イマキミ!

カップラーメン食べながらゲームしてます。車とテーマパークが好き!

【あらすじ】キングダム44巻!黒羊の戦いでの桓騎の戦術とは?

キングダム44巻のあらすじ!

 

こんにちは!キングダム好きのこうどんです。

今回はキングダム44巻のあらすじと感想です!

 

ますます激しくなる黒羊の戦いは、これからどう展開していくのでしょうか。

慶舎と信の戦いは?

桓騎の策に注目です!

 

スポンサーリンク
 

44巻のあらすじ!

 

慶舎軍の奇襲により窮地に立たされる飛信隊。

その中でも今がチャンスだとして、信は慶舎を討とうとします。

キョウカイや那貴らの協力もあり、一騎打ちの末、信は敵総大将慶舎を討つことに成功したのでありました。

 

総大将慶舎が討たれたことによって、一気に撤退のピンチに立たされた趙軍。

しかし慶舎が討たれたことを隠して、このまま戦を続けることになりました。

勢いで中央の丘に攻め込んで一気に丘を取ろうとする趙軍。

その時桓騎は、丘で戦っている桓騎軍に中央の丘から撤退の指示を出したのでありました。

 

翌朝信らは桓騎軍によって、黒羊の中の集落が焼き討ちされたことを知ります。

怒った信やキョウカイらが桓騎の本陣に乗り込みます。

殴り合いになりながらも、尾平のおかけで何とか収まります。

 

その後桓騎からの使者が来ます。

黒羊の戦いは今日で終わるということでした。

中央の丘も取られており、にわかには信じられない信たち。

 

その頃趙軍大将代行の紀彗のもとには、焼き討ちした黒羊の集落の人間で作られた、無残なアーチが桓騎から送られていました。

そして桓騎からの手紙には、「これ以上の惨劇をお前の離眼城で起こしてやる」との文字が。

そして伝令からは桓騎軍が離眼城に向けて移動しているという報告が!

さぁ紀彗の選択は!?

 

というところで44巻は終わりになります!

 

 

44巻の感想!

 

まず信が慶舎を討ちました。

これはかなり大きい武功ですね。

慶舎といえば合従軍でも活躍した武将です。

あのヒョウ公の攻撃にも一歩も引いていませんでした。

信にとってみれば、このまま将軍に昇格してもおかしくないくらいの武功になります。

ただその後起こした内乱がまずいですね。

味方同士でここまで揉めては、何かしらのペナルティーがあってもおかしくはないでしょう。

 

信からすれば、たしかに桓騎の戦い方は正々堂々ではありません。

一般人にも手を出す非道な戦い方です。

この時代の実際のことは分かりませんが、ですが敵に勝つためにはこういうこともありの時代なのではないかなぁと私は思います。

 

もちろん信がこの先桓騎のような戦い方をする必要はないと思いますが、戦いの前にも桓騎が言っていた「大人の戦い」を知ることは、これからの信にとって役に立つことだと思います。

「正々堂々」と「ただのバカ」は違うと思いますからね。(笑)

これから先6国を滅ぼしていこうとしている秦国です。

このような場面は、きっとまたやってくるでしょうからね。

 

イマキミ!

こちらの記事もどうぞ!

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog

www.kudn-sc50.blog