イマキミ!

「イマキミ!」は「今君が立っている場所は昔私が立っていた場所だ」の略語

【ドラクエタクト】レベル上限の上げ方を解説!楽なやり方もある?

レベル上限を上げるには?

f:id:ko-udon-sc50:20200719135033j:plain

こんにちは!

今回はドラクエタクトの「モンスターのレベル上限を上げるには?」について解説します!

 

初期状態であればモンスターのレベルは30で上限が来てしまいます。

このままでは本編の冒険の攻略も敵が強くなれば手詰まりになっていまいます。

モンスターのレベル上限を上げて、レベルを上げて強化して戦っていく必要がありますね。

 

とはいえ、レベル上限の上げ方が私も最初は分かりませんでした。(笑)

ではさっそく解説していきます!

 

スポンサーリンク
 

ランクアップでレベル上限を上げる

 

モンスターのレベル上限を上げる方法は、「モンスターのランクアップをする」になります。

画面下部を「なかま→ランクアップ」の順にタップしてください。

するとモンスター一覧が出ますので、その中からレベル上限を上げたいモンスターのランクアップをしましょう。

そうすることで、レベルの上限も上げることができるようになります。

 

少し注意点もありまして、モンスターのランクによってレベル上限の上がり幅が違うということです。

例えばSランクのモンスターは、1ランクアップするとレベル上限が50になります。

ですがBランクのモンスターは、1ランクアップするとレベル上限が40になります。

こういった注意点があることは知っておいてください。

 

 

ランクアップ素材の楽な集め方!

 

次はこのモンスターのランクアップをなるべく楽にする方法についてです!

モンスターのランクアップには、素材が必要になります。

この素材を集めるのに時間がかかってしまうんですよね。

そこで楽に素材を集めるのに便利なのが「スキップチケット」です。

 

このスキップチケットは名前の通り、バトルをスキップ(自動で戦闘修了)

することができます。

ただスキップ可能なバトルは、3つのミッションを全てクリアしたバトルだけになりますので気を付けてください。

このスキップチケットを使うことで、ランクアップに必要な素材(宝石など)を楽に稼ぐことができます!

 

ランクアップに必要な素材は、主にランクアップクエストで獲得することができます。

ほかに一般クエストの報酬などでも出ますが、数が少なく効率は悪いです。

 

ちなみにラックアップさせたいモンスターの画面(上にある画面)で、足りていない「集める」という吹き出しが出ている宝石をタップすると、そのままステージ選択に行けるので便利です。

そこからランクアップの素材のクエストを選んでください。

最初の内なら「赤い宝石 中級」とかになりますね。

ステージを選んだら画面右下にスキップチケットを使うコマンドがあるので、それを選んでバトル回数を決めたらあとは自動でバトル終了になります!

自動で勝利になるので、育てたいモンスターのレベル上げにも使えます。

ただスタミナは通常通り消費しますので、残りスタミナの数に注意が必要です。

 

バトルの3つのミッションを達成していなくて、まだスキップチケットを使えないという場合ですが、これはもうどうしようもないです。

複数回に分けてもいいので、何とか全てのミッションを達成してください。(笑)

 

 

スキップチケットの入手方法

 

最後にスキップチケットの入手方法を書いておきます。

 

スキップチケットがデイリークエストの報酬や、実績の達成の報酬などでもらえます。

特に意識しなくても、気が付いたらそこそこ貯まっていることも多いかなと思います。

もしスキップチケットが少なくなってきたら、色々なバトルをこなして、実績などの達成報酬で増やしましょう!

 

あとはスキップチケットを使わなくても、オートで自動で戦うということもできます。

時間がある時は、チケットを節約してオートバトルで自動で進めるというようにするのもいいと私は思います!

 

スポンサーリンク
 

おわり!

 

「モンスターのレベル上限を上げる方法」と「ランクアップ素材の楽な集め方」

は以上になります!

 

レベル上限の上げ方自体はとても簡単です。

あとは素材があるかどうかです。

素材がなくてもスキップチケットで楽に素材集めができます。

 

メインのストーリーも途中までいくと、敵がどんどん強くなります。

モンスターのレベルを上げて能力を上げないと勝てなくなりますね。(笑)

ランクアップで攻略しましょう!

 

こちらの記事もどうぞ!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog