イマキミ!

今君が立っている場所は、昔私が立っていた場所だ

【あらすじ】キングダム45巻!黒羊戦勝利~飛信隊新兵入隊試験!

キングダム45巻!

 

こんちには!

今回はキングダム45巻のあらすじと感想になります!

趙との黒羊の戦いが、この45巻で終戦しました。

桓騎のすごさと、飛信隊との方向性の違いがはっきりと見えた戦いでした。

 

スポンサーリンク
 

45巻のあらすじ

 

黒羊の中心の丘で趙の武将たちが揉めています。

離眼の城に向かった桓騎を追いかけるかどうかです。

追いかけないと桓騎たちの手によって、離眼の城では惨劇が起こることになるでしょう。

ただ追いかけるということは黒羊の丘を秦に渡すということ、つまり黒羊の戦いでの負けを意味します。

 

慶舎が信に討たれた後、実質的な総大将は離眼城城主の紀彗でした。

苦渋の決断ではありましたが、紀彗には離眼を見殺しにすることは出来ませんでした。

大半の趙軍は丘を降りて離眼へと向かいます。

 

その様子を樹海の中から見る飛信隊。

「趙軍が丘を降りるから、その後丘を取れ」という指示に半信半疑でしたが、実際に丘から撤退していく趙軍を見て驚きを隠せません。

その後飛信隊や桓騎軍ゼノウ一家の活躍により、黒羊中央の丘も秦が占領したのでありました。

つまり黒羊の戦いおける秦の勝利になります。

 

その後中央の丘で勝利の宴が行なわれています。

河了貂は桓騎軍の那貴たちに手伝ってもらって、戦いの分析を進めていました。

桓騎の戦略により戦いの損失が予想の半分以下だったということ、李牧や昌平君ですら真似のできないような戦いだったということが分かりました。

そこで桓騎は謎の多い人物ではあるが、桓騎の根っこになるのは「全てに対する怒り」だということが那貴の口から語られました。

 

その後飛信隊は、丘の砦化や周辺の警備を務めます。

そして信は、今回の戦いの結果は結果で受け止めるとしながらも、「自分は自分のやり方で天下の大将軍を目指す!」という強い気持ちを新たにしたのでした。

そして桓騎軍から部隊の交換で来ていた那貴は、正式に桓騎軍を脱退し、飛信隊に加入しました。

そしてその様子を樹海の陰から見ていたのが李牧です。

李牧は慶舎の損失は痛いと言いながらも、「隠れた名将紀彗と、桓騎の弱点の発見」は収穫だと言って黒羊から去って行きました。

 

そして黒羊での信の持ち場に蒙恬がやってきます。

本営からの指示で、砦の引継ぎに来たと言います。

最初は拒否をしていた信ですが、蒙恬から「次の戦はかなり大きな戦になる」という話を聞き、飛信隊のさらなるパワーアップの為に一度故郷に帰ることに決めました。

 

そして場所は変わって秦の王都咸陽です。

ここになぜかいきなり、李牧と斉の王が訪れたのです。

本当に来たかったのは斉の王で、斉から秦へ向かう間に趙があるため、その趙を無事に通す交換条件として李牧は同行したのでありました。

 

まずは政と斉王の会談からです。

斉王は政の中華統一への思いを聞きに来たのでした。

政の強い中華への思いを聞いた斉王は、これから先の秦の戦いを斉は静観すると言うのである。

非公式ながらもこれは事実上の斉の降伏であり、政は斉王とこの会談の発起人である祭沢に感謝するのであった。

 

斉王との会談のあとは、李牧との会談です。

李牧は政の考えを良いとしながらも、武力による中華統一には反対する。

それに対して政は、武力以外の中華統一は無いと断言。

両者はお互いの主張を引くことなく会談は終了する。

その後李牧はこれから秦と趙で大きな戦争の時代になるだろうと感じていた。

 

場面は変わってとある村。

ここでは飛信隊の新兵の選抜試験が行われていた!

 

というところまでが45巻のあらすじです!

黒羊の戦いは桓騎の圧倒的な勝利に終わりました。

「大人の戦い」というものを、まさに見せつけられた感じですね。

そして斉王や李牧との会談があり、これから新たな戦争の時代が予見されました。

そして飛信隊の新兵選抜試験へと物語は進んでいきます!

 

 

45巻の感想

 

まず私が一番気になったのは、「桓騎の根っこ」ですね。

きっとこれからの話の中で明らかになるとは思います。

他にも秦の武将になった経緯と言いますか、秦の武将と言うよりは蒙ゴウの副将になった経緯ですね。

これだけ戦の強い武将ですから、ここにも何かストーリーがあるのでしょう。

 

飛信隊は桓騎達から「大人の戦い」を見せつけられました。

結果は結果と受け止めていましたね。

今回の戦いの中で、より一層の結束が強くなったようです。

 

軍として交わりきれないところはあるとは思いますが、何か学んでほしいと個人的には思います。

信が愚直なのはいいことだと思いますが、特に軍師の河了貂なんかは桓騎から学ぶことは大いにあるはずです。

信はしょうがないとしても、軍師河了貂だけは「知力」に関しては蒙恬や王ホンらと同等の扱いをしてもいいんじゃないかということです。(笑)

どうも軍師としてランクが下の様な感じじゃないですか。

もっと活躍しても良いと思います。

 

イマキミ!

こちらの記事もどうぞ!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog