イマキミ!

今君が立っている場所は、昔私が立っていた場所だ

なぜ待ち時間は長めの表示なのか。USJを例にその答えを教えます。

「待ち時間盛ってない?」

f:id:ko-udon-sc50:20170402222713j:plain

テーマパークの中でもUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)の話です。

USJは日本でもトップクラスのテーマパークです。

東のディズニー西のユニバですね。

 

USJに遊びに行ったことのある人は分かると思うんですが、いつ行っても混んでます。

人、人、人。(笑)

アトラクションは当然待ち時間が長いです。

ですが、「あれ。2時間待ちだったけど1時間半で乗れたな。」なんて思ったことありませんか?

いわゆる待ち時間盛ってるってやつです。

 

ですがこれにはちゃんとした理由があるんです。

今回はこの待ち時間が長めに表示されている理由について説明していきます。

 

スポンサーリンク
 

長めになるアトラクション

 

まずこれは全てのアトラクションがそうだということでもありません。

長めに表示されやすいアトラクションというのがあります。

 

ジェットコースター系のアトラクションがこれに該当します。

ジェットコースターと、それに近い動きのあるスリルを味わうタイプのアトラクションが長めに表示されやすいです。

 

もちろん5分10分とかまで細かく見ていくと、すべてのアトラクションが長めに表示されてはいますけどね。

クレーム対策とかありますので、多少は長めに表示するが基本です。

これはどこのテーマパークや遊園地も同じことです。

 

 

長めの理由

 

さぁここからが本題です。

30分や場合によっては1時間、長めに表示されていることもあるのはなぜでしょうか。

 

答えは、「途中で停止している時間を待ち時間に入れている」からです。

 

つまりアトラクションの運行中に、何かが起こってアトラクションが中断してしまった時のことを、待ち時間を表示する段階で計算に入れているのですね。

例えばなにかトラブルが発生して30分中断してしまったとしても、待ち時間を30分長めに出しておけば待ち時間以上並ぶ事にはなりません。

これもクレームやゲストとのトラブル回避のためのことなのです。

 

もし止まった時、止まっている時間の長いアトラクションほど、待ち時間は長めに表示されます。

ジェットコースター系はコースの途中で止まった場合再開に時間がかかりますので、ほかのアトラクションより長めに表示する必要があるというわけです。

 

途中で止まる理由

 

ではどういったことでアトラクションは中断するのか、その理由を書いていきます。

 

・機械のエラー(故障)

アトラクションは機械ですので、もちろん故障もします。

センサーがたくさんついていますので、エラー(誤作動等)を起こすのはしばしばあることです。

機械のエラーに関しては、そこから全く動かなくなるということは稀です。

大体エラーが出てもリセットをかければすぐに再開します。

全く動かなくなるときは重度の故障ですので、その日だけでなく2,3日運行中止になることも多いですね。

大きい電化製品ですので、メンテナンスしてても故障する時は故障します。

こればっかりは仕方のないことです。

 

・乗車中の落とし物

ジェットコースター系は特に落とし物に弱いです。

レールにひかかっていたりすると、その後の運行に支障をきたすことがあります。

なので落とし物があるといちど運行を中止し、レールなどの点検を行う必要があります。

これは機械の故障ではありませんので、点検が終わって異常がなければ再開します。

乗車中の落とし物はどれも遠心力でどっか飛んで行ってしまっているので、レールにひかかっているということはほとんどありません。

みなさんはポケットの中身とかは鞄に入れて、棚に置いて乗車しましょうね。

他のお客さんに当たったりでもしたら大変ですから。

 

・乗車中の危険行為

最近だとスマホの撮影などが多いですね。

撮影してもいいという施設ならもちろんいいですが、大体のところは乗車中の撮影はダメです。

ダメな理由は上の落とし物と同じ。

発見した場合は基本的に乗り物をストップさせます。

そうするとコースの途中で止まることになりますので、またそこから乗り物を動かすのに安全確認をしたりと時間がかかることになります。

 

理由としては基本的にこの3つです。

ほかにも車庫の乗り物と入れ替えをするや、異音が聞こえてひたすら試運転するなどもありますが、まぁそれは機械の故障に入るでしょうしね。

機械の故障でなければ、点検や安全確認が終わればすぐに再開しますので、しばらく待っていましょう!

 

目安(USJ編)

せっかくなので、USJのアトラクションの実際の待ち時間の目安を書いておきます。

 

・ハリーポッターアンドザフォービドゥンジャーニー

これがいちばん長めに表示されていて、実際の待ち時間は半分~30分くらい早くなります。

乗ったことがある方は分かると思いますが、かなり複雑なシステムのライドです。

途中で故障して全員止まったとこから降ろさなくてはいけないなんてことになったら、ものすごく時間がかかるでしょうね。

 

・ハリウッドドリームザライド

・ザフライングダイナソー

・スペースファンタシーザライド

次に長めなのが、ジェットコースター系のこの3つですね。

だいたい30分前後くらいは早く乗れますね。

 

・その他のアトラクション

その他のアトラクションは割と待ち時間通りに乗れます。

早く乗れて15分から20分くらいですね。

 

ただ何もトラブルが無くても、回転率次第ではそんな早くならないこともありますので注意してください。

こればっかりは運次第です!

あくまで目安に。(笑)

 

 

最後に・・・

 

以上が待ち時間が長めに表示されている理由になります。

これはUSJに限らず他のテーマパークや遊園地でも同じことです。

トラブルやクレームの回避のために仕方のないことですね。

まぁ待ち時間より早く乗れて悪いことは何もありませんから。(笑)

 

長い待ち時間でせっかくの時間を消費するのはもったいないですね。

うまく予定を立てて、思いっきり遊びましょう!

 

関連記事はこちらからどうぞ!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog