イマキミ!

「イマキミ!」は「今君が立っている場所は昔私が立っていた場所だ」の略語

【東京大阪】2階建て高速バス移動の感想!【アストラメガ】

2階建て高速バス乗車記!

今回はこちらの「グラン昼特急7号 東京→大阪」に乗車しました!

写真の通り、2階建ての高速バスになります。

車両はJR西日本のバスですね。(なにわナンバーです)

 

こちらに乗車した感想などを書いていきます!

東京大阪の高速バスを探している方や2階建てバスについて知りたいかたは、ぜひ参考にしてみてください!

 

 

グラン昼特急7号大阪行について

 

こちらは東京駅八重洲口10:10発です。

9番乗り場でした。

東京駅発の後は、バスタ新宿、そして高速道路上の向ヶ丘、江田、大和、綾瀬、厚木の順番に進んで行きます。

 

途中休憩は3回です。

足柄SA、道の駅もっくる新城、甲南PAです。

そして京都深草、大阪駅JR高速バスターミナルと降車のバス停があります。

 

プチ情報としては運転手さんが新城で交代されますね。

東京~新城がJR関東の運転手さん、新城~大阪がJR西日本の運転手さんです。

乗客は別に何も気にする必要ないです(笑)

さらにプチ情報としては、JRバスは東京大阪の夜行バスでも同じように途中で運転手が交代して運行してますね。

東京大阪は夜行だと運転手2人必要なのですが、途中で交代することで1人での運行が可能になります。

 

 

2階建て高速バスの車内

 

私の予約した席は2階の2Aの席です。

進行方向の左側ですね。

大阪行ですので、富士山が見えない方です(笑)

車内にはプライバシーカーテンがあります。

カーテンをすれば隣の人との仕切りも完璧です。

座席にはUSB電源、ドリンクホルダー、上部にはライトもあります。

電源はUSBのみで、コンセントの電源は無しでした。

バスは車両で仕様が変わりますので、USBとコンセント両方対応できると安心です。

 

 

前の座席との間隔はけっこう広めでした。

前の座席の下に足を入れれば、ギリギリ足を伸ばして乗ることもできます。

リクライニングを倒すと、座席の膝のあたりが連動して上がります。

今回は昼行でしたが夜行の時も寝やすそうなシートだと思いました。

 

あと車内の1階にトイレがあります。

2階建てバスなので、特に2階部分の天井は普通の高速バスよりも少し低いです。

背の高い方は網棚などで頭を打たないように気を付けてくださいね。

さすがに階段は急です。

 

2階客席からの景色はさすがに良いですね。

普通の高速バスの客席よりもまだ少し高いです。

ちょうど大型トラックの運転席くらいの高さでした。

高速道路では大型トラックの運転席の中がよく見えました(このトラック電子レンジ置いてるなーとか笑)

これくらい視点が高いと、高速道路の防壁の高さよりも視点が高くなったりします。

普段見れない景色が見れたりするのは良いですね。

 

 

昼間の休憩は買い物もできる

 

夜行バスと違い、SAなどでの休憩の際もお土産など買い物をすることができます。

深夜だとコンビニしか営業してなかったりしますからね。

お土産や少し食べ物など買っても楽しいです。

 

休憩時間は3回とも約20分でした。

足柄SAはもちろん、2回目の休憩の道の駅もっくる新城がかなり充実した道の駅だったのが印象的です。

お土産やお菓子や野菜やジビエなども販売していました。

私が乗車したのは日曜日だったので、車やバイクで来ている人で混雑していましたよ。

こちらは最後の休憩地、滋賀県の甲南PAです。

 

 

2階建てバスの良いと思ったところ

 

まず景色が良いという点です。

昼行バスは景色が見れますから、2階建ての高い視点は十分景色を楽しむことができます。

ナガシマスパーランドが見えます。

私は2列目でしたが、最前列は前面展望席ですね。

ぜひ一度乗ってみたいです。

 

そして2階建てバスは、2階の席に関しては「エンジン音が静か」です。

つまり車内がけっこう静かなんですよね。

2階ですのでバスのエンジンから遠いですし、床があるのでそれでエンジン音が遮音されています。

私は元々エンジン音が特に気になりませんが、夜行バスとかなら静かで寝やすくなると思いました。

また振動も少なかったのが、余計に静かに感じたと思います。

 

 

早めの予約で割引

 

私が乗車した「グラン昼特急7号」は、始発の東京駅八重洲口から終点の大阪駅までで「5,390円」でした。

けっこう安いですよね。

これより高い夜行バスも全然あります(笑)

ちなみに日曜日の乗車なので、平日だともう少し安かったりします。

 

新幹線だと東京~新大阪で14,000円くらいしますので、新幹線よりもかなり節約になります。

飛行機だとピンキリになってきますが、空港までの交通費が案外かかりますので、飛行機に比べても安い場合が多いと思います。

元々の運賃は7,000円なんですよ。

それを席数限定の早割(特割)とネット決済の割引で、5,390円になってます。

早割は座席数が限定なので、予定が決まった方は早めの予約をおすすめします。

ちなみに最前列とかは早割では予約できないので、通常運賃で乗車する必要があります。

早割の場合は2列目や3列目、あとは後ろの方の席も予約できましたね。

JRの高速バスは「高速バスネット」から予約できますので、高速バスネットやJR高速バスでググってみてください。

 

 

昼行バスは楽しい!

 

グラン昼特急7号、東京駅10:10発で定刻は18:33大阪駅着になります。

私が乗車した時は日曜日で高速道路が各所で渋滞しており、最終的に約45分遅れの19:15に大阪駅に着きました。

約9時間の乗車になりましたね。

 

さすがに少し腰が痛くなりました(笑)

ですが道中景色もたくさん見ることができましたし、乗車の時間を使ってやりたかった作業なども済ますことができました。

ほら、家だと作業ってやる気にならないじゃないですか。

カフェ行って作業(仕事)する、みたいなもんですよ。

家に籠ってではなく、移動しながらは考え事も色々なアイデアが浮かびやすかったりしますね。

 

座席位置によっては、天気が良ければ富士山も見えるはずです。

私の席は反対側なので見えませんでした(笑)

ですが海が見える側なので、それはそれで良きでした。

 

休憩中に最前列の誰も乗ってなかった席で写真撮りました。

2回目の休憩地のもっくる新城です。

やはり見晴らしが良いです。

 

東京大阪間は、新幹線や飛行機、そして夜行バスなどで移動できます。

1日かけての移動になりますので、移動日を確保する必要はあります。

ですが昼間にバスで移動するの良い選択肢だと私は思います!

昼行バス、2階建て高速バスでの移動は楽しいですよ!

 

東京大阪の移動に関してはこちらのどうぞ!

www.kudn-sc50.blog