蹴散らし、階段を降りて一気に門まで開きました。

 

ここからは中に突入する飛信隊の出番です。

列尾の兵はしっかりと鍛えられており、気合を入れて戦わないと返り討ちにされる危険性がありました。

そして飛信隊の新兵たちは、初めての戦場で浮足立っていました。

その新兵らのピンチを歩兵長の崇原が救います。

 

そこに現れたのが、敵の騎馬隊の隊長の雷花です。

新兵らが雷花の迫力に圧倒される中、信はその雷花を一撃で倒してしまいます。

その手には、王騎将軍から受け継いだ矛がありました。

 

列尾は山の民と飛信隊の活躍により、半日で落ちたのでありました。

喜ぶ周囲とは反対に、総大将の王センは「列尾の罠」にいち早く気付いたようでありました。

その夜、飛信隊の新兵たちは何も出来なかった自分達の情けなさを嘆いています。

「口だけじゃなくて強くなれ」と、新兵らに崇原は話すのでありました。

 

列尾の夜はそれだけでは終わりませんでした。

総大将の王センが、「3日列尾に待機」との伝言だけ残して、列尾から姿を消してしまったのです。

信、王ホン、蒙恬、楊端和、桓騎が話をしています。

「この城は意図的に弱く作られている」と蒙恬が話します。

それこしが列尾に仕掛けられた、「奪い返しやすくするための李牧の罠」でした。

「このまま進むと全滅する。全軍撤退しかない」と話す蒙恬に、「全軍で攻め込んでギョウを奪えばいい」と話す桓騎。

全ては総大将の王センの判断にゆだねられたのでありました。

 

列尾に戻った王センは、「今から昌平君の策は消える。私の策を持って列尾を越える」と話ます。

列尾を越えて王都圏に入ってきた秦軍に李牧らは驚きます。

そして必ず連合軍を全滅させ、秦王の中華統一の夢を砕いて見せると李牧は意気込むのでありました。

 

「全滅するんですか?」と話す桓騎軍の摩論。

それに対して桓騎は「王センは負ける戦は絶対に始めない」と返すのでありました。

王センはまず山の民の5万を、北東にいる公孫龍軍の抑えに向かわせました。

そして本軍はギョウとは関係のない「吾多」という小都市に襲い掛かったのでありました。

 

吾多を落とした後、王センは住民を集めて城の外に逃がします。

周囲が王センの意図を理解できない中、王センは「次の城に向かうぞ」と言い、次の城に向かうのでありました。

 

キングダム47巻のあらすじは以上になります!

 

スポンサーリンク
 

キングダム47巻の感想!

 

ついに連合軍での大きな戦いが始まりましたね!

黒羊で一緒に戦った桓騎軍、強い武力を持つ山の民、そして色々と謎に包まれている王セン。

楽しみなポイントがたくさんあります!(笑)

色々な武将の色々なシーンが見れたらいいなぁと思っています。

 

そして注目なのが、「王センの策」ですよね。

今までの戦いぶりから、王センが強いということは間違いないと思われていますが、総大将で実際に策を立てて戦うシーンを見るのは初めてです。

ギョウを奪う」ということが今回の戦いの目的であります。

そして「負ける戦いは絶対に始めない」というのが王センであります。

と言うことは、戦を始めたということは王センの中には勝てる策があるということですね。

 

今後の戦いの展開が楽しみです!

 

イマキミ!

こちらの記事もどうぞ!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog