イマキミ!

「イマキミ!」は「今君が立っている場所は昔私が立っていた場所だ」の略語

【シリーズ初映画】コンフィデンスマンJPプリンセス編って楽しめる?【ネタバレ有】

コンフィデンスマンの映画初めて見てみた!

f:id:ko-udon-sc50:20200728222639j:plain

こんにちは!

今回は映画「コンフィデンスマンJPプリンセス編」の感想についてです!

少しだけネタバレもあるので注意してくださいね!

 

コンフィデンスマンJPの映画を初めて見てみました!

シリーズ初映画になります。

予備知識も全くありません。

もはや「何となく詐欺師の映画」という情報だけです!

 

「コンフィデンスマンJPプリンセス編」で初めてこのシリーズの映画を見てみたいという方もいるかもしれませんね!

果たして楽しめるかどうか!

私なりの感想を書いていきます!!

 

スポンサーリンク
 

まずは簡単なストーリーとネタバレを

 

まずは簡単にストーリーの説明とネタバレも書いていきます。

私のように予備知識が無い方向けに書いていきますね。

 

この映画は、まさに詐欺師の映画です。(笑)

主演の長澤まさみ(ダー子)も詐欺師です。

出てくる登場人物、多くが詐欺師です。

大金持ちの「ハウ家」の跡取りをテーマに、詐欺師たちがお金を目当てに戦うという話になります。

 

大金持ちハウ家の当主は亡くなった後、3人の兄弟ではない別の「ミシェル」という人間に財産を継がせるという遺言書を残します。

この「ミシェル」にダー子はこっくり(関水渚)と呼ばれる架空の女の子を立てて、ハウ家に侵入して財産を狙います。

 

周囲の疑いの目をかいくぐりながら、段々と予定を進めて行くダー子。

そんな中、こっくりは段々と跡取り(プリンセス)としての才能が開花していきます。

ライバルの詐欺師との戦いも、ダー子の計算は上手をいきます。

 

最終的に財産を奪うことは出来ませんでしたが、ハウ家のくせ者揃いの兄弟たちもハッピーエンド。

偽のミシェルだったこっくりは、なんとそのままハウ家の跡取りとなるのでした。

 

 

コンフィデンスマンの映画を初めて見た感想!

 

ではここから感想です!

 

まずシリーズ初めての映画でしたが、そういった心配は不要だったと思います。

事前情報が無いことが不便に思うこともなく、ストーリーもキャラクターも楽しくみることができました。

ただ前作などの知識があった方が、よりクスッと楽しく見れるんだろうなぁとは思いましたね!

この映画で興味を持ったなら、他の作品も見てみるのもいいかもしれませんね。

 

シリアスになるシーンも少なく、明るく楽しく見ることができる映画でした。

友達や恋人とも楽しく見れると思います。

登場人物たちの表情も豊かで、幅広い著名な方が出演されていた気がします。

長澤まさみさんはもちろん綺麗ですし、こっくり役の関水渚さんも可愛く、そしてビビアンスーさんが本当に大人の女性という感じで。(笑)

笑えるようなシーンも多く、いい意味で自分の予想を裏切られましたね。

さすが詐欺師です。(笑)

 

スポンサーリンク
 

おわり!

 

映画「コンフィデンスマンJPプリンセス編」の感想は以上になります!

 

ほんとうに誰でも見れる映画だと思います。

楽しさだけでなく、詐欺師としてしっかりと伏線も張られていたりしました。

コンフィデンスマンってこんな面白い映画だったんだなぁと思いました!

 

また次回作があるのかは分かりませんが、次があるならまた見てみようと思います!

 

こちらの記事もどうぞ!

www.kudn-sc50.blog