イマキミ!

カップラーメン食べながらゲームしてます。車とテーマパークが好き!

知ってると便利!スマホの操作の種類をまとめました!

スマホの操作いちらん!

f:id:ko-udon-sc50:20170324145653j:plain

スマホゲームをする上で分かってた方がいいのが、スマホの操作の用語です。

 

そら「画面をタッチして!」くらいなら誰だって分かるでしょう。

でも「フリックして!」とかになったら、自信を持って操作の説明が出来る人は意外と少ないんじゃないかと思います。

 

別にゲームだけでなく、普通に日常の中でスマホを操作する中でもある程度理解しておいた方が、アプリなどの便利な機能を使ったりすることが出来ます。

スマホ無かったら生活できないですからね。

どうせ必要ならば、機能は最大限活用したほうが自分自身にもプラスになりますからね。

 

というわけで、スマホゲームに限らず、スマホの操作の種類をまとめて書いておきます!!

 

 

タップ!

 

まずはタップについてです!

タップとは、「画面に軽くタッチする」です。

タップして!と言われれば、画面にタッチすればいいんです。

そんな力入れてタッチしなくても反応するので軽くで大丈夫です。

強くタッチしすぎると画面に傷が入ることもありますからね。

 

タップにも種類がありまして、

ダブルタップ!

名前の通り、連続で2回タッチします。

画面が拡大したり縮小したりする機能でよく操作します。

 

ロングタップ!

長押しですね。

だいたい2秒くらいタップしてればロングタップになります。

機種の設定なんかで多少変更出来る場合もあります。

これもロングタップしている部分が拡大したり、詳細が出てきたりする操作でよく使います。

 

ちなみにタップの反応が悪い時は画面に指紋が多く付いて邪魔をしておることが多いです。

画面を傷つけないようにやわらかい布とかで拭くと反応が良くなることもあります。

他にも画面の保護シールが古くなると反応も悪くなりますので、反応が悪くなったなと思ったら貼り換えましょう。

 

フリック!

 

フリックは画面にタッチしてシュッとはじく操作です。

ネットとか見てて下や上にスクロールする時の操作が、ちょうどフリックになります。

 

上フリック

上の方向に画面をシュッとはじきます。

 

下フリック

下の方向に画面をシュッとはじきます。

 

右フリック

右の方向に画面をシュッとはじきます。

 

左フリック

左方向に画面をシュッとはじきます。

 

文字を打つときに、「い」を打つのに「あ」をタッチして左にシュッとすれば「い」になりますよね。

これが左フリックになります。

 

 

スワイプ!

 

フリックと似ているんですが、フリックがシュッと動かすのに対して、スワイプはスーッと滑らすように動かします

ロック解除とかする時に、南京錠のマークなんかを横にスーッと動かして解除するとかしたことないですか?

ロック解除や画面の切り替え、写真のスライドなどでよく操作します。

 

スポンサーリンク
 

ピンチ!

 

ピンチはチャンス!のピンチではなくてですね、

これは2本の指で画面をつまんで操作することを言います。

親指と人差し指か、人差し指と中指で操作する人が多いんじゃないですかね。

私は人差し指と中指派です。まぁ別に両方使いますけどね。(笑)

拡大したり縮小したりといった操作でよく使います。

 

ピンチイン

これはつまんで2本の指の間隔を狭める操作です。

画面縮小でよく使います。

 

ピンチアウト

ピンチインの逆で、2本の指の間隔を広くする操作です。

画面拡大でよく使いますね。

 

 

ドラッグ

 

これは画面のアイコンなんかをタッチしてスーッと動かす操作です。

パソコンでもドラッグは使いますね。

ホーム画面のアプリの移動とかで使います。

 

大体よく使うのはこれくらいじゃないでしょうか。

 あと他に使うとしたら、

 

シェイク

スマホを振る操作です。

小宮山の変化球ではありません。

LINEのふるふるの機能で有名ですね。

QRとかの方が楽ですし、ふるふる使ったことないですけど。(笑)

 

マルチタッチ

これは2本の指でタッチしてそのまま操作を行うことです。

最近サイトの中のGoogleマップとかを操作する時とかによく使うようになってきました。

 

 

最後に・・・

以上がスマホの操作の種類になります。

用語がカタカナで分かりにくいですが、操作自体はすでにやっているようなことですので簡単です。

個人的には小宮山のくだりが気に入ってるんですが分かる人少ないですよね。(笑)

色々な操作をマスターして、便利な機能を使いこなしましょう!