エンタメの宇宙を旅しよう

「イマキミ!」は「今君が立っている場所は昔私が立っていた場所だ」の略語

富士急ハイランド2018年7月中旬から入園料無料に!

f:id:ko-udon-sc50:20180511211337j:plain

先日こんなニュースが目に入りました。

そもそも遊園地って入園料ビジネスだと思うので、まぁ驚きました。

富士急はそこから一歩早く抜けて、課金ビジネスに変更するってことですかね。

そんな感じで、以下は私の雑感です!

 

スポンサーリンク
 

再入園じゃだめなの?

 

ていうか入園料を無料にしなくても、「再入園」のシステムがあればそれでいいんじゃないのかなと。

もしかしたら富士急ハイランドは再入園お断りなのかなーと調べてみると、公式サイトには「再入園可能」と書かれていました。

現状再入園は可能なのです。

それでも入園料を無料にする、ということなのですね。

 

 

入園者数の分母は間違いなく増える

 

当たり前ですが、入園料を無料にすることで入園者数は増えます。

短時間の滞在も入園料を気にすることなく可能になりますし。

公式なデータはあまり出てませんが、今で200万人台前半くらいの入園ですよね。

大きな手を打てば2桁万の入園者数は普通に増減する世界ですので、300万人越えは富士急側としても狙っているところでしょう。

 

有名な高性能コースターを多数有する富士急ハイランドです。

「無料なら行ってみよう」という層の取り込みを始めるということですね!

 

 

人を入れて後はどう課金させるか

 

要は「ハードではなくてソフトに課金させる」って方針に変えたってことだと、そう私は勝手に理解しています。

そしてそれは富士急のコンテンツであれば十分可能だと思います。

 

これからももっともっと中身を詰めてくるでしょうからね。

入園料を無料にしたことで、これで箱ではなくて中身で勝負するしかなくなりましたから。

むしろこれから本当に面白いものができるんじゃないでしょうか!

単純にひとりのゲストとして楽しみです!

 

 

他の遊園地はどうするよ

 

「入園料無料の遊園地」って実はちょこちょこあります。

しょっぱい遊園地ばかりですけど。(笑)

そもそも入園料が有料か無料かという話よりも、そこに行く価値があるかないかという話の方が100倍重要ですしね。

富士急が無料にしたことで、他の大きな遊園地にも動きはあるのかなー。

 

すぐに動くようなところは無さそうですね。

あり得るとしたら長島かなー。

周辺施設からの集客が十分見込めますから。

 

遊園地単体で運営しているような会社は難しいでしょう。

入園料は大きな収入の柱でしょうから。

大きなグループ企業で周辺も日本有数の観光地、という富士急ならではの感じはあります。

 

 

絵本の件と似た空気を感じた

 

キングコングの西野さんが絵本を無料で公開したってのがちょっと前にあったじゃないですか。

この富士急のニュースを見て、私はまずそれを思い出しましたね。

あぁーなんか似てんなー、って。

 

もちろん子供だけでは無いですし、むしろ富士急はメインターゲット大人なんですけど、一般的に遊園地って子供が楽しいところじゃないですか。(大人も子供のように楽しめる場所だっては分かってますよ、あくまで一般論です)

でもその子供の大半って、小遣いかお年玉くらいしか収入源ないですよね。

無料で開放する方が最終的に得をするんじゃないかと思います。

まぁ富士急の中の人がそこを考えてのこととは思いませんが。(笑)

 

極論ですが、遊園地みんな入園料無料にしたら面白いですよね。(テーマパークは別)

公園の発展型みたな感覚です。

日本の遊園地の常識を変えることができます。

そして中身のクオリティも上がると思います。

どのみち昔からある旧来の遊園地なんて、どこも座して死を待つような状態のところが多いんですから。

だったら思い切った手を打ってワンチャン狙うのも策だと思います。

 

スポンサーリンク
 

次の時代の遊園地へ

 

遊園地という枠組みの中にいるのは、もはやとてもレガシーなシステムのように感じます。

次の時代の遊園地を作りましょうよ。

遊園地こそ、新しい時代のエンタメのプラットフォームにしていけばいいと私は思います。

イメージとしてはエンタメ百貨店みたいな感じ。

 

開園時間は何時から何時で、待ち時間並んで乗り物乗って、土日なんかはキャラクターのショーがあったりして。

なんかこういうのが全部古臭い。

アイデアで工夫しているところもありますが、結局テンプレの中身をいじっただけで今までの遊園地の枠を出ることはない。

アイデアの価値は下がっていて、むしろ先にやったもん勝ちなんですよね。きっと。

 

24時間オープンにしましょうよ。

中で新しいこと実験しましょうよ。

オープンイノベーションの場所にしましょうよ。

人間(ゲスト)はいるんだから新しいテクノロジーの実験台にしていけばいいんですよ。

入園料は取ってないんだから文句もでませんからね。(そもそも実験だし)

その中でクオリティ高く仕上がったコンテンツは有料で楽しめるようにしていけばいいんです。

 

昼に行っても夜に行っても、常に新しい時代の最先端の体験ができる場を目指したい。

夜は夜で絶対楽しいです。

光とか音とかデジタルアートとか、他にも色んなゲームもできますね!(サバゲーとか人狼みたいなんとか)

まぁマンション等が近隣にあるところは若干苦情があるかもしれませんが。(笑)

 

多分そのレベルまで達すれば学校も中にできるはず。

「今の学校」の形とは全然違うものでしょうけども。

ここまでくれば、もうそこはひとつのコミュニティ(町)です。

通貨(のようなもの)も発行されることになるでしょう。

「遊園地からエンタメシティへ」ですね!

 

 

おわり!

 

遊園地やテーマパークは私の好きなジャンルのひとつなので、ついつい長くなってしまいました。(笑)

時代に合わせてというか、時代よりも先にどんどん形を変えていってほしいものです。

 

業界関係者の皆様、私で良ければ力をお貸ししますよ!

お仕事の話お待ちしています!(お問い合わせからどうぞ!笑)